ストーリーな女たち ブラックVol.8 子供たちが泣いている!ネタバレ感想【大人の犠牲になる子供達】

ストーリーな女たち ブラックVol.8
子供たちが泣いている!

 

 

こんにちは!
「ストーリーな女たち ブラックVol.8 子供たちが泣いている!」
を読みました。

 

そのうちの
坂口ナオミさん作の『叫び~届かぬ思い~』
です。

 

これは2004年岸和田中学生虐待事件を
もとに描かれています。

 

つまり、実話をもとに描かれているから怖い…。
ここで登場する子供は
父親の内縁の妻(再婚とはちょっと違うけど)
実際は夫婦のように生活していました。

 

そして、
そんな生活環境の犠牲になる子供を描いています。

 

父親の内縁の妻は、
良い母でした。

 

お弁当は毎日作ってくれるし、
その子のことを思ってしつけをしてくれる。

 

しかし、その男の子にとっては、
そんな母親のしつけがうざかったんです。

 

そして、
反抗を繰り返しているうちに、
義母の愛情が憎しみとなって…。

 

『ストーリーな女たち ブラックVol.8
子供たちが泣いている!』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
『ストーリーな女たち ブラック』と検索してください。
※登録無料

 

ストーリーな女たち ブラックVol.8 子供たちが泣いている!

13歳の時優也は
父親の内縁の妻夕香と一緒に暮らすことになります。

 

そして、
内縁の妻の連れ子、春樹とも一緒に…。

 

優也は今まで、父親と一緒に暮らしておらず、
祖母の家で暮らしていました。

 

『今更なんで…』

 

優也にとっては迷惑な話だったのです。

 

「今日から夕香ママって呼んでな」

 

内縁の妻はそう話す。

 

しかし、優也は暗い顔をしています。

 

「なんで俺だけここにこなあかんの?」

 

優也には弟がいました、
弟はまだ小学6年生。

 

中学生になった優也だけが、
父親のもとで暮らすことになったのです。

 

なんで、
祖母の家で暮らしているのを
わざわざ父親のもとで暮らすことになったのかと
いうと…。

 

それは、夕香が望んだからです。

 

「私が頑張って
いっぱい笑顔にしたるからな」

 

 

優也の寝顔を見ながらそう言うのでした。

 

大人の犠牲になる子供達

 

「大人って勝手だな」

 

そんな風に言っていた優也。

 

だんだんその生活に馴染んてきて、
何もなく過ごしていました。

 

しかし、弟の涼介が中学生になって
父親と一緒に暮らすようになると、
事態は悪化していきます。

 

「涼くんただいまは?」

 

「靴は揃えて」

 

「野菜は食べんと…」

 

夕香はしつけのつもりで、
涼介に接します。

 

しかし、涼介にとって夕香のしつけはウザイ。
徐々にストレスがたまっていくのでした。

 

春樹、涼介、優也3人の部屋。

 

そこで、限界がきたのか、
涼介は暴れだすのです。

 

「ママ~僕もうあの部屋で寝るの嫌や‐!!」

 

泣きながら春樹が母親の夕香にそう話す。

 

なぜなら、

 

「は?生理現象ですが何か?」

 

涼介は
あり得ない行動にでていたのでした。

 

それを見た夕香は…。

 

その日から夕香の態度は
ダンダン変化していくのでした。

 

それは…。

ストーリーな女たち ブラックVol.8 子供たちが泣いている!の感想

 

父親が内縁の妻と一緒に暮らすようになって、
優也も中学生になると一緒に暮らすようになります。

 

それは、夕香の希望で…。

 

内縁の妻夕香には、優也と同い年の春樹がいました。

 

始めは4人で暮らして何とかうまくいっていたのですが、
弟の涼介が中学に上がって5人で暮らすようになると、
事態は悪化していきます。

 

しつけとして夕香に何かを言われ続けて、
ストレスが溜る涼介。

 

そして、自分の部屋で異常な行動を起こします。

 

それを見た夕香は、
愛情から憎しみへ…。

 

態度もだんだん変わっていくのでした。

 

大人の事情に振り回される子供達。

 

そして、その気持ちに気が付かない大人。

 

そんな子供の叫びを知りました。

 

「ストーリーな女たち ブラックVol.8 子供たちが泣いている!」
はまんが王国で読むことができます。

 

無料お試し読みもあるので
良かったら読んでください。

まんが王国はコチラです。
『ストーリーな女たち ブラック』で検索してください。