社内探偵14巻のネタバレと感想・結末【人事部の新犯人?久我さんが見た事実】

社内探偵
作者:かたおかみさお・egumi
14巻未完結

 

こんにちは!
『社内探偵』14巻を読みました。

 

 

この14巻では今まで久我さんが突き止めようと
していた人事部の確信犯がわかります。

 

 

まさかあの人が…。

 

 

といった感じでした。

 

そして、
14巻では美和は少しづつ
良い方向に変わっていっています。

 

 

始めは仕事をサボる正職員。

 

 

といったイメージでしたが、
今は仕事も出来て、
繕う自分ではなく。

 

 

正直に素直な気持ちで人に向き合うように
なっている気がします。

 

「社内探偵」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
「社内探偵」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

社内探偵14巻のネタバレ

久我さんは松原さんを呼んでいました。

 

 

その理由は、
あれからの山下さんを知るため。

 

 

「避けるようになって…」

 

 

しかし、松原さんは、
あれから気まずくなって
避けるようになった。

 

と、山下さんからの進展はない。

と話すのでした。

 

人事部の新犯人?久我さんが見た事実

そんな中、美和は営業三課の
会議に出席していました。

 

 

 

「給料泥棒ばかり…」

 

 

一之瀬課長は部下のどうでも良い
報告書ばかりで、給料泥棒ばかりだ。

 

 

そう言います。

 

 

一之瀬課長が美和の報告書を
チェックしていると…。

 

 

『内諾?』

 

 

美和は横山部長へ内諾を得て、
更に取引先の岩淵さんからも
仕事の承諾を得た。

 

 

そう言うのでした。

社内探偵14巻の結末

一之瀬課長は営業結果がすべて。

 

と言います。

 

 

美和がこなしたテレアポ1000件。

 

 

その中の
興味がある25件の会社に連絡を取るよう。

 

 

今までの努力が報われたのだろうか…。

 

 

美和は新規顧客の獲得の
チームリーダーになるのでした。

 

 

美和が仕事で上手くいっている中、
久我さんも山下さんとコンタクトをとっていた。

 

 

そして、山下さんに聞いたことは…。

 

社内探偵14巻の感想

この14巻美和の心境の変化に
驚きます。

 

 

そして、この14巻での一番の見どころは
人事部の確信犯。

 

 

今まで久我さんが探していた人でしたが、
あまりにも身近な人で驚いてしまいました。

 

 

 

味方だと思っていた人が
実は敵だったりするもんですね。

 

 

『社内探偵』はBookLive!で220円
読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『社内探偵』と検索してください。