映えてるママ友、死ね! ~SNSマウンティング~のネタバレと感想・結末【ママ友が終わる時?子供の進路キッカケに…】

映えてるママ友、死ね!
~SNSマウンティング~
作者:山田芽衣
1巻完結

 

こんにちは!
「映えてるママ友、死ね! ~SNSマウンティング~」を読みました。

 

 

この話は子供の進路がキッカケで、
ママ友との関係が終わってしまった人の話です。

 

 

学生時代と違ってママ友は、
子供を通して知り合う女性です。

 

 

幼稚園、小学校など、
顔を合わす機会が多い時期も
あれば…。

 

 

中学生以降子供同士の付き合いになって、
または、行事も小学生のように行く必要がなくなって
ママ友とも会わなくなる。

 

 

とうこともよくありそうな話です。

 

 

この話は、結局ママ友は子供通じての
関係なんだな…。

 

と思った話でした。

 

 

本当にママ同士の繋がりが強ければ
子供がどうあれ、付き合っていられると思います。

 

 

しかし、ママ友の子供が私立中学校へ行く。

 

相談したことが、
自慢に思われて関係が悪化していきます。

 

 

ママ友の関係って難しいですね…。

 

 

「映えてるママ友、死ね! ~SNSマウンティング~」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
「映えてるママ友」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

映えてるママ友、死ね! ~SNSマウンティング~のネタバレ

小学6年生で男の子を持つママ4人。

 

 

和気あいあいといつもの
ファミレスでおしゃべりをして
楽しい時間を過ごしていました。

 

 

その中の江沢さんは、
ママ友に子供の進路について
相談します。

 

 

「私立に進学!?」

 

 

それは、江沢さんの子供が、
私立の中学へ進学することになった。

 

 

そういった話だったのです。

 

ママ友が終わる時?子供の進路キッカケに…

その話に驚いた寺田さんと新城さん。

 

 

江沢さんは、皆と同じ公立中学が
良かったのに。

 

 

しかし、
義父が港区の公立中学校卒業生で
そこに入れろ!と従うしかなかった。

 

 

そう話します。

 

 

「………。」

 

 

その話を菱さんは黙って聞いていました。

 

 

「大変そう…」

 

そして、いつもよく話す菱さんが、
江沢さんの話を聞いた後、なんとなく、
トゲのある話し方をするのでした。

 

 

その話方に、江沢さんは
違和感を感じてしまう。

 

映えてるママ友、死ね! ~SNSマウンティング~の結末

『気に障ることしたかな…』

 

 

江沢さんはママ友会が終わった後、
菱さんに何かしたかな?

 

そう思ってしまいます。

 

 

 

江沢さんとしては、
息子の私立受験のこと進学のこと
誰かに話したかった。

 

 

愚痴りたかった。

 

 

ただ、それだけでした。

 

 

しかし、菱さんはそうは捉えなかったのです。

 

 

その日のLineでは、
寺田さんと新城さんはすぐに返信してくれるものの…。

 

 

菱さんからは返信がなかったのです。

 

 

江沢さんはただ機嫌が悪いのかな?

 

そう思っていたのです。

 

 

しかし、次のママ友会で…。

映えてるママ友、死ね! ~SNSマウンティング~の感想

この漫画のタイトルが過激だったので、
読むのにドキドキしました。

 

 

 

しかし、ママ友の関係によくありそうな話で
少しホッとした所もあります。

 

 

この漫画を読むと
ママ友って何なんだろう…。

 

 

 

と思ってしまいます。

 

仲が深まって長い間付き合う人も
いるようですが、結局、子供通しての繋がりだから
だんだん離れていってしまうのかもしれない。

 

 

そんな風に思った話でした。

 

 

『映えてるママ友、死ね! ~SNSマウンティング~』
はBookLive!で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『映えてるママ友』と検索してください。