戦略結婚 ~華麗なるクズな人々~4話のネタバレと感想・結末【星野彩華、過激なシーンを渋谷の大スクリーンで?】

戦略結婚
~華麗なるクズな人々~
作者名 :とらふぐ・黒沢明世
4話未完結

 

こんにちは!
『戦略結婚 ~華麗なるクズな人々~』4話を読みました。

 

 

3話では、MEIは同事務所の彩華にハメられ
一時は芸能界で終わりを告げようとしていました。

 

しかし、田口社長により救われ、
夫でもある桜木翔によって、仕返しを
試みます。

 

 

そして、この4話、星野彩華にまさに、
百万偏の地獄を見ることになるのです。

 

 

そのやり方を計画したのは、
あの桜木翔。

 

 

彼は彩華に怒っていました。

 

 

そのやり方は過激で、
もう二度と芸能界に入れない?

 

むしろ、社会的死すら感じさせるような
仕返しでした。

 

 

桜木翔恐るべし…です。

 

 

渋谷の大スクリーンに映された
星野彩華!その映像に皆は釘づけです。

 

 

『戦略結婚 ~華麗なるクズな人々~』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『戦略結婚』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

戦略結婚 ~華麗なるクズな人々~4話のネタバレ

MEIや星野彩華のいる芸能事務所『グレイトキング』

 

グレイトキングは、
芸能事務所の中でも老舗事務所であり、
政財界に影響を与える程強い力を持っていました。

 

 

そのトップにいるのが、天堂玄十郎。

 

 

天堂玄十郎は、表の顔と、
裏社会のボスという裏の顔を持っていました。

 

 

その日、彩華と竜二が
いつものクラブのVIPルームで
会っていました。

 

「教えてくれ」

 

 

竜二はMEIをハメ、
約束を果たしたことから、
天堂玄十郎のことを教えて欲しい。

そう言います。

星野彩華、過激なシーンを渋谷の大スクリーンで?

約束とは天堂玄十郎の弱みを
教えることでした。

 

 

弱みとは、
裏では人身売買をしている。

 

 

 

芸能界の人身売買リスト、
Nリストというものがあること。

 

 

そう竜二に伝えるのでした。

 

 

竜二は始めボス(天堂玄十郎)が
そんなヤバいことまでするはずがない。

 

 

そう言います。

 

 

しかし、彩華はそれを裏付ける、
具体的な事も竜二に話すのでした。

 

戦略結婚 ~華麗なるクズな人々~4話の結末

その時、MEIは、薬の騒動によって、
いろんなスポンサーから
違約金を請求されていました。

 

 

その金額は総額5億。

 

 

そのことを田口社長に相談すると、
MEIは今はじっと耐える時期。

そう言われるのでした。

 

 

そのころ、桜木翔にも動きが…。

 

 

それは、翔の仕事のパートナーでもあり
副社長でもある白鳥からMEIと離婚したほうがいい。

 

そう言われます。

 

 

その理由は、
翔自身も薬をしている疑惑が
浮上しているからだった。

 

それに対して翔は…。

 

戦略結婚 ~華麗なるクズな人々~4話の感想

この4話では、MEIはスポンサーから違約金などを
請求され大変なことになっていました。

 

 

マスコミもあり、
身動きが取れないMEIの代わりに動いたのが
桜木翔。

 

 

翔は、MEIと離婚を迫られ、
そのキッカケを作った星野彩華に近づきます。

 

 

そして、彼に二面性だろうか、
その仕返しの仕方はかなり、
過激であり、ここまでして大丈夫なのか!?

という感じでした。

 

 

この桜木翔…一体どんな人なのか
4話を読んでも未だにわからない。

 

やっぱり、次回が気になって仕方がないです。

 

 

『戦略結婚 ~華麗なるクズな人々~』は
BookLive!で165円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

BookLive!はコチラです。
『戦略結婚』と検索してください。