花嫁未満エスケープ7話のネタバレと感想・結末【結婚したい彼女としたくない彼氏!マンネリ同棲カップルの末路?】

花嫁未満エスケープ
作者:小川まるに
8話未完結

 

こんにちは!
NINOシリーズの『花嫁未満エスケープ』7話です。

 

 

この7話では、ゆうと尚紀が本音で言い合う
所が描かれています。

 

 

というより、
言い争うに近いかもしれません。

 

 

この7話もゆうに、
共感せずにはいられませんでした。

 

 

 

 

それは、
ゆうと尚紀は6年付き合い、
4年同棲したマンネリカップ。

 

 

ゆうからしたら、
27歳だし結婚したい所。

 

 

しかし、
尚紀は結婚のことなど
考えていない。

 

 

更に、ゆうは本当の気持ちを尚紀に伝えたいけど、
その関係を崩したくないのか、今まで我慢して
きました。

 

 

この7話では、
深見くんの存在によって、
ゆうは尚紀に自分の本心を伝えます。

 

 

長くいればいるほど、
その関係が日常になって別れづらくなるものです。

 

 

しかし、
この7話ではゆうは勇気を出して、
尚紀との関係を終わらせようとしている。

 

 

『花嫁未満エスケープ』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『花嫁未満エスケープ』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

花嫁未満エスケープ7話のネタバレ

ゆうと深見がどういった関係なのか?

 

尚紀はそう聞いてきます。

 

 

ゆうとしては、

 

 

なぜ尚紀は深見くんのことを
知っているのか?

 

と固まってしまうのでした。

 

 

何も言わないゆうに、尚紀は…。

 

 

やっぱり言えないような関係なんだね。

 

そう言います。

 

 

そして、体を怒りで振るわせるのでした。

 

結婚したい彼女としたくない彼氏!マンネリ同棲カップルの末路?

そんな、尚紀にゆうは言います。

 

 

「関心なかったくせに…」

 

 

今まで自分(ゆう)に関心がなかったくせに。

 

 

お母さん的な扱いをされていたのに、
急に女として扱われても
どうしていいかわからない。

 

 

そして、尚紀の中で
私はもう彼女ではなかったよね。

 

 

そう言います。

 

 

ゆうは続ける。

 

 

 

周りの友達は結婚していくのに、
尚紀は結婚のことを考えるどころか…。

 

 

 

私の誕生日すら忘れていたよね。

 

 

 

そして、毎日毎日、仕事をして
尚紀の身の回りの事をして寝るだけ。

 

 

この終わりのない繰り返しが
耐えられなかった。

 

 

そう言うのでした。

 

花嫁未満エスケープ7話の結末

「頼んでない」

 

 

尚紀はゆうの話を聞くと、
自分の身の回りのことをしろなんて、
ゆうに頼んでいない。

 

 

そう怒ってカバンを投げつける。

 

 

 

そのカバンはテーブルにぶつかります。

 

 

テーブルに置いてあったマグカップが
倒れ、入っていたお茶がポタポタと
こぼれてしまうのでした。

 

 

更に、尚紀は自分の本心を言う。

 

 

その話は、
あまりにもゆうの考え方と
かけ離れていました。

 

 

ショックを受けたゆうは…。

 

花嫁未満エスケープ7話の感想

この7話では、ゆうと尚紀が
本音で話し合います。

 

 

結婚したい彼女と結婚したくない彼氏。

 

 

こういった結婚の温度差って
よくある話な気な気がします。

 

 

やっぱり、
結婚のタイミングが合わないって、
別れる前ブレなんでしょうかね…。

 

 

ゆうのように我慢していても、
限界がありますしね…。

 

 

「花嫁未満エスケープ」はBookLive!で165円
読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『花嫁未満エスケープ』と検索してください。

 

 

 

花嫁未満エスケープ8話のネタバレと感想・結末【深見、ゆうへの想い?ずっと忘れられない人だった!?】

2021.01.22