花嫁未満エスケープ4話のネタバレと感想・結末【彼女はお母さん的存在?はき違えた尚紀に物申す!?】

花嫁未満エスケープ
作者:小川まるに
7話未完結

 

こんにちは!
NINOシリーズの『花嫁未満エスケープ』4話です。

 

 

この4話では、
尚紀の心の内が描かれていました。

 

 

ゆうが家を出て行ってしまって、
尚紀はどう思っていたのだろうか?

 

 

いなくなったのに、
素っ気ないメールだけですませる。

 

 

でも、
本心はとても気にしていたのかも
しれなません…。

 

 

ゆうが出て行ったの気にしていたから。

 

 

しかし、
この4話まで読むと、
尚紀は間違ってる。と思いました。

 

 

それは、
ゆうは尚紀のお母さん的存在では
ないということ。

 

 

尚紀のお世話をすることが、
ゆうの幸せの訳がない。

 

 

これをはき違えると、
別れの原因にもなるかな!?

 

 

と思ってしまいました。

 

 

彼女がお母さん的存在になるっていう彼氏
意外と多そうで怖い所です。

 

 

そうなったら、女としては寂しいですよ…。

 

『花嫁未満エスケープ』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『花嫁未満エスケープ』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

花嫁未満エスケープ4話のネタバレ

「お邪魔します…」

 

 

ゆうは、自宅を後にして、
深見くんの自宅にお邪魔していました。

 

 

それは、避難所として…。

 

 

ゆうは、初めて入る深見くんの部屋に
緊張とドキドキしてしまいます。

 

 

深見くんがいないとわかっていても。

 

 

 

「俺がついている」

 

 

深見くんが電話でいった言葉を
思い出すゆう。

 

 

そして、部屋には深見くんはいないけど、
一人じゃない気がしました。

 

彼女はお母さん的存在?はき違えた尚紀に物申す!?

尚紀といる時は、
一緒にいるはずなのに、
いつも孤独を感じていました。

 

 

『お言葉に甘えて…』

 

 

そして、ゆうは深見くんの家で
お邪魔していることをメールで
伝えます。

 

 

それにしても、
男の一人暮らしだというのに、
その綺麗さに驚いたゆう。

 

 

本棚を見ると、卒アルを見つけます。

 

 

そして、あの時の自分と深見くんを
思い出し、まさか、再びこんな出会いを
するとは…。

 

 

と思えてならないゆうなのでした。

 

花嫁未満エスケープ4話の結末

「打ち上げいくよな!」

 

 

尚紀はその日、仕事終わりに、
会社の人に誘われて打ち上げに来ていました。

 

 

そして、同僚達は尚紀の
異様なテンションの高さに
違和感を感じます。

 

 

同僚達は思う、
最近、尚紀が手作り弁当を
持ってきていないことを…。

 

 

『彼女となんかあったのか?』

 

 

そう思って聞いてみると…。

 

 

尚紀はゆうの事を話しだします。

 

 

ゆうは俺の面倒を見るのが好き!

 

 

そんな発言をすると、
周りが…。

 

花嫁未満エスケープ4話の感想

この4話では、尚紀はゆうをお母さん的存在と
はき違えています。

 

 

その感覚を周りの人たちが、
ヤバいんじゃないか~。と
捉えてしまう。

 

 

会社の人に言われても、
ゆうを一番知っているのは
自分だからと、素直に受け入れない。

 

 

 

彼女をお母さん的存在に
してしまう男性って意外といそうです。

 

 

彼女はそれに対して不満というか、
寂しく思って別れちゃう。

 

 

なんてことも、
普通にありそうな話です。

 

 

しかし、彼氏はその原因を
わかんなかったりするんですよね~。

 

 

「花嫁未満エスケープ」はBookLive!で165円
読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

 

BookLive!はコチラです。
『花嫁未満エスケープ』と検索してください。

 

 

 

花嫁未満エスケープ5話のネタバレと感想・結末【愛情、情なのかわからない?尚紀を想う気持ちはどれ?】

2021.01.21