胡蝶伝説 ~居場所をなくした蝶々たち~のネタバレと感想・結末【地雷娘と躁うつ病?孤独と戦う女の子】

胡蝶伝説
~居場所をなくした蝶々たち~
作者名 :池田ユキオ
2話未完結

 

こんにちは!
「胡蝶伝説 ~居場所をなくした蝶々たち~」を
読みました。

 

 

この話は躁うつ病を抱える地雷娘の話になっています。

 

 

彼女は接客の時はとにかく明るい。

 

 

うるさいくらいテンションが高い。

 

 

しかし、お店を出て、自宅に帰ると…。

 

 

汚い部屋の中、
毛布にくるまり、
病的な顔をしていた。

 

 

まるで、その性格の差は『光』と『闇』のように…。

 

 

そんな女の子が一人のママのおかげで
変わっていきます。

 

 

それは、ママがその女の子の『闇』の部分も
受け入れたからです。

 

 

他の胡蝶伝説シリーズも読ませてもらっていますが、
今回も外れなく面白い話です!!

 

 

『胡蝶伝説 ~居場所をなくした蝶々たち~』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『胡蝶伝説 』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

胡蝶伝説 ~居場所をなくした蝶々たち~のネタバレ

新型ウイルスのせいで、新しい店のオープンを断念していた。

 

 

そして、勤めている女の子を思い出すと、
悔しくてたまらない。

 

 

 

しかし、今の自分には何も出来ない。

 

 

悔してたまらないママなのでした。

 

 

そして、
オープンするお店のママになるはずの”かなえ”は、
2年前を思い出す。

 

 

それは、
自分が雇われママだったころと一人の女の子。

 

 

その子は地雷娘だった。

 

地雷娘と躁うつ病?孤独と戦う女の子

その女の子は憧といって、
ススキノからヘッドハンティングされた
女の子。

 

 

 

かなえママの面接もないまま、
入店された憧。

 

 

「みなさーーーーーん」

 

 

憧はテンションが高い女の子だった。

 

 

初めてお店に来た時は、
北海道のススキノからカニを持って来店。

 

 

明るいを通り越してうるさいぐらい。

 

 

新宿の落ち着いたお店は一気に騒がしくなります。

 

 

お客の中では静かに飲みたかったのに…。

 

 

 

というお客もいて、
その日は帰ってしまう程なのでした。

 

胡蝶伝説 ~居場所をなくした蝶々たち~の結末

「お客も連れてきたよーー」

 

 

憧はススキノからお客も連れてきた。

 

 

お店は潤うが、
お店の雰囲気は一変してしまう。

 

 

しかも、
憧とお店の女の子の相性が合わない。

 

 

この店NO1の望は、
憧がこのままいるなら、
自分はお店を辞める。

 

 

とまで言うのでした。

 

 

そんな、望にだったら私が(憧)
NO1になれね。

 

 

そう言うのでした。

 

 

憧が来たことで、
お店の雰囲気は荒れる。

 

 

そして、皆に迷惑がかかっていた。

 

 

かなえママもついに頭にきて、
憧に本気で注意します。

 

 

しかし、
大きな声で狂ったように
笑うだけなのでした。

 

 

かなえママは思う。

 

 

この子はタガがはずれている。

 

 

しかし、憧の自宅を訪れると…。

 

胡蝶伝説 ~居場所をなくした蝶々たち~の感想

憧のギャップにかなり引かれました。

 

表ではうるさいくらい明るい。

 

 

しかし、その反面ものすごく暗い自分もいる。

 

 

本当は人に好かれたいのに、
上手くいかなくて、いつも一人。

 

 

ずっと孤独と戦ってきた憧が描かれていました。

 

 

しかし、その憧を救ったのがかなえママだったのです。

 

 

憧の苦悩もあって面白い話になっていました。

 

 

「胡蝶伝説 ~居場所をなくした蝶々たち~」は
BookLive!で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『胡蝶伝説』と検索してください。