社内探偵10巻のネタバレと感想・結末【若林課長がクビ!?美和と久我さんが手を組む?】

社内探偵
作者:かたおかみさお・egumi
10巻未完結

 

こんにちは!
『社内探偵』10巻を読みました。

 

 

この10巻では色々な進展がありました。

 

 

 

それは、
若林課長が会社を辞めること。

 

 

そして、美和と久我さんが手を組むのです。

 

 

美和と久我さんがまさか、
手を組むことになるとは…。

 

 

しかし、美和は最初の印象と違って
打たれ強く、我慢強い。

 

 

なんだか応援したくなってきました。

 

 

 

そして、
なぜ若林課長はクビになったのか?

 

 

それは、
社内でパワハラを
告発した人がいたからです。

 

 

そして、若林課長がそれを認めました。

 

 

例えそれが事実じゃなかったとしても…。

 

 

パワハラをしていない若林課長をなぜクビに
することに納得のいかない人物が2人。

 

 

久我さんと美和がこの巻で
手を組むことになるのです。

 

 

そして、真実を明らかにするのか?

 

 

「社内探偵」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
「社内探偵」と検索してください。
※登録無料

 

社内探偵10巻のネタバレ

若林課長と人事部の久我さんは、
誰もいない公園のような所で話していました。

 

 

その内容は若林課長の退職。

 

 

久我さんは、若林課長に
なぜ会社を退職したのか?

 

 

そう聞きます。

 

 

若林課長は退職という言葉に驚いてしまう。

 

 

 

なぜなら、本当はクビだったからだ。

 

 

若林課長は自分から退職届をだせば、
解雇しない。

 

 

そう言われて、退職届をだした。

 

 

そう話すのでした。

 

若林課長がクビ!?美和と久我さんが手を組む?

久我さんはその事実に驚き、
なぜクビになったのかを聞きます。

 

 

すると、
若林課長がパワハラをした。
そう告発した人がいる。

と話すのでした。

 

 

久我さんは確かに美和のように一部の女性に
エコヒイキしたりするが、パワハラレベルではない。

 

 

しかし、退職を受け入れたことは、
パワハラを認めたことになる。

 

 

若林課長にパワハラをしたのか?それを認めたのか?

 

 

聞いてみると、
パワハラをした自覚はない。

 

 

そう話すのでした。

 

 

久我さんは更に驚く、
自覚がない人を辞めさせる。

 

 

それは、間違っていることだと…。

 

 

しかも、大奥で頑張っている美和は
これからどうなるのか?

 

 

と若林課長に問うのでした。

 

社内探偵10巻の結末

若林課長は久我さんに言い返します。

 

 

ここまで追い込んだのは結局は
久我さんがキッカケで。

 

 

 

何がしたいのかわからない。

 

 

結局は、自分の正義だけが
大事なのだろう…と…。

 

 

その言葉に久我さんは、
自分は間違っていることを
しているのだろうか?

 

 

と悩むことになるのです。

 

 

 

そして…。

 

社内探偵10巻の感想

この10巻では若林課長は大きな決断をしていました。

 

 

そのことで、久我さんと美和は手を組みます。

 

 

若林課長を告発した人は誰なのか?

 

 

 

その人物が気になる所。

 

 

味方と見せかけて、
実は敵だった。

 

 

という意外な人物なのだろうか?

 

 

 

続きが気になる所です。

 

 

『社内探偵』はまんが王国で200円
読むことが出来ます。

 

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでくださいね。

 

 

まんが王国はコチラです。
『社内探偵』と検索してください。

 

 

 

社内探偵11巻のネタバレと感想・結末【船堀さんの意外な経歴!?一之瀬課長を引きずり下す同盟?】

2020.12.29