エッジ~彼氏の女友達~16巻のネタバレと感想・結末【奈落の底に落ちた勇樹?選んだものは聖華じゃなかった】

#Edge(エッジ)~彼氏の女友達~
作者名 :青咲るそう
16巻未完結

 

 

こんにちは!
青咲るそう先生の
『#Edge(エッジ)~彼氏の女友達~』16巻です。

 

 

この16巻では、
すべてを失い、奈落の底に落ちた勇樹が
描かれています。

 

 

ここまで、勇樹が堕ちる姿を見ると、
可愛そうかな?

 

とも思います。

 

 

『私だけの勇くんにする』

 

 

聖華は地獄に落ちて一人になった
勇樹を手に入れる。

 

 

そう、言っていました。

 

 

この16巻がまさに、その地獄。

 

 

世間には勇樹の味方はいなく、
居場所もない。

 

 

まさに、一人ぼっちです。

 

 

しかし、勇樹は聖華の手を
取るのではなく別の道を選ぶのです。

 

 

「#Edge(エッジ)~彼氏の女友達~」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
「#エッジ」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

#Edge(エッジ)~彼氏の女友達~16巻のネタバレ

あのブライダルフェアの一件が終わり、
真波の中で区切りがついた。

 

 

主催者側である、
真波がブライダルフェアで
トラブルを起こす。

 

 

そのことで、社内の人から、

 

 

 

「よくこの会社に勤められるね」

 

 

と、陰口を叩くものもいました。

 

 

その存在に気が付いていた真波。

 

 

「平気?」

 

 

 

真波と一緒に働いている同僚は、
真波の状態を気にかけるのでした。

 

 

奈落の底に落ちた勇樹?選んだものは聖華じゃなかった

そんな、優しい同僚もいたが、
真波は精神的にいっぱい、いっぱいだった。

 

 

陰口もそうだが、
街を歩いていると、
すれ違う人が勇樹に見える時がある。

 

 

あの時の恐怖からビクビクしてしまう自分がいた。

 

 

『負けたくない…』

 

 

そう思って、道端にしゃがみこみます。

 

 

「大丈夫ですか?」

 

すると、真波に声をかけてくる
人がいたのです。

 

 

その子は小学生くらいの男の子。

 

#Edge(エッジ)~彼氏の女友達~16巻の結末

男の子はそこが自分の家だから
休んでいったらどうか?

 

 

 

と自分の家を指さします。

 

 

そこは、『なごみ』という食堂でした。

 

 

真波は、そこで少し休むことにします。

 

 

男の子は真波が食堂に入ると、
救急車を呼んで!とスグ母親に言います。

 

 

 

真波はそんな、
男の子を大丈夫だから!と
止めるのでした。

 

 

真波はそこで、定食を頂くと、
ホッと安心する。

 

 

その男の子のおかげで、
落ち着きを取り戻すのでした。

 

 

一方勇樹は、
あのブライダルフェアの一件で、
すべてを失っていた。

 

 

 

それは、家族も、会社も、信頼もすべて…。

 

 

その顔は真波への憎しみで歪んでいた。

 

 

街を歩いていると、
聖華が勇樹を見つけ近づいていきます。

 

 

すると勇樹は…。

 

#Edge(エッジ)~彼氏の女友達~16巻の感想

今で読んできて、
勇樹の歪んだ性格の原因は、
元々勇樹の家族のせいだとわかりました。

 

 

そして、真波への執着の
せいで奈落の底に落ちます。

 

 

この16巻ではすべてを失った勇樹は
まるで廃人のように…。

 

 

この後、勇樹は本当に大事な物が
なんだったのか?

 

 

気づけたらいいな。

 

 

と勇樹の幸せも願いたくなるような、
話でした。

 

 

「#Edge(エッジ)~彼氏の女友達~」は
BookLive!で150円で読むことができます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

BookLive!はコチラです。
『エッジ』と検索してください。