鬼獄の夜16巻のネタバレと感想・結末【黄瀬が鬼化!?欲しいものは美空だけ?】

鬼獄の夜
作者:加藤キャシー
21巻未完結

 

こんにちは!
『鬼獄の夜』16巻を読みました。

 

 

この巻きは
期待していた人は待っていた!

 

と思うんじゃないかと思います。

 

 

この16巻は、
美空の男友達でもある黄瀬くんが鬼化し、
美空を襲うシーンだからです。

 

 

そして鬼の目的は、
女を犯し殺す。でしたよね…。

 

 

鬼化した黄瀬くんは今までの鬼とは違う。

 

 

日が昇る時はもとの黄瀬に戻り、
夜になると鬼になる。

 

 

まだ鬼としては不完全であり、
美空を守ろうとする中、鬼へ洗脳され、
正気を失う。

 

 

 

つまり、
好きな女、美空だけが欲しい。
となったのです。

 

 

美空の体だけを欲する黄瀬くん。

 

 

それは、美空が拒否したとしても、
その想いはもう、届かない!?

 

 

更に、柴がその手伝いをしたとしたら?

 

 

 

『鬼獄の夜』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
『鬼獄の夜』と検索してください。
※登録無料

 

鬼獄の夜16巻のネタバレ

美空は柴に連れていかれた…。

 

 

灰原は狐女参番に案内され、
ある社に来ていました。

 

 

「ここしかありません…」

 

 

参番は柴が美空を連れてくるなら、
この社しかない。

 

 

そう言うのでした。

 

 

灰原は問う。

 

 

参番さんを信じて良いものか!?

 

 

参番さん自身、
柴を裏切れるのか?

 

 

でも、今は参番さんを信じさせて欲しいとも…。

 

黄瀬が鬼化!?欲しいものは美空だけ?

灰原の胸の内を聞いた参番は、
スタンガンを使って灰原を
気絶させる。

 

 

その頃、柴のいる社では、
美空が捕らわれていた。

 

 

そして、鬼になりかけた黄瀬も…。

 

 

黄瀬は美空の前に行くと、
ジッと美空を見つめる。

 

 

 

その目は何も感情を持たないかのような、
冷酷な目だだった…。

 

 

美空は思う。

 

 

黄瀬に襲われたあの時と同じ。と…。

 

鬼獄の夜16巻の結末

『ガツ』

 

 

黄瀬は美空にキスをします。

 

 

美空は正気に戻るよう
大声で黄瀬の名前を呼ぶ。

 

 

すると、黄瀬は反応します。

 

 

 

まだ、鬼になり切れていない黄瀬は、
少し意識を取り戻します。

 

 

しかし、柴はそんな黄瀬に口づけをし、
立派な鬼になって欲しいと願う。

 

 

正気を完全に失ってしまった黄瀬は、
美空に…。

 

鬼獄の夜16巻の感想

この16巻は別の意味でエグイです。

 

 

鬼化した黄瀬くんが美空を襲うシーン。

 

 

これは、美空自身も自分がこの廃村に
黄瀬を誘ってしまった罪悪感から、
その行為を受け入れてしまっている所が
あります。

 

この16巻は黄瀬中心ですが、
その後の灰原もカッコいいです。

 

 

『鬼獄の夜』はまんが王国で読むことが出来ます。

 

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでください。

 

 

まんが王国はコチラです。
『鬼獄の夜』と検索してください。

 

 

 

鬼獄の夜21巻のネタバレと感想・結末【理性を解き放つ薬!?贄獄神社で狂った恭平が…】

2020.11.05