ブラックガールズトーク14話のネタバレと感想・結末【ホンレンソウが出来ない上司!?ミスは部下のせい?】

ブラックガールズトーク
作者:マキノマキ
15話未完結

 

こんにちは!
「ブラックガールズトーク」14話を読みました。

 

 

この話は、

 

『本当にこんな人いる~。』

 

と読みながら共感させられます。

 

 

 

今回14話では、
ホウレンソウが出来ない上司の話です。

 

 

ホンレンソウというより、
仕事を伝え忘れることが多い。

 

 

そして、仕事を伝え忘れ、
部下は知らないうちに期限が迫っている。

 

 

ギリギリになってその仕事が発覚して、
急いで納期まで終わらせる。

 

そんな感じです。

 

 

しかも、この上司は仕事内容を伝え忘れているのに、
自分の中では部下に伝えている気になっている。

 

と、いうことです。

 

 

これはかなり厄介です。

 

 

伝えていないのに、伝えた気でいるのですから…。

 

 

しかも、そんなことがしょっちゅうあったら…。

 

 

こういった上司は要注意人物になること
間違いありません…。

 

 

「ブラックガールズトーク」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
「ブラックガール」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

ブラックガールズトーク14話のネタバレ

これは、新卒で入社した佳央梨の話である。

 

 

佳央梨は初めて入社した職場は日用品の会社で
女性が多い職場でした。

 

 

課長の榊原さんは、
ハキハキして頼りになる上司。

 

 

佳央梨が入社2ヶ月目になると、
仕事にも慣れて順調な毎日を送っていたのです。

 

 

教育係の八代さんも良い人だったし…。

 

 

しかし…。

 

 

「退社することにしたの」

 

なんと、八代さんが来月いっぱいで
退社することになったのです。

 

 

その時八代さんはこう言っていました。

 

 

「これから大変だと思うけど
無理はしないでね」

 

 

その意味をわからずにいた佳央梨なのでした。

 

ホンレンソウが出来ない上司!?ミスは部下のせい?

「見積書できた?」

 

 

営業の人が佳央梨に急ぎでお願いした
見積書は出来た?

 

 

と催促しにきたのです。

 

 

佳央梨はそんな指示を受けていない。

 

 

すると、営業の人が榊原課長に頼んだはずだよ。

 

 

そう言うのでした。

 

 

『聞いていないよ~』

 

 

と思いながら急いで見積書を作成します。

 

 

そして、後で榊原課長に確認すると…。

 

 

「忘れてた!」

 

 

謝りもせず、忘れていた!

 

 

その一言で終わります。

 

 

そんな榊原課長にモヤモヤした気持ちになる
佳央梨なのでした。

 

ブラックガールズトーク14話の結末

榊原課長の伝え忘れは良くあったのです。

 

 

それは忙しくなるにつれて、
ミスも増えるという…。

 

 

更に、テンパってくると
些細な事まで、
怒りの対象に…。

 

 

その時はホチキスの止め方で
怒られてしまう佳央梨なのでした。

 

 

入社して5ヶ月目、更に、
八代さんが言っていた言葉を
身をもってしることになるのです。

 

 

それは…。

 

ブラックガールズトーク14話の感想

人から頼まれた仕事を伝え忘れる上司 榊原課長。

 

 

自分のミスなのに、認めず、
部下のせいにします。

 

 

そして、
遅れた仕事をスグ終わらせるように、
部下に怒鳴りこむ。

 

 

こんな上司のもとで働いていたら
病むよな~。

 

 

といった感じの話でした。

 

 

しかし、意外とこういった上司いるのかもしれません…。

 

 

「ブラックガールズトーク」は
BookLive!で100円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『ブラックガールズトーク』と検索してください。

 

 

 

ブラックガールズトーク15話のネタバレと感想・結末【今それを言う?人前で汚点を暴露する女!?】

2020.09.22