SNSに夢みる女たち(リモートワーク~カメラの先には)のネタバレと感想・結末【背景で自宅をお披露目?リモート会議の最大のデメリットとは!?】

SNSに夢みる女たち
#リモートワーク~カメラの先には~
作者名 :廻
1巻完結

 

 

こんにちは!

NINOシリーズ、廻先生が描く
『SNSに夢みる女たち#リモートワーク~カメラの先には~』を読みました。

 

 

この作品は、最近の世の中を描いている。

 

 

とても共感がいく話になっていました。

 

 

その内容は、リモート会議で、
同僚のヤバい自宅をお披露目されちゃった話です。

 

 

真面目なあの人が…意外…。

 

 

えっ~!?これはヤバい!!
と見ている人が思うような…。

 

 

自宅の背景から、感じた話。

 

 

たった1ヵ所だけだけど、
その人の生活感ってわかりますよね…。

 

 

そこが、リモートワークの最大のデメリットかな?

 

 

と思っています。

 

 

同僚や上司に、
私生活を知られたくない場合もありますからね…。

 

 

背景だけではなくそんな、
リモートワークの悩みや問題点を描いた作品でした。

 

 

パソコンのカメラは、
嘘偽りなく自宅を映します。

 

 

相手に私生活がわかっちゃうのが怖い所です…。

 

 

『SNSに夢みる女たち』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『SNSに夢みる女たち』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

SNSに夢みる女たち(リモートワーク~カメラの先には)のネタバレ

羽衣はリモートワークが、
週4出来る会社に入社しました。

 

 

そして、半年が経ちました。

 

 

今日は久しぶりの出社。

 

 

「おはようございます」

 

 

同僚が羽衣に挨拶をしてきます。

 

 

羽衣はあまり出社してこないし、
会わないからレアキャラみたい…。

 

 

そんな冗談を言う。

 

 

そんな、
同僚に羽衣もリモートワーク週4が
出来る会社に勤められたから…。

 

 

最低限の出社と、あとはおうち時間を楽しむ!

 

 

と明るくガッツポーズをするのでした。

 

 

 

それを見て同僚がどれだけ、
家が好きなの~と、笑っていたのですが…。

 

背景で自宅をお披露目?リモート会議の最大のデメリットとは!?

「無断で持って行ったでしょ!」

 

 

そこに現れたのが、
入社5年目の木地谷さん。

 

 

木地谷さんは、久しぶりに出社してきた
羽衣に、会社の備品を勝手に持ち出したでしょ!!

 

 

そう注意してきたのです。

 

 

 

羽衣は自宅で仕事するために、
USBのハブを持ち出していました。

 

 

会社の物を勝手に持ち出していいわけがない!

 

 

木地谷さんは、羽衣に注意する。

 

 

しかし、羽衣も勝手に持ち出した訳じゃない。

 

 

 

ちゃんと課長の了承も得ていたのでした。

 

 

それを話そうとすると…。

 

 

「口答えする気!」

 

 

ものスゴイ怖い顔をして、
羽衣を睨み付ける木地谷さんなのでした。

 

SNSに夢みる女たち(リモートワーク~カメラの先には)の結末

「すみませんでした!」

 

羽衣はこれ以上木地谷さんを
怒らすまいと、深く頭を下げて謝ります。

 

 

すると…。

 

 

「わかればいいのよ…」

 

 

 

そう言って、木地谷さんは去っていったのです。

 

 

木地谷さんがいなくなった後、
同僚が申請書を出してくれれば、
持ち出し可能なんだよ。

 

 

と教えてくれます。

 

 

「最近備品が少ない…」

 

しかし、同僚は言います。

 

 

備品は十分な程あるはずなのに、
借りたい時にない時がある…。

 

 

申請書を説明しない、
課長の適当もすぎる…。

 

 

そう言って備品棚を見るのでした。

 

 

そして、別の日、羽衣は
自宅でリモート会議に出席することに
なっていました。

 

 

しかし、羽衣はリモート会議ギリギリまで、
会議のことを忘れていたのです。

 

 

開始時間のアラームが鳴る。

 

 

驚いて、入室した姿は、
ボサボサの頭に、思いっきり部屋着だったのです。

 

そんな姿を見た木地谷さんが…。

 

SNSに夢みる女たち(リモートワーク~カメラの先には)の感想

この漫画では、
そんな真面目な木地谷さんにも、
実はこのリモート会議で驚くべきことがあったんです。

 

 

パソコンのカメラで写す背景。

 

 

これは、カメラの周りだけ、
綺麗にしても、角度調整でまた
別の背景がチラチラ見えたりしますよね…。

 

 

パソコンカメラ以外にも、
付属のカメラを付けている人は、
木地谷さんのようなことが、あるかもしれない…。

 

 

う~ん…。怖いですね…。

 

 

『SNSに夢みる女たち』はBookLive!で
150円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『SNSに夢みる女たち』と検索してください。

 

 

 

SNSに夢みる女たち(夢みる豚は真珠を求む)のネタバレと感想・結末【SNSの彼氏自慢にイラつく女!?写真を載せたくない彼氏】

2020.09.18