足掻く3巻のネタバレと感想・結末【リョースケにアレがバレる?みわのもう一つのバイト】

足掻く
作者名 :菊池直恵
6巻未完結

 

こんにちは!
『足掻く』3巻を読みました。

 

 

どんどん引き込まれてもうすでに、
6巻まで読んでしまった私です。

 

 

そして、今回は3巻。

 

 

みわが本当に恐れていること…
それはきっと…。

 

 

リョースケにおじさんとの関係がバレることです。

 

 

真面目、しっかりもの。

 

 

そんなイメージのみわは、
リョースケにとって最高の彼女。

 

 

しかし、その裏ではやってはいけない
バイトもしている。

 

 

そんな裏のみわを知ったリョースケは…。

 

 

『足掻く』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『足掻く』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

足掻く3巻のネタバレ

その日もみわはコンビニでバイトを
していました。

 

 

そして、
あがる時間になったから、
あがっていいよ。

 

 

と店長に言われます。

 

 

みわは配送されたお弁当を
陳列し終わったら上がります。

 

 

そう言うと、
店長からは一生懸命だね。
真面目だね!

 

 

そう言われるのでした。

 

 

「いらっしゃいませ~」

 

 

その時、お客が店に入ってきます。

 

 

みわがパッと見ると、
リョースケなのでした。

リョースケにアレがバレる?みわのもう一つのバイト

「待ちきれなくて…」

 

 

 

リョウースケはそう言います。

 

 

みわの家で待っているはずだった。

 

 

しかし、
リョースケは待ちきれなくて
みわのバイト先まで来たのでした。

 

 

もちろん、
そんなリョースケに
みわは嬉しかった。

 

 

その日も店長からお弁当をもらい、
帰宅します。

 

「ハッピバースデー!!」

 

 

その日はリョースケの誕生日。

 

 

みわとリョースケは小さなワンホールの
ケーキを囲んでロウソクの火を消す。

 

 

「はい。これ!」

 

 

そして、みわはリョースケに
プレゼントを渡します。

 

 

もらったプレゼント袋を
開けると…。

 

 

マフラーが入っていました。

足掻く3巻の結末

リョースケはみわの顔をじっと
見ると、横を向く…。

 

 

そして、その幸せを噛みしめていました。

 

 

「一緒に暮らさない?」

 

 

リョースケから一緒に暮らそう。

 

2人で暮らせば家賃も安くなるし…。

 

 

そう言います。

 

 

 

もちろん、
みわもリョースケと一緒にいたい。

 

 

しかし、もし一緒に暮らしたら、
おじさんとのバイトがバレてしまう。

 

 

『やめたい…』

 

心からその時は思ったのでした。

 

 

そして、
おじさんとの関係をこれでやめよう。

 

 

そう思い、いつもの週末、おじさんと会う…。

 

 

そして、ホテルに入るとき、
誰かの視線を感じます。

 

みわがふと横を見ると…。

足掻く3巻の感想

みわが一番恐れていること。

 

 

 

それは、リョースケと一緒に
いられなくなることです。

 

 

 

そして、その原因をつくる1つとして、
おじさんとのバイトがバレること。

 

みわはそのことがバレることを
いつも恐れていました。

 

 

そしてついにその日が来たのです。

 

 

この続きを読むと、
もっと衝撃的な事実を知ることになります。

 

 

これは、悲しいし
人間不信になりそうです。

 

 

誰を信じていいのかと…。

 

 

「足掻く」はBookLive!で120円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『足掻く』と検索してください。

 

 

 

足掻く4巻のネタバレと感想・結末【リョースケがみわに求めた醜いもの!?愛とは何?】

2020.09.04