サボテン娘のお(う)じさま3話のネタバレと感想・結末【可愛いおじさん?佐善さんに癒される菜華】

サボテン娘のお(う)じさま
作者名 :廻
8話完結

 

こんにちは!
『サボテン娘のお(う)じさま』3話を読みました。

 

 

可愛い叔父さんに
会ったことありますか?

 

 

可愛い叔父さんって何だっ!と
思われそうですが、
見た目とかじゃないですよね…。

 

 

性格がカワイイといった方が正解だと思います。

 

 

この3話では、
大人なのに…おじさんなのに…かわいい。

 

そんなチャーミングな
佐善さんが描かれています。

 

 

子供のような無邪気さや、
時々みせる面白くないギャグとか!?

 

 

母性本能がくすぐられるというか…。

 

 

歳の差婚が実現するのも、
そのせいだと思います…。

 

 

菜華は日曜日佐善のお店に
来るようお誘いを受けます。

 

 

ドキドキしながら、
菜華がお店を訪れると…。

 

 

仕事をしてい品のある
佐善さんを見て、
自分とは世界が違うと思う一方。

 

 

時としてみせる、
お茶目な所にものすごく親近感・
可愛さを感じる!

 

 

そんな、ギャップに菜華は…。

 

 

 

『サボテン娘のお(う)じさま』
無料お試し読みはコチラ
↓    ↓    ↓
>>>BookLive!
『サボテン娘のおじさま』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

サボテン娘のお(う)じさま3話のネタバレ

「誘われた!」

 

 

菜華は、会社の同僚であり、
友達の由貴に佐善さんの話をします。

 

 

それは、今週の日曜日に
お店に来るように誘われた。

 

 

それは、どういう事だと思う!?

 

 

と由貴に聞いてみるのでした。

 

 

由貴は…。

 

 

それは、××××だからじゃないの!?

 

と明らかに男女関係だと話す。

 

 

「そんな人じゃなーーい!」

 

 

と佐善さんはそんな人じゃないから!

 

 

と由貴を否定するのでした。

 

 

可愛いおじさん?佐善さんに癒される菜華

そんな、菜華を見て由貴は言います。

 

 

「好きなんだね…」

 

 

佐善さんのことを好きなんだね。

 

 

そう淡々と話す。

 

 

『好き?』

 

 

その言葉に菜華は引っかかります。

 

 

佐善さんを恋愛対象として、
自分は見ていたのだろうか?

 

 

菜華自身わからずにいたのでした。

 

 

『これは恋愛感情なのか?』

 

 

家に帰ってから、
佐善さんに会う時の洋服を
選んでいました。

 

 

そして、これは恋愛感情!?
と考えこみます。

 

 

菜華はその日、
ドキドキしすぎて一睡も
出来ず当日を迎えるのでした。

 

 

サボテン娘のお(う)じさま3話の結末

「中に入って」

 

 

お店につくと佐善さんは、
ニコニコしながら菜華を迎えてくれます。

 

 

そして、お店の中に入る菜華。

 

 

お店の中で座っていると…。

 

 

「じゃーーーん!」

 

 

といって、佐善さんが部屋に入ってきます。

 

 

手には菜の花をイメージしたカワイイ
和菓子を持っていたのでした。

 

 

菜華がそんな佐善さんを見て、
一瞬固まります。

 

 

その様子をみた、
佐善さんはじゃーーんとか
おじさんぽかったかな!?

 

 

今の若い子は言わないよね…。

 

 

など、思いっきり照れる。

 

 

そんな佐善さんを、
可愛い!?と思ってしまう
菜華なのでした。

 

 

そして…。

 

サボテン娘のお(う)じさま3話の感想

この3話では、
菜華が歳の離れたおじさんである、
佐善さんが好きなのだろうか?

 

 

 

自分自身でわからずにいました。

 

 

仕事では品のある佐善さん。

 

 

しかし、時たま見せる
お茶目な所がまた、カワイイと思わさる。

 

 

このギャップが良いんでしょうね~♪

 

 

『サボテン娘のお(う)じさま』は
BookLive!で150円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『サボテン娘のおじさま』と検索してください。

 

 

 

サボテン娘のお(う)じさま4話のネタバレと感想・結末【渋谷VS佐善さん!?実は菜華が好きだった?】

2020.08.25