夏の魔物2話のネタバレと感想・結末【アルファとオメガが重なると?4回目のキスで陽菜子の番…】

夏の魔物
作者:ノムラララ
4話未完結

 

こんにちは!
「夏の魔物」2話を読みました。

 

 

1話を読んで村田くんと陽菜子の進展が気になって
読んでしまいました。

 

 

両性具であるオメガ村田くんとのアルファ陽菜子。

 

 

普通の女の子と男の子なんだけど、
愛し合うときが特殊です。

 

 

ちょっとエッチな所もあるけど、
2人が純粋すぎて、余計ドキドキしちゃいます。

 

 

そんな2人が4回目のキスで
再び重なり合う…。

 

 

この2話では今度は陽菜子がされる番…。

 

 

「夏の魔物」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
「夏の魔物」と検索してください。
※登録無料

 

夏の魔物2話のネタバレ

陽菜子と村田くんは卒業式を
むかえていました。

 

 

「高校に行っても絶対遊ぼう!」

 

 

陽菜子は女友達に”ぎゅうっ”と抱きつかれ
そう言われる。

 

 

その横を卒業証書を手に持った
村田くんが陽菜子を見ながら横ぎります。

 

 

陽菜子はジッと村田くんを見ていると、
村田くんは手を振ってくれる。

 

 

2人は付き合って9ヶ月が経っていました。

 

 

そして、
高校入学までの春休みに入るのでした。

 

アルファとオメガが重なると?4回目のキスで陽菜子の番…

この9ヶ月の間に、
あの教室で起きたこと以外
村田くんとはキスを1回しただけ…。

 

 

それだけだった…。

 

 

その日、陽菜子は村田くんの自宅に
遊びに来ていました。

 

 

「適当に座って」

 

 

村田くんは2階の自分の部屋に案内
し、陽菜子にそういいます。

 

 

陽菜子は言われたままベッドの
脇に座る…。

 

 

そして、
陽菜子はソワソワ、
ドキドキします。

 

 

犬のリクもいるし、大丈夫…。

 

 

そう思う。

 

 

村田くんは陽菜子脇に座り、
高校のこと、これからの事を話します。

 

 

すると…。

 

 

村田くんは陽菜子の手の上に
自分の手を乗せる。

 

 

目はまっすぐ陽菜子を見ていました。

 

 

夏の魔物2話の結末

頬を赤らめる陽菜子。

 

 

ゆっくりと村田くんの顔が近づいてくる。

 

 

目をそっと閉じる2人。

 

 

そして、陽菜子はキスをされます。

 

 

『大丈夫…』

 

 

キスは4回目だから大丈夫。

 

 

 

陽菜子は真っ赤な顔をして
心の中でそう思う。

 

 

しかし、村田くんの手は陽菜子の
胸に…。

 

 

今度は陽菜子の番と村田くんは言う…。

 

夏の魔物2話の感想

この2話も良かったです。

 

 

まだ中学卒業したばかり!

 

 

村田くんも陽菜子も初々しい
普通の男の子と女の子です。

 

 

ただ、愛し合うときだけちょっと違う。

 

 

1話は村田君がされる番。

 

 

2話では陽菜子がされる番でした。

 

 

エッチなことなんだけど、
エッチじゃない!?2人が純粋過ぎるから
かもしれません…。

 

 

『夏の魔物』はまんが王国で300円
読むことができます。

 

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでくださいね。

 

 

まんが王国はコチラです。
『夏の魔物』と検索してください。