うちの姫はブス1巻のネタバレと感想・結末【男を味方につける女?人の物を横取りするのが大好き!?】

うちの姫はブス~強欲醜女に大復讐~
作者名 :真崎清明
3巻未完結

 

こんにちは!
「うちの姫はブス~強欲醜女に大復讐~」1巻を読みました。

 

 

この話は結構、強烈でした。

 

 

それは男を味方につけて、
人を陥れる女性の話です。

 

 

人の物を横取りするのが大好き。

 

 

それは相手の彼氏だったり、
実績だったり、すべて自分の物にするその女性。

 

 

初めはコミュ力が高い女性だなぁ~。
と思っていたけど…。

 

 

知らないうちにハメられて、
知らないうちに陥れられてしまう。

 

 

そして、
ターゲットにされた人は悪者になってしまうという…。

 

 

ありもしないことを、
あったかのように嘘を周りに言う女性って
本当にいそうだから怖いものです。

 

 

「うちの姫はブス~強欲醜女に大復讐~」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
「うちの姫はブス」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

うちの姫はブス~強欲醜女に大復讐~1巻のネタバレ

千夏は大学の時、
輝子という女と出会って人生が変わってしまった。

 

 

それは、
悪い事ばかり起きるという…。

 

 

初めは千夏も輝子が原因だとは
思わなかった。

 

 

しかし、
一緒にいるうちに、
不思議なことが沢山起こるようになるのです。

 

 

それは、同じ演習生から
悪者と話すかのように強い口調で話されたり…。

 

 

付き合っていた彼氏からはなぜか、
理由も言わず一方的にフラれてしまう。

 

 

自分で作ったはずのレポートが
他の人の手柄になっていたり…。

 

 

それは、すべて輝子が仕組んだことだったのです。

 

 

男を味方につける女?人の物を横取りするのが大好き!?

輝子と千夏は同じ演習を受けることになった。

 

 

その演習先では、
女は輝子と千夏だけだったのです。

 

 

「仲良くしようね!」

 

 

女2人ということもあり、
仲良くしてね。

 

 

と話しかけてくる輝子。

 

 

そして、
輝子と千夏でペアを組んで課題を
取り組むことになったのです。

 

 

『ニコッ』

 

 

目を合わせて笑う輝子に
同じ演習の男達はドキッとせずには
いられなかった。

 

 

そんな輝子は決して可愛いとは言えない顔。

 

 

しかし、そのコミュ力の高さからか…。

 

 

千夏は美人なのに、
なぜか輝子の方がモテるのでした。

 

 

うちの姫はブス~強欲醜女に大復讐~1巻の結末

パソコンで演習を始めると、
輝子はエラーばかりを出してしまう。

 

 

千夏が困っている輝子の手助けをする。

 

 

輝子はこの後、
サークルがあるからと作業を千夏に
まかせて出て行ってしまうのでした。

 

 

共同作業なのに、
この時は千夏の方が多く作業をこなすのでした。

 

 

「来週までに終わらすように!」

 

 

その日、組んだペアで沢山の課題がでる。

 

 

千夏はその量にゾッっとします。

 

 

来週までに終わらすにはあまりにも
多すぎる課題だったからです。

 

 

課題をこなして疲れている千夏をみた輝子。

 

 

そして、
この前サークルが忙しい時に
作業をしてもらったから、今度は私がやるよ!

 

 

と千夏に話します。

 

 

千夏は課題に疲れ果てていたこともあり、
輝子にお願いするのでした。

 

 

しかし、課題を持ってきたのは輝子ではなく
別の人だったのです。

 

 

そして…。

 

うちの姫はブス~強欲醜女に大復讐~1巻の感想

千夏の前では良い顔をする輝子。

 

 

しかし、輝子は「裏」と「表」のある性格を
持っていました。

 

 

課題を引き受けたものの、
他の演習生には千夏のあることないことを話す。

 

 

そういった嘘はバレそう…。

 

 

と思うけど、輝子はそのことは
千夏には内緒にしてほしい。
と話します。

 

 

裏では千夏を悪くいい。

 

 

表では千夏を仲良くする。

 

 

輝子の怖い所です。

 

 

演習生が全面的に輝子が正しい!
千夏が悪!と思っている所も酷いことです。

 

 

「うちの姫はブス~強欲醜女に大復讐~」は
200円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『うちの姫はブス』と検索してください。