社内探偵8巻のネタバレと感想・結末【嘘をついているのは誰?真相はわからないまま…】

社内探偵
作者:かたおかみさお・egumi
7巻未完結

 

こんにちは!
『社内探偵』8巻を読みました。

 

 

飯田美和の役職ランクを上げたのは誰なのか?

 

 

久我さんが社内調査していますが、
なかなか裏の人物がわからないままです。

 

 

そんな中、
色んな情報を集ていると、
話が食い違う。

 

 

それは、
若林課長が言うことと、
馬場さんが言うこと。

 

 

更に、飯田美和、人事の町上まで…。

 

 

誰かが嘘をついているとしか
思えない。

 

 

 

誰が嘘をついているのだろうか?

 

 

誰が真実を言っているのだろうか?

 

 

人の心は読めないものです…。

 

 

「社内探偵」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
「社内探偵」と検索してください。
※登録無料

 

社内探偵8巻のネタバレ

「楽しいな~」

 

 

人事の町上と久我さんが一緒に
食事をしていました。

 

 

いつも誘ってもOKしてくれない久我さんが
食事にOKしてくれた!

 

 

だからこそ、嬉してたまらない町上。

 

 

「そろそろ…」

 

 

久我さんは、飯田美和の役職ランクを
上げた人が誰なのか?

 

 

その情報を町上から聞くために、
この食事をOKしたのでした。

 

 

しかし、
町上はその真相を話さず、
自分のプライベートの話や雑談ばかり。

 

 

そんな、雑談にうんざりしている
久我さんなのでした。

 

嘘をついているのは誰?真相はわからないまま…

「帰る…」

 

 

久我さんは町上が真相を話さないので
帰ろうとします。

 

 

すると、町上はあわてて、
真相を話そうとする。

 

 

町上は馬場さんが高井さんと
話している所を聞いたと話します。

 

 

その内容は
高井さんがとんでもない事に
加担してしまった。

 

そう、馬場さんに話していたという。

 

 

更に、そのとんでもない事を
した時と、美和の一件、同じ
頃だとわかったのでした。

 

 

社内探偵8巻の結末

町上の話を聞きながら久我さんは
若林課長と話した時のことを思い出す。

 

 

それは…。

 

 

高井さんはこの一件に関しては
関係ない。

 

 

そう話していたこと。

 

 

久我さんは思う。

 

 

誰かが嘘をついている。

 

 

皆の情報が食い違っていることから
そう思わざるを得ないのでした。

 

 

そんな中、飯田美和も動きだす…。

 

社内探偵8巻の感想

真相がわからないままこの8巻は
終わっています。

 

 

皆の情報が食い違っていて、
誰が真相を言っているのかわからない。

 

 

しかし、
意外と飯田美和が嘘をついているのかも
しれません!?

 

 

この巻の美和はとても頭が悪いとは
思えない行動。

 

 

仕事が出来ない。

 

 

という前部署とのイメージが少しづつ
変わってきています。

 

 

『社内探偵』はまんが王国で200円
読むことが出来ます。

 

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでくださいね。

 

 

まんが王国はコチラです。
『社内探偵』と検索してください。

 

 

 

社内探偵9巻のネタバレと感想・結末【美和と若林課長の馴れ初め?衝撃的な事実も!?】

2020.09.01