親友は悪女9巻のネタバレと感想・結末【東雲の心を介抱したのは真奈?弱い自分を受け入れてくれる人…】

親友は悪女
作者:和田依子
9巻未完結

 

こんにちは!
親友は悪女9巻を読みました。

 

 

この9巻は目が離せませんでした…。

 

 

ついに、この巻から真奈の巻き返しか!?

 

 

この巻では、仕事がうまくいかず、
心から弱る東雲さん。

 

 

それを介抱しようとしたのが妃乃でした。

 

 

しかし、妃乃じゃダメだったようです。

 

自分の利しか考えない妃乃では無理だったようです。

 

 

東雲さんは弱った自分を真奈に見せたくない。

 

 

そう思っていたけど、実際真奈に会うと、
真奈は妃乃とは違う言葉をかけます。

 

 

その言葉に東雲は心から穏やかになる。

 

 

本当に、疲れから解放してくれるたのは真奈で…。

 

 

また、東雲さんの精神を介抱したのも真奈でした。

 

 

「親友は悪女」
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>BookLive!
「親友は悪女」と検索してください
※登録無料・継続課金なし

 

親友は悪女9巻のネタバレ

「出張!?」

 

 

橋井は東雲さんに呼ばれると、
北海道出張へ行ってほしい。

 

 

そう頼まれるのでした。

 

この出張は前川部長直々のお達しのよう…。

 

 

東雲さんは、真奈の次は橋井…。

 

 

前川部長も見る目がある!

 

 

そう東雲さんは呑気に言うのでした。

 

 

 

しかし、橋井は居てもたってもいられない。

 

 

なぜなら、北海道の出張は妃乃の仕業としか
思えなかったから…。

 

東雲の心を介抱したのは真奈?弱い自分を受け入れてくれる人…

橋井と話すときは、
穏やかで呑気な東雲さんだったが…。

 

 

『顔色悪い…』

 

 

東雲さんのフッとした表情は
かなり疲れていました。

 

 

そして、かなり顔色も悪い。

 

 

橋井はこの北海道の出張は妃乃の仕業!
と東雲さんに伝えるが、東雲さんは
信じない。

 

 

橋井は『まだ妃乃のことが好きなんだな…』
としか思わなかったのです。

 

 

『忘れている…』

 

 

橋井は東雲さんが部屋を出て行ったあと、
スマホを忘れていることに気が付く。

 

ロックもしていない無防備な
東雲さんのスマホ。

 

 

それを見て、
橋井はあることを考え付くのでした。

 

親友は悪女9巻の結末

「頑張りましょう!」

 

 

妃乃と東雲さんは一緒に仕事をしていました。

 

 

仕事が終わらない東雲さんを妃乃が
助けていたのです。

 

 

そんなひたむきな妃乃を
橋井は好きになったのだろう…。

 

 

そう思っていました。

 

 

更に、妃乃は東雲さんに

 

 

「真奈に会っているのか?」

 

 

そう聞いてきます。

 

 

東雲さんはその言葉にドキッとしてしまい、
こんな弱くて不機嫌な自分を真奈には見せたくない。

 

 

そう思うのでした。

 

 

その日東雲さんは仕事が終わり、
自分の車へ向かうと…。

 

 

車に座りながら寄りかかり寝ている真奈が
いたのです。

 

 

久しぶりに真奈に会う東雲さん。

 

 

そして、その日…真奈の人柄に気が付いたのです。

 

親友は悪女9巻の感想

今まで妃乃のやりたい放題でしたが
この9巻は違いましたね!

 

 

しかし、そう簡単に人の心は動かない。

 

 

東雲さんは妃乃に傾くはずわない!
と思いながらも、もしかしたら…。

 

と思っていました。

 

 

この9巻では、
真奈は大きな心で東雲さんを介抱
してあげていました!

 

 

まさにお似合いのカップル。

 

 

しかし、この後の妃乃が怖いですね…。

 

 

裏表がありすぎます…。

 

 

 

「親友は悪女」はBookLive!で200円
で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。

 

 

親友は悪女10巻のネタバレと感想・結末【妃乃の本性が暴露か!?慎しい女から悪女へ転落?】

2020.06.25