親友は悪女8巻のネタバレと感想・結末【妃乃の悪事がバレる時?社内で繋がっていたある人物とは!?】

親友は悪女
作者:和田依子
8巻未完結

 

 

こんにちは!
親友は悪女8巻を読みました。

 

 

この8巻では、
妃乃の悪事が一部の人にバレてしまいます。

 

 

その一部の人とは橋井と、
真奈が異動した先の部署の人たち。

 

真奈の仕事に対しての行動は
次第に同じ部署の人たちの信用を獲得していきます。

 

 

そして、彼女たちは思うのです。

 

 

 

『あの噂はウソなのではないか?』

 

 

それを確かめるために、
真奈を呼んで真相を確かめるのでした。

 

 

その一方、
橋井はなんとなく仕事のやりづらさを
感じていました。

 

その原因が妃乃だと感じた時にはすでに
遅い?

 

 

更に、橋井は妃乃が会社のある人物と
繋がっていることを知ってしまったのです。

 

 

しかし、妃乃の悪事を皆に伝えるのは
至難の業なのかもしれない…。

 

 

妃乃は手ごわいです…。

 

 

「親友は悪女」
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>BookLive!
「親友は悪女」と検索してください
※登録無料・継続課金なし

 

親友は悪女8巻のネタバレ

「・・・・・。」

 

 

東雲は固まってしまう。

 

 

それは、部下が商談をスッポかして
しまったからだ。

 

 

そんな報告を受けて東雲は
焦ります。

 

 

スグにいけば30分くらいで着ける。

 

 

自分も行くから謝罪をしてこよう…。

 

 

普段穏やかな東雲の顔も強張っていました。

 

 

『もうすぐ他の会議だった』

 

 

東雲はハッとします。

 

 

それは、他の会議が入っていたから。

 

 

しかし、今は緊急事態で会議より謝罪が先。

 

 

そう頭の中をグルグルとめぐるのでした。

 

妃乃の悪事がバレる時?社内で繋がっていたある人物とは!?

「代理で出ますよ!」

 

 

困っている東雲を見て、
橋井は自分が会議に代理で出ます。

 

 

そう言います。

 

 

 

そんな橋井のおかげで、
東雲は安心して謝罪に出かけることが
出来たのでした。

 

 

それを見ていた妃乃はイラッとしてしまう。

 

妃乃の計画を邪魔する橋井に
イライラしてしまうのでした。

 

 

本来なら、妃乃が東雲を助けようと思っていたからです。

 

 

『こんなに出来る人だったとは…』

 

 

妃乃は改めて橋井は仕事が出来るし、
東雲からも信頼がある人物。

 

 

ということを認識します。

 

 

そして、邪魔な人ということも…。

 

親友は悪女8巻の結末

「仕事の量がすごい…」

 

 

妃乃は男性社員に相談をします。

 

 

それは、橋井からの仕事の量が多すぎて
ちょっと疲れが…。

 

 

元カノとうこともあって、
信頼しているのはわかるけど…ちょっと…。

 

 

という感じで困ったように話します。

 

 

それを聞いていた男性社員は、
橋井を敵対視するようになって
いくのでした。

 

 

橋井は思う、
最近同僚のミスが増えている。

 

 

しかし、その原因はわからずにいました。

 

 

そして、
東雲の仕事を引き受けたものの
終わらずに残業をしていたのです。

 

 

 

「もう、帰ったかな?」

 

 

すると、
誰もいなくなった部署に前川部長が
訪ねてきます。

 

 

そして、妃乃がいないかと聞いてきて…。

 

親友は悪女8巻の感想

橋井が妃乃の悪事ということに
気が付いたのはスカッとしました。

 

 

そして、妃乃のことを本当に悪く言わない
真奈についても気持ちを受け止めてくれて、
本当にいい人だなぁ~。

 

 

と橋井の人情を感じた話でした。

 

 

しかし、妃乃の悪事とわかっていても、
それを解決するのは難しそうです。

 

 

 

彼女はまだまだ根回しをしていますからね…。

 

 

ヤバそう…。

 

 

「親友は悪女」はBookLive!で200円
で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『親友は悪女』と検索してください。

 

 

 

親友は悪女9巻のネタバレと感想・結末【東雲の心を介抱したのは真奈?弱い自分を受け入れてくれる人…】

2020.06.25