オープンマリッジ(漫画)1巻のネタバレと感想・結末【結婚しても彼女が欲しい!?家族愛と恋愛の違いとは?】

オープンマリッジ
作者名 :田中マコト
3巻未完結

 

こんにちは!
田中マコト先生の『オープンマリッジ』1巻を読みました。

 

 

もし、夫が突然彼女を連れてきたら…。

 

 

妻は女としてひどく傷ついてしまうでしょう。

 

 

このオープンマリッジ1巻では、
結婚記念日に夫から彼女を紹介されてしまう話です。

 

 

しかし、妻とは一生家族でいたい。

 

 

離婚はしないということ。

 

 

生涯共にするのは妻。

 

 

 

彼女は彼女でしかない。

 

 

更に、彼女は夫を取るつもりもない。

 

 

ずっと彼女のままで妻になることはない。

 

 

『妻は家族愛』

 

 

『彼女は恋愛』

 

 

この違いがわかるだろうか?

 

 

もっと言うなら妻はもう抱くことがない相手。

 

 

彼女は抱く相手。

 

 

といった感じです。

 

 

世間の妻達はこれを許せるのだろうか?

 

 

『オープンマリッジ』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『オープンマリッジ』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

オープンマリッジ(漫画)1巻のネタバレ

「よろしくお願いします」

 

 

小春と修一はそれぞれ別のパートナーを連れて
向かい合いテーブルの席に座る。

 

 

そして、
それぞれセカンドパートナーとして
夫婦公認で契約を交わすのでした。

 

 

つまり、
既婚者でありながら、
彼氏彼女を持つことをお互いに許す。

 

 

それを、オープンマリッジと呼ぶのだという。

 

 

夫婦には色んな形があるが、
体の関係をも許すオープンマリッジ。

 

 

夫は彼女を抱き。

 

 

妻は彼氏に抱かれる。

 

家族愛と恋愛の違い?結婚しても彼女が欲しい…

この話が出たのは、
結婚記念日だった。

 

 

修一は結婚記念日前日、
小春に大事な話がある。

 

 

そう話すのでした。

 

 

「女ですよ」

 

 

結婚記念日に夫から大事な話がある。

 

 

そう言われたと会社男性職員 みきおに話します。

 

 

すると、絶対女の話。

 

 

そう言われるのでした。

 

 

小春は結婚記念日ということすら
忘れているような性格。

 

 

そんな、みきおの話に、
結婚記念日なのに、まさか、女の話がでるわけがない。

 

 

そう思う小春。

 

 

そして、夫 修一とはもう男女関係というか…。

 

 

そんな感じは一切ない。

 

 

そう話すのでした。

 

 

そんな中、
独身女子に人気の男性が今来ている。

 

 

そう話すみきお。

 

 

そこには、背がスラッとしてスーツ姿の
イケメン男性が資料をもって会社の人と話していたのです。

 

 

オープンマリッジ(漫画)1巻の結末

小春はその男性を見ると、
中学校のバドミントン部 早宮先輩と
気が付きます。

 

 

小春は、早宮先輩に話しかけると…。

 

 

「誰だっけ?」

 

 

そう一言いわれ、
その場を去ってしまうのでした。

 

 

仕事が終わり、
小春は結婚記念日にと、
料理好きな修一に包丁を購入します。

 

 

そして、修一と駅で待ち合わせ。

 

 

「おつかれ」

 

 

修一は小春を見つけると
そう言います。

 

 

『雰囲気が…』

 

 

小春は修一と会って思う。

 

 

雰囲気がなんか違う…と…。

 

 

修一は小春の手を繋いで歩きはじめます。

 

 

そして、
予約しているお店に入ると、
一人の女性が出迎えてくれました。

 

 

その女性は夫の彼女だったのです。

 

オープンマリッジ(漫画)1巻の感想

結婚して、夫婦生活もご無沙汰。

 

 

妻 小春は夫 修一との結婚記念日すら
忘れる始末。

 

 

そんなおおざっぱで、
記念日など気にしない小春の前に現れたのが
中学の先輩 早宮と夫の彼女でした。

 

 

この2人の存在が小春の人生を大きく
変えていきます。

 

 

夫から提案されたオープンマリッジ。

 

 

小春はどうするのだろうか?

 

 

家族愛と恋愛の違い。

 

 

この漫画に出てくる夫修一は、
そのことを話しているのだと思う。

 

 

生涯一緒にいたいけど、抱くことはできない妻。

 

 

抱くことはできるけど、妻になることはない彼女。

 

 

この複雑な心理をどう理解するか、
その理由を納得もいくが、嫉妬がそれを許さない
気がする…。

 

 

『オープンマリッジ』はBookLive!で150円
読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『オープンマリッジ』と検索してください。