#家出少女のネタバレと感想・結末【居場所がない少女の行方?弱い奴が利用される世界】

#家出少女
作者名 :小本田絵舞
5巻未完結

 

こんにちは!
『#家出少女』1巻を読みました。

 

 

この漫画は読むのに
ちょっと覚悟がいるかもしれません…。

 

 

この話はタイトル通り、
親に虐待をされ家で居場所がない少女達。

 

 

そんな、年頃の女の子たちが
家出をする話です。

 

 

彼女達の行く末は、
『利用される』か『利用するか』

 

 

相手を騙し、お金に換えるか、
お金の道具として利用されるかです。

 

 

育った環境から優しくされることが
なかった少女達。

 

 

そんな、
女の子は優しい人にコロッと
いってしまう。

 

 

それが、表面的な優しさだということを
気づかずに…。

 

 

現代社会の闇というか、
本当にこういった家出少女を狙った悪人が
沢山いそうで怖い話でした。

 

 

『#家出少女』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『家出少女』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

#家出少女1巻のネタバレ

『ガジガジ…』

 

一人の女の子 アムがスマホ片手に
外を歩いていました。

 

 

お腹がすいたアムは、
SNSでこう打つ。

 

 

#神待ち
#誰か泊めてくれる人

 

 

この意味がどんなに怖いことか…。

 

 

SNSの中で見ず知らずの人に
助けを求めるアム。

 

 

すると…。

 

 

『OK』

 

 

『すぐいく』



 

 

とにかく、沢山のコメントがSNSに
書き込まれるのでした。

 

 

しかし、
アムはお腹がすいて、
そこから動きたくなかったのです。

 

 

コンビニの前でしゃがみ込むアム。

 

その時、
同じくらいの女の子が
話しかけてくるのでした。

 

居場所がない少女の行方?弱い奴が利用される世界

「ちょっと…」

 

 

その女の子は、いきなりアムの
スマホを眺めると…。

 

 

家出少女?神待ちしているの?

 

 

そう聞きます。

 

 

そして、コンビニでおにぎりやら
スイーツやら食べ物を沢山買うと…。

 

 

アムに食べるように言うのでした。

 

「同じ…」

 

 

その女の子もアムと同じ家出少女で
イムと名乗ります。

 

 

「一緒に来ない?」

 

 

イムは家出少女が集まる
良い所があると話す。

 

 

そこをイムは”シェルター”と呼んでいました。

 

#家出少女1巻の結末

アムはそんなイムを警戒する。

 

 

そして、怖くなって爪を噛むのでした。

 

 

「綺麗な指…」

 

 

イムは傷だらけのアムの指を見て
そう言います。

 

 

自分をホメてくれる人なんて
今までいなかったことから、
イムを”優しい人”…。

 

 

と思い込んでしまったアム。

 

 

そして、イムと一緒にシェルターへ
行くことにしたのです。

 

 

そして…。

 

#家出少女1巻の感想

親に虐待され居場所を失った少女アム。

 

 

そして、アムは家出をすると、
今度世間の悪人に利用されるという…。

 

 

それも、善人のフリをして近づいてくるから
恐ろしい。

 

 

知らない人の、

 

 

上手い話、甘い言葉。

 

 

 

これを露骨に信じてはいけないし、
世の中にはこういった少女も実際いるのではないか?
と怖くなる話でした。

 

 

読むのに覚悟がいる漫画です。

 

 

「#家出少女」はBookLive!で100円
読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『家出少女』と検索してください。