姉妹逆転ゲーム9巻のネタバレと感想・結末【ノバラの存在(容姿)を知った蒼衣!?その後彼は…。】

姉妹逆転ゲーム
~ずっと嫌っていた美しすぎる姉~
作者名 :姫神ヒロ
9巻未完結

 

こんにちは!
「姉妹逆転ゲーム~ずっと嫌っていた美しすぎる姉~」9巻を
読みました。

 

 

 

目が見えるようになった蒼衣。

 

 

もし、ノバラの容姿を見たらどうなるんだろう…。

 

 

そんな風にずっと思っていました。

 

 

蒼衣はそのままのノバラを受け入れ、
2人が上手くいったらいいなぁ~。
とも思っていました。

 

 

そして、この9巻で蒼衣はそのままのノバラの存在に
気が付いてしまいます。

 

 

それはあの醜いといわれるノバラの容姿を
見て蒼衣がどう思ったのか?

 

 

気になる所ですよね…。

 

 

「姉妹逆転ゲーム」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
「姉妹逆転ゲーム」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

姉妹逆転ゲーム~ずっと嫌っていた美しすぎる姉~9巻のネタバレ

「どういうつもり!」

 

 

ノバラはスミレに物申します。

 

 

それは、
蒼衣をこの屋敷で雇ったということ。

 

 

つねに、
この屋敷に蒼衣がいるということは、
ノバラの存在にも気が付かれてしまう。

 

 

そうビクビクするノバラなのでした。

 

 

 

スミレはノバラになりすまし蒼衣に
声をかけます。

 

 

今の状態では、
蒼衣もスミレのことをノバラだと
思っていました。

 

 

「紹介するね」

 

 

そして、スミレはノバラを秘書の鬼瓦さん。

 

 

と偽名で紹介する。

 

 

蒼衣はそんな鬼瓦さん(ノバラ)に
ニコッと笑って挨拶をするのでした。

 

 

そして、
蒼衣が庭掃除の仕事に戻ると
スミレは言います。

 

 

目が見えなかった時の蒼衣に、
けなげに支える美女の仮面ではなくて、
ドブスとして蒼衣に接すればいい。

 

 

それが本当の容姿なのだから…。

 

 

 

そうスミレが話します。

 

 

スミレはノバラを「応援しているのか」、
「バカにしているのか」その真相はわからなかった…。

 

 

ノバラの存在(容姿)を知った蒼衣!?その後彼は…。

「さっきのアレ…」

 

 

その様子を見ていたリラが
蒼衣に話しかけてきます。

 

 

それは、
美しい女性(スミレ)が
ノバラではなくて…。

 

 

眼鏡をかけた太った醜い女がノバラだと、
話すのでした。

 

 

リラは続ける…。

 

 

 

目が見えなかった蒼衣が
恋焦がれていた女性がヘドロのような
人で皮肉でしょう…。

 

 

そんな人を好きだった自分を
思い出したくないだろう…。

 

 

とにかくノバラを侮辱するようなことを
話します。

 

 

「…………」

 

 

そんな話に蒼衣は何も話さなかったのです。

 

 

しかし、蒼衣は口を開くと…。

 

 

目に見えなかったからこそ、
見えるものがある。

 

 

それは、相手が毒をはらんでいるのか
いないのか?

 

 

蒼衣はノバラの存在(容姿)を知っておきながら
彼女のことを待つつもり…。

 

 

そう静かに話すのでした。

 

 

そんな風に話す蒼衣だが、
まだノバラの存在を
確信出来ていなかったのです。

 

 

 

そして、ノバラの存在を確信する出来事が起こる。

 

 

それは…。

 

姉妹逆転ゲーム~ずっと嫌っていた美しすぎる姉~9巻の感想

この9巻を読んでいると、
蒼衣はノバラの容姿を知ったうえで
好きなのだろうか?

 

 

と思えるところがあります。

 

 

むしろ、そうなってほしいと、
願う所もあります。

 

 

しかし、ノバラがスミレの美しさに
嫉妬していた醜い感情。

 

 

蒼衣の目がこのまま見えなかったらいいのに…。
と手術を先送りにしたことなど、
そんな汚い部分のノバラを知った蒼衣。

 

 

 

それでも、ノバラのことを愛してほしいと
思ってしまうのは私だけでしょうか…。

 

 

 

「姉妹逆転ゲーム~ずっと嫌っていた美しすぎる姉~」は
BookLive!で200円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『姉妹逆転ゲーム』と検索してください。