夫はグレーゾーン2巻のネタバレと結末・感想【俺はおかしい?障害者と言われた優斗の苦悩】

夫はグレーゾーン
作者 秋野さと
3巻未完結

 

 

こんにちは!
1巻を読んだら続きが気になって、
「夫はグレーゾーン」2巻を読みました。

 

 

この2巻では優斗の苦悩が描かれています。

 

 

『 周りからは病的だと言われ』

 

 

『 妻からは発達障害と疑われ』

 

 

会社で小さなミスを繰り返す優斗。

 

 

そして、
周りからは 怒られ冷たい眼で見られます。

 

 

ミスや周りが迷惑していれば
誰も温かい目で見てくれるわけもなく。

 

 

徐々に優斗は追い詰められていくのです。

 

 

そんな苦悩の中、
ついに優斗は限界をむかえ、
美和の前で 涙をポロリと流す。

 

 

そんな優斗に美和はどんな態度をとる?

「夫はグレーゾーン」
無料試し読みはコチラ
↓ ↓ ↓
>>>BookLive!
『夫はグレーゾーン』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

夫はグレーゾーン2巻のネタバレ

「はぁ…」

 

 

優斗が 発達障害?

 

 

そんな事が美和の頭の中を
ぐるぐると巡る。

 

 

そして手には、
『 大人の発達障害』
という本を手にしていました。

 

 

そんな風に悩んでいると
高校時代の親友真珠から
電話がかかってきます。

 

 

真珠は優斗の 話を聞いて 、

 

 

「そういう人いるよね」

 

 

と明るく笑い飛ばす。

 

 

そして真珠の会社の人でも、
浮いている子がいると話します。

 

 

会社の同僚はその子のことを
アスペルガー障害ぽいと 言っていたと。

 

 

そんな真珠の話を聞いていた美和。

 

 

「 普通の人だよ」

 

 

優斗は真珠の会社の人とは違う
普通の人と 言い切ってしまうのでした。

 

俺はおかしい?障害者と言われた優斗の苦悩

「 会社辞めようかなー」

 

 

その日優斗は
ため息をつきながら帰ってきます。

 

 

そして、
会社を辞めたいと
言い出すのでした。

 

 

美和は その理由を聞いてみると、

 

「みんな俺ばかり怒る」

 

 

皆が一遍に言うから
分からなくなってミスをしてしまう。

 

 

そして、その後皆から怒られる。

 

 

そう話すのでした。

 

 

そんな優斗の 会話の中から、

 

 

『 複数のことはできない』

 

 

『 ミスが多い』

 

 

など本に書かれていたことと
当てはまると思い出します。

 

 

そんな優斗に美和は、

 

 

「 話を最後まで聞かないこともあるし…」

 

 

優斗は最後まで話を聞かないこともある
メモを取ったら?

 

 

そう、アドバイスするのでした。

 

 

美和との会話にムッとした優斗は、
お風呂に入ると部屋を出て行って
しまうのでした。

 

 

夫はグレーゾーン2巻の結末

『 人の話を聞かない』

 

 

『 自分のルールがあり絶対に曲げない』

 

 

『 思いついたことをすぐに口にする』

 

 

大人の発達障害(本)に
書かれていたことが頭の中を巡る。

 

 

そして…。

 

 

『もしかしたら発達障害?』

 

 

優斗 は発達障害なのでは?

 

 

そう思った美和。

 

 

お風呂から上がって
さっきのことは忘れたように
ケロっとしている優斗に…。

 

 

夫はグレーゾーン2巻の感想

仕事のミスで周りから見たら、

 

 

「 どう見てもあなたが悪いのに…」

 

 

という出来事を

 

上司のパワハラと言っていた優斗。

 

 

その理由をこの話を
読むと分かった気がしました。

 

「夫はグレーゾーン」はBookLive!で
150円で読むことが出来ます。

 

新規のみ1冊半額、継続課金もありません。

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでくださいね。

 

 

BookLive!はコチラです。
「夫はグレーゾーン」と検索してください。

 

 

夫はグレーゾーン3巻のネタバレと結末・感想【大人の発達障害!?優斗の診断結果とは?】

2020.01.20