この子…嫌い! ~2016年埼玉県3歳女児やけど放置死事件~のネタバレと感想【虐待のキッカケ?内縁夫婦に起きた出来事】

この子…嫌い!
~2016年埼玉県3歳女児やけど放置死事件~
作者名 :藤田素子
1巻完結

 

こんにちは!
『この子…嫌い! ~2016年埼玉県3歳女児やけど放置死事件~』を読みました。

 

 

この話は2016年埼玉県でおきた虐待事件で
顔に火傷を負って亡くなった3歳の女の子の話です。

 

 

その女の子の顔は、
火傷でボコボコになって現場になれている
救急隊ですら、目を背けたくなったという…。

 

 

この話を読んで思ったのは、
男が一家を抱えるということは
かなりプレシャーを感じている。

ということ。

 

 

内縁の夫は、一家を持ったという
プレッシャーやストレス解消のために
3歳の女の子を虐待していました。

 

 

そんな母親自身も、子供が嫌いで、
内縁夫が虐待する前から、娘を虐待する
前兆はでていたそうです。

 

 

そんな内縁夫婦は、
今日はどんな虐待をするのか?

 

 

デートの打ち合わせのように
していたという…。

 

 

『この子…嫌い! ~2016年埼玉県3歳女児やけど放置死事件~』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『この子嫌い』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

この子…嫌い! ~2016年埼玉県3歳女児やけど放置死事件~のネタバレ

景子は2人の幼い娘がいました。

 

 

舞花 4歳と千花3歳。

 

 

そして、母親の景子は千花が嫌いだった…。

 

 

 

舞花には優しく、千花には、
周りが引くほど辛くあたっていたのです。

 

 

なぜ、
景子は千花が嫌いなのかというと、
千花を妊娠している時に元旦那と離婚調停中でした。

 

 

 

そして、祝福されて生まれた舞花の時と違って、
千花を産むときは景子は一人ぼっち。

 

 

そんな最悪な状況に、
生まれた来た千花を景子は
疫病神と思っていたのです。

 

 

虐待のキッカケ?内縁夫婦に起きた出来事

内縁夫 ヒロヤと出会い、
ヒロヤのマンションで暮らすようになった景子。

 

 

その時、舞花、千花2人も一緒に
移り住みます。

 

 

ヒロヤは舞花、千花2人に優しい。

 

 

そして、
バツイチということもあって
子供慣れしていました。

 

 

千花を嫌いな景子はいつも
千花につらく当たります。

 

 

 

それをカバウのが、ヒロヤだったのです。

 

 

景子が千花につらく当たり、
ヒロヤがそれをカバウ。

 

 

この形で上手くバランスがとれていた、
内縁夫婦。

 

 

しかし、
のちに千花を虐待するキッカケが
起こるのでした…。

 

この子…嫌い! ~2016年埼玉県3歳女児やけど放置死事件~の結末

「妊娠しちゃった…」

 

 

その日、景子は妊娠検査薬を
ヒロヤに見せる。

 

 

そこには陽性反応がでていました。

 

 

「無理じゃ…」

 

 

ヒロヤは子供2人もいるし、
何より景子が子供を好きじゃない。

 

育てるのは無理なんじゃ…。

 

 

そう言います。

 

 

しかし、景子は”ヒロヤとの子”

 

 

ということもあって産むことを
決意するのでした。

 

 

そして、景子はヒロヤに

 

 

『ちゃんとした一家になろう』

 

 

そういいます。

 

 

 

それが、
ヒロヤにとってプレッシャーと
なっていくのでした。

 

 

それは、これから景子と子供3人を
食べさせていかないといけない。

 

 

見えないプレッシャーがヒロヤを
イライラさせていきます。

 

そして…千花を…。

 

この子…嫌い! ~2016年埼玉県3歳女児やけど放置死事件~の感想

3歳の女の子が虐待によって、
火傷を負って亡くなる。

 

 

とても悲しい内容になっていますが、
なぜそれが起きてしまったのか?

 

 

そのキッカケや、もし、景子が妊娠しなかったら、
千花ちゃんは死なずにすんだのだろうか?

 

 

など色々考えてしまう話でした。

 

 

『この子…嫌い! ~2016年埼玉県3歳女児やけど放置死事件~』は
BookLive!で150円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

BookLive!はコチラです。
『この子嫌い』と検索してください。

 

 

 

お母さん、大好き(前編)のネタバレと感想【小5の娘がママ大好きと言う意味の怖さ?】

2019.12.13