ブラックガールズトーク 4話のネタバレと感想【恐怖の派遣女 角松?自分のミスは認めない!?】

ブラックガールズトーク
作者名 :マキノマキ

 

こんにちは!
『ブラックガールズトーク』4話【恐怖!伝説の派遣さん】を読みました。

 

 

この漫画は女友達3人の世間話が面白い!

 

 

内容は愚痴なんだけど笑えます。

 

 

『こんな人いるいる』

 

 

『こんなことあるある』

 

 

など共感できる話になっていました。

 

 

今回4話では、会社のある意味恐怖の派遣さんの話。

 

 

「猫の手もかりたい!!」

 

 

「自分がもう一人いたらいいのに!」

 

 

など忙しすぎる時ってありますよね。

 

 

その為のお助けとして、派遣された女性。

 

しかし、この派遣の女性が、
かなりの変わり者だったという話です。

 

 

それは、自分のミスは一切認めない。

 

 

注意しても、指摘しても、
自分は悪くないの一点張り?

 

 

更に、都合が悪くなると、
体調が悪いと帰る始末。

 

 

そんな伝説の派遣さんの話しです。

 

 

面白可笑しく読めますよ~。

 

 

『ブラックガールズトーク』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『ブラックガールズトーク』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

ブラックガールズトーク4話のネタバレ

それは、佳央梨の会社に来た
ある意味恐怖の派遣さんの話でした…。

 

 

その人は角松さんといって、
見た目は綺麗な人なのですが…。

 

 

「対応したの誰?」

 

 

その日、会社に変更前の商品が届いて
いました。

 

 

変更したはずなのに…。

 

 

対応した人は誰なのか?

 

 

そんな話になります。

 

 

対応した人は確か角松さんのはず。

 

 

角松さんに聞いてみると…。

 

 

「わからないことも多いので…」

 

 

「指示通りにしました」

 

 

角松さんは、会社の井原さんの
指示通りにやった。

 

 

そう話し、自分は悪くない。

 

 

そういうのでした。

 

 

『何も言ってないはず』

 

 

しかし、井原さんは角松さんに、
何も言っていなかったのです。

 

 

身に覚えもないのに、
ミスは井原さんのせいにされてしまうのでした。

 

 

恐怖の派遣女 角松?自分のミスは認めない!?

角松さんは何事もなかったかのように、
席に座り仕事をしはじめます。

 

 

「昨日も言ったと思ったけど…」

 

井原さんは間違っている角松さんにやんわりと、
注意をしようとする。

 

 

すると…。

 

「私のやり方がありますので」

 

 

角松さんは人の言うことを
聞かない人だったのです。

 

 

更に、ミスを認めず絶対に謝らない。

 

 

『仕事が出来ない』

 

 

それを認めない女でした。

 

 

「いいがかりは止めてもらえます?」

 

 

そして、注意をすると反抗され
角松さんはヤバイ人。

 

 

近寄っちゃいけない人という感覚を
皆は感じるのでした。

 

 

そんな角松さんの噂は他の課にまで…。

 

 

それは、

 

 

『井原さんが自分の仕事を押し付ける。』

 

 

『皆の仕事が遅いから私が手伝ってあげている。』

 

 

など角松さんが他の人に愚痴ッていたという話。

 

 

角松さんがヤバイ人というのは、
皆が知っていたこと。

 

 

そんな角松さんに、契約まであと1ヶ月。

 

 

そう自分自身に言い聞かせ、
ガマンガマン…。と思っていました。

 

 

そんなある日、角松さんは更にミスをしてしまいます。

 

 

それは、大トラブルへと発展する大きなミス?

 

ブラックガールズトーク4話の感想

仕事ができないから、
頼るでもなく…。

 

 

ミスを認め謝るでもない…。

 

 

そんな厄介な派遣さんのせいで、
猫の手も借りたい程忙しいのに、
更に手間がかかるようになってしまった。

 

 

という話でした。

 

 

とにかく、この角松さんの態度が凄かった。

 

 

これは伝説になりますね…。

 

 

こんな人本当にいるのかな…。

 

 

『ブラックガールズトーク』はBookLive!で
読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『ブラックガールズトーク』と検索してください。