ストーリーな女たち 涙依存に苦しむ女たち Vol.6のネタバレと感想【我慢のしすぎで過食症になる女】

ストーリーな女たち 涙依存に苦しむ女たち Vol.6

 

こんにちは!
『ストーリーな女たち 涙依存に苦しむ女たち Vol.6』を
読みました。

 

 

日常的によくありそうな話で、
他人ごととは思えない話ばかりでした。

 

 

ちょっと間違えれば、
普通にありえそうな現実です。

 

 

この話は全部で6部作となっています。

 

ストーリーな女たち 涙依存に苦しむ女たち Vol.6
・見えない鎖
・ドランクダーリン
・お犬さま
・嫁が太ってなぜ悪い
・悩める通話
・ひかり

 

そのうちの『見えない鎖』です。

 

 

この話は自分の本音を誰にも言えない
女性の話です。

 

 

その原因となったのが、家庭環境。

 

 

その女性は母子家庭で育ち、
母の言うことを聞いて”いい子”で
育ちました。

 

 

そして、その結果、
自分の本当の気持ちを押し殺すようになった
のです。

 

 

結婚した男性は仕事が忙しく
家にほとんどいませんでした。

 

 

『寂しい…』

 

 

その一言が言えない。

 

 

いい嫁、理解力のある嫁。

 

 

を演じていた結果。

 

 

彼女は過食症となっていくのです。

 

 

我慢しすぎは良くないですね…。

 

 

『ストーリーな女たち 涙依存に苦しむ女たち Vol.6』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive
『ストーリーな女たち 涙』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

ストーリーな女たち 涙依存に苦しむ女たち Vol.6のネタバレ

『あなたなら大丈夫』

 

 

そう言い聞かせられながら育った香公子。

 

 

彼女は母子家庭で育ち、
母親の言うことは絶対だった。

 

 

「皆は…」

 

 

小学生の頃、
放課後皆は遊んでいる。

 

 

だから自分も遊びたい。

 

 

そう言うと、皆は皆。

 

 

香公子は違う。

 

 

遊ぶのはいつでもできるだろう。と母は勉強をさせたのです。

 

 

母は母子家庭だからと
周りのみんなからバカにされたくなかった。

 

 

そして、香公子を立派に育てて
周りを見返してやりたい。
とまで思っていました。

 

 

そんな、母との生活は
我慢の連続。

 

 

次第に香公子は自分の気持ちを
押し殺し、母が喜ぶことが優先となっていったのです。

 

 

我慢のしすぎで過食症になる女

香公子が社会人になると、
母の後押しもあってある男性と
結婚。

 

 

その人は、財産も地位も完璧な人だった。

 

 

「寂しいでしょ?」

 

 

そんな香公子の新居にちょくちょく訪れる義母。

 

 

夫の実家は香公子が住んでいる一駅先に
ありました。

 

 

香公子の夫 紘一は出張も多く、
まだ新婚なのに自宅にほとんどいなかったのです。

 

 

そんな香公子に義母は寂しくないか?
そう聞いてくるのでした。

 

 

「単身赴任になった」

 

 

そして、
ちょくちょく出張をしているよりも
単身赴任で勤め先に行った方がいい。

 

 

そんな風に紘一は話します。

 

 

香公子は単身赴任なら一緒についていきたい。

 

 

そういうのですが、
家の管理もあるし、

 

「しっかりした女性で良かった」

 

 

紘一は理解力のある女性と結婚
出来て良かった。

 

 

そういって、紘一は香公子を単身赴任先に
連れていくことはありませんでした。

 

 

ストーリーな女たち 涙依存に苦しむ女たち Vol.6の結末

紘一の家は資産のある家でした。

 

 

お嫁さんが来る前からいつでも
暮らせるように新居がすでに用意されていたのです。

 

 

そんな住まいにどんなお嫁さんが来るのか?

 

 

近所の人も興味深々でした。

 

 

そこに、香公子が嫁ぎ、
周りの目は香公子へ…。

 

 

買い物をしていても、
近所を歩いていても…。

 

 

その息苦しさは耐えがたいものがあった。

 

 

香公子は次第に精神的におかしくなっていきます。

 

 

そのストレスのはけ口として、
過食へとすすんでいくのでした。

 

そして…。

 

ストーリーな女たち 涙依存に苦しむ女たち Vol.6の感想

育った生活環境から、
自分の本音を言えることが出来なくなった香公子。

 

 

そして、我慢し続けることで、
大人になって精神的におかしくなっていきます。

 

 

この漫画を見ると、
いい子になりすぎる。

 

 

我慢し続けることは
体に本当に良くないことがわかります。

 

 

しかし、この話の結末は、
ハッピーエンドに終わって良かったなぁ~。

 

 

と感じました。

 

 

一人でも自分のすべてを受け入れてくれる
人がいると変わるものですね。

 

 

「ストーリーな女たち 涙依存に苦しむ女たち Vol.6」は
BookLive!で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『ストーリーな女たち 涙』と検索してください。