おばさんマウンティング地獄のネタバレと感想【母子家庭にだけ風当たりの強いボスママ!?】

おばさんマウンティング地獄
作者名 :阪口ナオミ・小野拓実・桐野さおり・朝野いずみ・川島れいこ・汐見朝子
1巻完結

 
こんにちは!
「おばさんマウンティング地獄」を読みました。

 

 

ストーリーな女たちシリーズは、
実話を元に描かれているから怖いです。

 

 

この話もその一つです。

 

 

この漫画は全部で6部作となっています。

 

 

おばさんマウンティング地獄
・私は負けない!
・重たすぎるママ友
・教えてアゲル
・偽薬プラセーボ
・サロネーゼの女たち
・ゆる主婦バンザイ

 

 

そのうちの『私は負けない!』です。

 

 

この話は母子家庭のママだけを攻撃してくる
ママ友の話。

 

この話を読んでいると、

 

 

「母子家庭の何が悪い」

 

 

そんな風に思ってしまいますが…。

 

 

そのママ友は旦那さんもいて、
その地区のボス的ママだったのです。

 

 

地域のゴミ清掃の時には、
なぜか母子家庭のママをターゲットに
嫌味を言ってくる。

 

 

「母子手当で良い服を買っている」

 

 

「養育費もらっているんでしょ」

 

 

とか色々。

 

 

母子家庭になったのは、
離婚じゃなく夫との死別。

 

 

なのに、
勝手な思い込みで決めつける
ボスママに限界が…。

 

 

そんな時に、
ボスママの夫があり得ないことを
言い出したのです。

 

 

「おばさんマウンティング地獄」
無料お試し読みはコチラ
↓    ↓    ↓
>>>BookLive!
「おばさんマウンティング地獄」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

おばさんマウンティング地獄のネタバレ

「悪いね」

 

 

幼い娘 円を見てくれた弟にお礼を言う明日香。

 

 

明日香は夫を死別で亡くし、
母子家庭になりました。

 

 

そして、
昼間はパートに出て、
夜はスナックで働く。

 

 

幼い娘 円は弟に見てもらっていたのです。

 

 

夫は29歳で交通事故で亡くなり
今まで住んでいた場所からボロアパートへ。

 

 

田舎に住む両親を頼ることもできず、
近くに住む弟に協力してもらいながら
暮らしていました。

 

 

そして、1年が経ち生活も安定し始めた所で、
苦にもならなかったのですが…。

 

 

母子家庭にだけ風当たりの強いボスママ!

ある日、
町内のボランティア清掃に参加した時のこと。

 

 

「いいわね~」

 

 

この辺りのボスママ岡部さん。

 

 

岡部さんは明日香の服を見るなり、
母子手当で購入したの?いいわね!

 

と言ってきます。

 

 

服はもらいもの。

 

 

そう話す明日香に、養育費だって
もらっているはずなのに、ケチなのね。

 

 

そんな風に決めつけたように言ってきます。

 

 

明日香が反論すると…。

 

 

「うるさい!」

 

 

母子家庭を毛嫌いするように
キツイ言い方をするのでした。

 

 

それでも、
岡部さん以外のママ達は、
優しく接してくれます。

 

 

しかし、昼間のパートの話は出来ても
夜の水商売をしている話までは出来ませんでした。
そんな中、勤め先のスナックで
最近よく来るようになった
中年の男性。

 

 

その人が、母子家庭とわかると
明日香に露骨にいやらしいことを言ってきます。

 

 

のちにその男性が町内に住んでいると知って…。

 

おばさんマウンティング地獄の感想

母子家庭にだけ風当たりの強い町内の
ボスママ。

 

 

そんなボスママのターゲットにされてしまった明日香。

 

 

なぜそんなことが言えるのだろう?

 

 

という位酷いことを言ってきます。

 

 

理不尽な位にです。

 

 

 

そんなボスママ。

 

 

夫をキッカケに面白いことがわかるのでした。

 

 

「おばさんマウンティング地獄」はBookLive!で
読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『おばさんマウンティング地獄』と検索してください。