ウチの姑は色狂いのネタバレと感想【路上でキスをする68歳の姑?】

ウチの姑は色狂い!
~年をとっても女は女!?~
作者: 矢萩貴子
1巻完結

こんにちは!
「ウチの姑は色狂い! ~年をとっても女は女!?~」を
読みました。

 

 

この話は全部で5部作となっています。

 

ウチの姑は色狂い!
・ウチの姑は色狂い!
・あきれた女王サマ姑はリスカマニア
・淫乱金ヅルセレブ妻
・信じられないイジワル女
・大迷惑モンスター隣人

 

そのうちの『ウチの姑は色狂い!』です。

 

 

ストーリーな女たちは、
実話を元に描かれています。

 

 

これも実話です。

 

「女っていつまで”女”なのでしょうか?」

 

 

女といっても色恋のことで使う女です。

 

 

この漫画で出てくる姑68歳は、
まだまだ恋盛り。

 

 

確かに68歳にしては、
綺麗ですが、それでも見た目はもう老婆。

 

 

路上で同じくらいの男性とキスをする
姑を見て、嫁は恥ずかしくなります。

 

 

そんな、姑には5人以上の男友達がいて…。

 

 

「ウチの姑は色狂い! ~年をとっても女は女!?~」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓    ↓
>>>BookLive
「ウチの姑は色狂い」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

ウチの姑は色狂い! ~年をとっても女は女!?~のネタバレ

『げっ…』

 

 

嫁の亜弓が幼い娘と買い物に行っていると、
姑を発見する。

 

 

しかも、
姑は同じくらいの渋そうな男性と
抱き合っていたのでした。

 

 

今にもキスをしそうなそのシーンを見て、
『げっ』と思わずにはいられなかったのです。

 

 

「好き…」

 

 

姑は68歳で人妻。

 

 

つまり、不倫だったのです。

 

路上でキスをする68歳の姑?

『あの年で不倫…』

 

 

その光景に圧倒される亜弓。

 

 

そして、ついにキスをしてしまう。

 

『ひぇ…』

 

 

姑は道端でイチャ付き、
いい歳してキスをしようとする
姿に、歩行者もジロジロみていきます。

 

 

『この場を立ち去ろう…』

 

 

亜弓は姑に気づかれないように、
この場は見なかったことにしよう。

 

 

そう思って早々に立ち去ろうとすると…。

 

「バァバァだ!」

 

 

幼い娘がバァバァがいる~。
何で知らないおじいちゃんとキスをしているの?

 

 

そんな風に亜弓に聞いてきます。

 

 

「何しているんですか~!」

 

 

亜弓は何となく、
姑の所に駆け寄る。

 

 

すると、
嫁が来たと姑が話すと、
男性はその場を立ち去るのでした。

 

 

「素敵~」

 

 

男性の見送りながら、
姑は体をクネクネする!

 

 

その姿はまさに女だったのです。

 

 

「もしもしー」

 

 

男性が立ち去った後、
姑はまた誰かと電話をしていました。

 

 

電話の相手も男。

 

 

姑は家の電話でわかる限りで5人以上の男友達がいたのです。

 

 

そんな姑は3ヵ月前に
亜弓の家に来たのです。

 

 

ウチの姑は色狂い! ~年をとっても女は女!?~の感想

男性は生物的にいくつになっても
男というのは聞きます。

 

 

この漫画に出てくるお姑さんのような人を
みると女性も同じなのでしょうか?

 

 

姑の行動に驚くばかりだし、
嫁としては恥ずかしいですよね…。

 

 

「ウチの姑は色狂い! ~年をとっても女は女!?~」は
BookLive!で読むことが出来ます。

 

 

良かったら読んでくださいね。

 

 

BookLive!はコチラです。
「ウチの姑は色狂い」と検索してください。