私、モテるんです(漫画)のネタバレと感想・結末【勘違いママ友にイライラ?男にモテたって本当!?】

私、モテるんです
~デブス母、イケメン保育士にロックオン
作者:伊東爾子
1巻完結

 

こんにちは!
『私、モテるんです ~デブス母、イケメン保育士にロックオン』
を読みました。

 

 

この話は全部で5部作になっています。

 

 

ニート姉の歪み恋
・モテるんです
・身のほど知らず
・妄想警報
・スマホの達人
・仮面夫婦

 

 

そのうちの『モテるんです』です。

 

 

この話は勘違いママ友の話です。

 

 

そのママ友はどんな勘違いをしているのかというと、
『男にモテる』と思っていること。

 

 

『失礼だけど、本当の話なの!?』

 

 

周りのママ友が疑う位、
その女性は、太っていてお世辞にも綺麗と
言える人ではなかったのです。

 

 

学生時代から彼氏が途切れたことがない。
と話すママ友。

 

更に、

 

 

『彼氏がいない時って何をしているの?』

 

 

『恥ずかしくない?』

 

 

とビックリすることを話していました。

 

 

そんなママ友は、
更に保育園の男性保育士が自分に気があると
勘違いして?

 

 

『私、モテるんです
~デブス母、イケメン保育士にロックオン』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『私、モテるんです』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

私、モテるんです ~デブス母、イケメン保育士にロックオンのネタバレ

咲良は年中の娘がいました。

 

 

普段は、娘を幼稚園に預け、
時間がある時は仲良くなったママ友たちと
お茶をしていました。

 

 

いつもなら、夫のグチや子育ての
相談を話すことが多いのですが、
今回のお茶会は、話題が違ったのです。

 

 

それは、恋愛の話。

 

 

「若い時モテたんじゃないの?」

 

 

ママ友の一人が、
若い時に咲良はモテたんじゃないのか?

 

 

そんな風に聞いてきます。

 

 

「今は可愛くないっていいたいの~?」

 

そんな質問に、
咲良も冗談交じりで笑いながら答える。

 

 

咲良を交えて4人でお茶を
していて自然と昔の恋愛の話に
なります。

 

 

一人のママとは旦那さん以外知らないと話し、
もう一人のママ友は5人くらいお付き合いして、
結婚したと…。

 

 

「男って途切れないよね!」

 

 

ママ友の一人 真緒がそう言います。

 

 

『えっ!?』

 

 

咲良とママ友2人もそんな真緒の発言に
驚いてしまう。

 

 

なぜなら、真緒は太っていて、
顔もお世辞にも綺麗じゃなかったからです。

 

 

「意外っていうか…」

 

 

咲良はそんな真緒の発言につい、
本音をポロリ。

 

 

その後、
真緒は中学時代に男性と付き合い始めて
結婚まで男が途切れることはなかったと話すのでした。

 

勘違いママ友にイライラ?男にモテたって本当!?


『うそでしょ!?』

 

 

咲良は心の中でそう思う。

 

 

真緒の恋愛話は止まらない。

 

 

「皆もそうだと思っていた」

 

 

真緒は彼氏が途切れた時期があることに
本気で驚いていました。

 

 

そして、

 

 

「恥ずかしくなかった?」

 

 

彼氏がいないことが、
恥ずかしくなかった?
と話してきます。

 

 

「モテるんだね」

 

 

咲良は真緒がモテてたんだねっと話すと、
ものすご~く嬉しそうな顔をして。

 

 

「うそ!?やだ~モテるのかな?」

 

 

両手を顔で押さえながら得意そうに言うのでした。

 

 

『昔は痩せていたとか?』

 

 

『昔は可愛かったとか?』

 

 

咲良は真緒が昔は今と容姿が違ってたのかな?
など色々考えます。

 

 

私、モテるんです~デブス母、イケメン保育士にロックオンの結末

昔の恋愛話ををキッカケに、
咲良の態度は変わっていきます。
「愛されてなかったからよ~」

 

「私のような清楚な女子がモテた~」

 

 

ママ友をダメだししながら、
自分のモテ時代のことを話し始める咲良。

 

 

そんな、咲良の態度に、
いつもお茶をしていたママ友たちが、

 

 

『”ハッ!?”お前が言うか!?』

 

 

『清楚女子って自分でいっちゃう?』

 

 

と心の中で思ってはいたものの、
口には出しませんでした。

 

 

更に、咲良は自分の太った体形を気にもせず、
私がモテたってことは、私のような体系を好む男性が
多いという証拠。

 

 

モテ自慢は止まらない。

 

 

そんなこともあり、
咲良とママ友との関係も悪化していきます。

 

 

男にモテたは勘違い!?と思っていた咲良の話だが、
実話だったのです。

 

 

それを証明するある事件が幼稚園で起きようとしていました。

 

そして…。

 

私、モテるんです ~デブス母、イケメン保育士にロックオンの感想

子育て、旦那のグチなど普通に話している分には
なんの問題もなかったママ友。

 

 

しかし、恋愛の話になると、
何か違和感を感じてしまいます。

 

 

それは、自分はモテると思っていること。

 

 

『本当にモテたのだろうか?』

 

 

と疑いたくなるくらい、
見た目はお世辞にもキレイな人とは
言えなかった。

 

 

そんな違和感をキッカケに
ママ友トラブルへと発展していくのです。

 

 

『私、モテるんです ~デブス母、イケメン保育士にロックオン』
はBookLive!で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額で読むことが出来ます。

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『私モテるんです 』と検索してください。