【漫画】少女Aのネタバレと結末・感想【アダルト動画は女優への通り道?】

少女A
作者名 :つかさき有・新堂冬樹

 
こんにちは!
「少女A」を読みました。
最近、ラジオで耳にした話があります。

 

それは、
芸能人・女優を目指す若い女の子が、
アダルト動画に出演するという詐欺が相次いでいる。

 

 

という話でした。

 

 

この漫画を読んでいたらそのことを思い出しました。

 

 

しかし、この漫画は女優を目指していた18歳の女の子が、
承知してアダルド動画に出演したということ。

 

 

もちろん、
18歳の女の子はアダルト動画なんて出たくありませんでした。

 

 

しかし、女優を目指す人は沢山います。

 

 

その中で、活躍するようになるには、
茨の道を通ることは止むお得ない。
女優になるにはアダルト動画は
通り道でしかないのでしょうか?

 

 

そんな、18歳の女の子の覚悟とは?

 

 

「少女A」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLiveコミック
「少女A」と検索してください。
※登録無料

 

少女Aのネタバレ

『女優になる!』

 

 

強い意気込みで上京してきた小雪。

 

 

その日、
小雪はオーディションの二次審査を
受けにワールドプロという事務所を訪れていた。

 

 

「25番」

 

 

小雪の前の女の子が呼ばれ、
席を立つ。

 

 

その女の子はオーディションに応募したのは
母親で、自分は興味ない。

 

 

そう話します。

 

 

そんな、女の子を見て
小雪はだったらココに来ないでほしい。

 

 

そう思ってしまう。

 

 

しかし、審査員は、
正直に話すその子を見て
面白いと話すのでした。

 

 

「26番」

 

 

ついに小雪の番になります。

 

 

小雪は席を立ち、
夢や希望を与える女優になりたい。

 

 

そう力強く話す。

 

 

審査員はそんな小雪を見て、
鼻で笑います。

 

 

なぜなら、劇団出身の子は皆
同じような事を言うからです。

 

 

そして、あっさりと、
次の人の審査にうつろうと
していました。

 

 

「自己PRもまだ…」

 

 

小雪がそう話すと、
審査員は小雪の審査はもう終わている。

 

 

そう冷たくあしらう。

 

 

小雪はそんな審査員に我慢できなくなり、

 

 

「後悔させてやるから!」

 

 

そう話すと、審査会場を後にするのでした。

 

アダルト動画は女優への通り道?

都会のビルの間に座り込む小雪。

 

 

『泣くもんか…』

 

 

今にも涙がこぼれそうな顔をしていました。

 

 

「待ち合わせ?」

 

 

そこに、1人の男性が話しかけてきます。

 

 

チャラいナンパかと思って、
その場を離れようとすると…。

 

「芸能事務所の…」

 

 

その男性は小雪に名刺をだし、
芸能事務所のスカウトをしている出井と名乗ります。

 

 

小雪は出井に
今日の2次審査のことを話す。

 

 

納得いかなくて、
審査中に飛び出してきたと…。

 

 

「うちに来ない?」

 

 

出井は小雪をスカウトします。

 

 

小雪は女優になりたくて、
出井の誘いにのり、リップグロスという事務所を
訪れる。

 

 

出井は小雪より5つ上の23歳。

 

 

事務所に入るのに、
レッスン料も登録料もいらない。

 

 

出井はそう話す。

 

 

小雪は憧れの女優 芹沢悠がいました。

 

 

そのことを話すと、
出井は1枚の画像を見せます。

 

 

それは、芹沢悠のグラビア時代の
写真。

 

 

顔が今とは違う事に気が付きます。

 

 

芹沢悠は整形をしていたのです。

 

 

「ガッカリです」

 

 

小雪は芹沢悠が整形していることに
ガッカリする。

 

 

しかし、出井はそんな小雪にガッカリした。

 

 

そういいます。

 

 

その理由は小雪が女優になるなら
どんな茨の道でも突き進める子だと
思っていたからです。

 

 

「なかったことにしてくれ」

 

 

出井は、小雪を帰そうとします。

 

少女Aの結末

小雪は事務所を出て街中を歩いていた。

 

 

その時、

 

 

「ねぇ」

 

 

知らない男が声をかけてくる。

 

 

「ごめんなさい。うちのタレントなの」

 

 

そこに、リップグロスの中川さんが
その男に対してそう話します。

 

 

その男は悪徳のキャバクラスカウトだったのです。

 

 

中川さんはもう一度小雪を説得し、
事務所に戻ります。

 

 

「何しに戻った?」

 

 

出井は小雪が戻ると、
冷たく言いはなつ。

 

 

そんな出井に小雪は1枚づつ服を
脱ぎ始めて…。

 

 

少女Aの感想

 

 

女優を目指す小雪は、
地方から東京へ2次審査を受けにきます。

 

 

しかし、そこの事務所では、
冷たくあしらわれるだけでした。

 

 

途方にくれて、
ビルの間で座っていると、
芸能事務所の出井に声を掛けられる。

 

 

そこから、小雪の人生は茨の道へと
歩みはじめたのでした。

 

 

「少女A」はBookLive!コミックで読むことができます。

 

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!コミックはコチラです。
「少女A」と検索してください。