SNSに堕とされる女たち1話のネタバレと結末・感想【既読スルーの意味?色んな感情が入り混じる!?】

SNSに堕とされる女たち
作者名 :廻 ・青咲るそう ・縛
1巻完結

 

こんにちは!
「SNSに堕とされる女たち」を読みました。

 

この漫画は全部で4部作となっています。

 

SNSに堕とされる女たち
・  既読スルーされる女
・ 世界中誰も助けてくれない
・匂わせる女の優雅な日常
・ 悪意の作られ方

そのうちの第1話『既読スルーされる女』です。

 

 

この話は既読スルーについて描かれています。

 

 

既読スルーされると、
ちょっと傷つきますよね…。

 

気にしない…。

 

と思っていても、

 

 

『なんで返信くれないだろう?』

 

 

『スタンプだけなら時間もとらないじゃん』

 

 

『嫌われているのかな?』

 

 

『何か変な事したっけ?』

 

 

とにかく、相手がどう思っているのかも
わからないのに、既読スルーされると、
だんだん不安になったりします。

 

 

後になってから、

 

 

『なんだそうだったのか!』

 

 

相手の状況を考えると納得することも
ありますが、やっぱりその時、心配・不安になるものですよね。

 

 

そんな、あるある話と一緒に、
怖いアラフォー女性も描かれていました。

 

 

こんな人には注意?LINEを使っている人なら、
読んでみた方が良いのかもしれませんね。

 

 

『SNSに堕とされる女たち』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『SNSに堕とされる女たち』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

SNSに堕とされる女たち1話のネタバレ

「乾杯ーーーー!」

 

 

今日は会社の経理部と営業部合同の飲み会に参加していた
経理部 泉明希。

 

 

その隣には、営業部の川西和樹が座っていました。

 

 

「面白いね」

 

 

明希と話している和樹が突然そう言います。

 

 

今まで姉御肌と言われて続けていた明希に
とって、和樹にそう言われたことは新鮮だったのです。

 

 

そして、キョトンとしてしまうのでした。

 

 

「良い感じじゃーーん」

 

 

和樹と明希をみていた同僚が
2人を冷やかす。

 

 

その姿を、
唇を噛みながら悔しそうに眺める女性がいたのです。

 

 

その女性は営業事務の迫田かおり。

 

 

迫田は和樹のことが気になっているようでした。

 

 

 

そんな飲み会がキッカケで、
明希は和樹と連絡を取り合うようになります。

 

 

『本貸そうか?』

 

 

『明日が楽しみ~!』

 

 

LINEでポンポンメールを送り合う2人。

 

 

 

『デートに誘ってくれない?』

 

 

そして、本を貸すお礼として、
デートに誘って。

 

 

そんな風にお誘いされる明希なのでした。

 

 

突然の和樹のメールにビビってしまう明希。

 

 

それはどういった意味なのだろうか?

 

 

そんな風にも考えてしまいます。

 

既読スルーの意味?色んな感情が入り混じる!?

『意識してしまう…』

 

 

昨日のメールから和樹を意識してしまう明希。

 

 

「トイレ多くない?」

 

 

たまたまトイレにいた
迫田に声を掛けられます。

 

 

そして、明希にいきなりスマホを見せる。

 

その内容は、和樹とのメールのやりとりでした。

「特別扱いされて困る」

 

 

そう言う迫田。

 

 

思いっきり事務連絡なのに、
迫田は、和樹に特別扱いされている。

 

 

そんな風に勘違いしていたのです。

 

 

明希は、
和樹は清楚系女子が
好きみたいですよ。

 

 

と教えてあげます。

 

 

しかし、迫田の服装は、
露出の多い服装で、その日もミニスカートをはいていました。

 

 

そして化粧が濃い。

 

 

全然、清楚系女子とはかけ離れていたのです。

 

 

そのことを言われた迫田は、
明希にイライラする。

 

 

 

怒っている迫田に感づいた明希は
怖くてスグにトイレを出ていくのでした。

 

 

そして、その日から、
なぜか和樹から既読スルーされるようになります。

 

 

その理由がわからないまま、
明希はネガティブな感情になってしまう

 

SNSに堕とされる女たち1話の結末

 

和樹にメッセージを送ると、
スグに既読になる。

 

 

しかし、返信はありませんでした。

 

 

「返信する時間位あるよね?」

 

 

スタンプだけとか、簡単に返信すれば、
どんなに忙しくたって送れるでしょ?

 

 

そう思った明希はだんだん、イライラしてきます。

 

 

「何か気に障ることでもいったかな?」

 

 

そして、和樹に何か変な事したか?
とだんだん不安になる明希なのでした。

 

 

しかし、これには訳があったのです。

 

その訳とは…。

 

SNSに堕とされる女たち1話の感想

既読スルー、LINEを登録している人なら
一度は経験したことがあるんじゃないかと思います。

 

 

そんな、既読スルーをキーワードにした
この「SNSに堕とされた女たち」は共感するところも
沢山ありました。

 

 

既読スルー心理は、
やっぱり理由があるし、
悪いことばかりでもないということも
描かれています。

 

 

しかし、いろんな人がいるから、
LINEは便利だけど、気を付けないと
いけない所もありますよね…。

 

 

「SNSに堕とされる女たち」はBookLive!で
読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『SNSに堕とされる女たち』と検索してください。

 

 

 

 

SNSに堕とされる女たち2話ネタバレと結末・感想【パワハラ動画は偽物!?上司をハメる女】

2019.07.18