赤ちゃんポスト~なかったことにされた命~のネタバレと感想【赤ちゃんを捨てたい?未婚の母子家庭の事情】

赤ちゃんポスト
~なかったことにされた命~
作者名 :ゆうみ・えこ
1巻完結

 

こんにちは!
「赤ちゃんポスト~なかったことにされた命~」を読みました。

 

 

この話は全部で5部作になっています。

 

 

赤ちゃんポスト~なかったことにされた命~
・赤ちゃんポスト
・キレイの幸せ
・家族が欲しい
・ママへ…
・笑顔が戻るまで

 

 

そのうちの『赤ちゃんポスト~なかったことにされた命~』です。

 

 

この話は、
結婚をせずに子供を産んた女性の話。

 

 

つまり、未婚のシングルマザーということです。

 

 

彼女は産む前までは
赤ちゃんを大切に育てようと思っていました。

 

 

しかし、
産んでから赤ちゃんを捨てようと思うようになります。

 

 

その原因は、男に騙されたからです。

 

 

彼女は男に裏切られ赤ちゃんを育てるお金も
その気力も失っていました。

 

 

そして、
赤ちゃんポストに赤ちゃんを一度は入れる。

 

 

しかし、
預けたことから、
人生が変わっていきます。

 

 

これが実話を元に描かれているから
驚いた話でした。

 

 

「赤ちゃんポスト~なかったことにされた命~」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
「赤ちゃんポスト」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

赤ちゃんポスト~なかったことにされた命~のネタバレ

この話は千葉県に住む30歳女性の実話です。

 

「はぁ…はぁ…」

 

 

杏奈はバックの中に産まれたばかりの赤ちゃんを入れて
ある所へ向かう。

 

 

そこは、赤ちゃんポストでした。

 

 

ロッカーのようなポストの扉を開けると…。

 

 

『もう一度赤ちゃんのことを…』

 

 

1枚のメモのようなものが置いてありました。

 

 

それは、
赤ちゃんをもう一度考えなおしたいときは、
相談してください。

 

 

そんな内容でした。

 

 

そのメモを捨てると、
躊躇なしに泣いている赤ちゃんを赤ちゃんポストへ
入れる杏奈。

 

 

「痛い…」

 

 

杏奈は、出産したばかりだったようで、
股から流血がすごかった…。

 

 

そのまま、赤ちゃんポストの目の前で
倒れてしまうのでした。

 

赤ちゃんを捨てたい?未婚の母子家庭の事情

「病院?」

 

杏奈が気が付いた時には、
病院のベッドの上でした。

 

 

「起きてはダメですよ」

 

そこに、見ず知らずのおばさんが現れます。

 

 

その人は、乳児院の牧田さんといいました。

 

 

「お金がない…」

 

 

入院するほどのお金がない。

 

 

そう杏奈が話すと「大丈夫」と牧田さんはいいます。

 

 

お金のことは心配しないで良い。

 

 

 

そう話します。

 

 

そして、

 

 

「無事保護されていますよ」

 

 

杏奈が産んだ赤ちゃんは、
無事保護された。

 

 

まずは体を休むように言われます。

 

 

「結婚するか!」

 

 

杏奈は付き合っている男性がいました。

 

 

その人との間に子供が出来て、
結婚まで考えていたのです。

 

 

杏奈のお腹も大きくなって、
出産も間近にせまったころ。

 

 

「これだけあれば…」

 

 

杏奈はその男性に通帳を見せて、
子供がいても生活できるお金が
あることを伝えのでした。

 

 

しかし、その後…。

赤ちゃんポスト~なかったことにされた命~の感想

赤ちゃんを育てようとしていた女性が、
男性に騙されたことで、その赤ちゃんを手放そうとしていました。

 

 

一度は赤ちゃんポストに赤ちゃんを捨てた杏奈も
乳児院の牧田さんと出会ったことで、
考え方が変わっていく話でした。

 

 

しかし、それまでの葛藤や苦悩、
赤ちゃんを育てるというプレッシャーに
苦しむ杏奈をが描かれています。

 

 

一度は捨てた赤ちゃん。

 

 

しかし、自分の産んだ赤ちゃんはやっぱり
カワイイものですよね…。

 

 

「赤ちゃんポスト~なかったことにされた命~」
はBookLive!で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。
BookLive!はコチラです。
『赤ちゃんポスト』と検索してください。