隣のフグ女のネタバレと感想【通報・文句・噂!過干渉すぎる近所のおばさん?】

隣のフグ女
~有毒ババァの妄言垂れ流しっ~
作者名 :北上祐帆
1巻完結
こんにちは!
「隣のフグ女~有毒ババァの妄言垂れ流しっ~」を
読みました。

 

 

これは実話なのだろうか?

 

 

この話は迷惑なご近所の話です。

 

しかも、迷惑とは

 

 

余生なお世話だ!と言いたくなるくらい、
過干渉なおばさんの話です。

 

 

家が密集していたり、
マンションやアパートなどで暮らしていると
自然に隣の生活が見えることもあります。

 

 

しかし、このおばさんは自ら
人の家をのぞき、生活に物申す。

 

 

そして、気に入らないと、
児童相談所や学校に通報するのでした。

 

 

 

たちが悪いのは、
このおばさんは良いことをしている。

と思っていること。

 

 

 

良いこととは、
通学する子供達に勝手にお菓子をあげたり、
布団を取り込んであげたり…。

 

 

しかし、子供はアレルギーがあったり、
布団も勝手に人の庭に入って布団を取り込んだり。

 

 

つまり、不法侵入ですよね(笑)

 

 

こんな人いるんですね…。

 

 

過干渉すぎると、
息がつまりそうです。

 

 

「隣のフグ女~有毒ババァの妄言垂れ流しっ~」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
「隣のフグ女」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

隣のフグ女~有毒ババァの妄言垂れ流しっ~のネタバレ

念願のマイホームを購入した大原さん一家。

 

 

マンションの1階の1室を購入します。

 

 

大原さんの奥さんがなぜこのマンションを
購入したかというと、庭付きだったからです。

 

 

その時は
念願のガーデニングが出来ると
ウキウキしていました。

 

 

早速、草ボウボウの庭の草取りをしていた奥さん。

 

 

ガーデニングをする準備をしていました。

 

引越して1ヶ月頃…。

 

 

「庭を綺麗にしたところで…」

 

 

どこかから、声が聞こえる。

 

 

それは、明らかに大原さんの
奥さんに話しているような感じでした。

 

 

その話は、
庭を綺麗にしたところで、
他のお宅の庭が汚いから意味がない。

 

 

そういう話でした。

 

 

大原さんの奥さんが当たりをみわたすと、
”ギョッ”とする。

 

 

塀から誰かが見ていたのです。

 

 

その人は、
マンションお向かいの
河豚田さんという叔母さんでした。

 

 

河豚田さんは初めて会うなりマシンガントークを
してくる。

 

 

お宅の旦那さん怖そうとか…。

 

 

子供が小さいうちからスーパーに
働くなんて子供がかわいそうとか…。

 

 

上から目線で、
初対面とは思えない話をしてきます。

 

 

しかも、なぜ家庭事情を知っているのか不思議でした。

 

 

庭を綺麗にしようとしていたのに、
河豚田さんの登場でやる気が失せた
大原さんの奥さん。

 

 

そして、家の中を覗かれていることに気が付きます。

 

 

大原さんの家は塀や家に囲まれていたため
誰からも見えない。

 

 

そう思っていたのに油断していた。
と感じるのでした。

 

 

通報・文句・噂!過干渉すぎる近所のおばさん?

その後も、勝手に布団を取り込まれたり…。

 

 

布団を引き取りに河豚田さんの自宅へあがると
ベラベラと人の噂話をし放題。

 

 

毒を吐き続けます。

 

 

そんな河豚田さんの話を聞いて、
ゲッソリしている大原さんの奥さん。

 

 

その時、娘にはアレルギーがあって
給食もお弁当を持っている程だから
お菓子はあげないでほしい。

 

 

そう河豚田さんにお願いします。

 

 

しかし、河豚田さんはその話も
聞いているのかいないのか?

 

 

自分の話ばかりしていたのです。

 

そんなある日…。

 

隣のフグ女~有毒ババァの妄言垂れ流しっ~の感想

ご近所に過干渉すぎるおばさんがいたら…。

 

 

根ほり葉ほり聞かれたらいやになりそうです。

 

 

結局そういったことで、
ストレスをためて最後には爆発する
大原さん一家が描かれていました。

 

 

しかし、こういった叔母さんはなぜ自分が
怒られているのか理解できない。

 

 

こういった人がいると、
ご近所も大変かもしれませんね。

 

 

「隣のフグ女~有毒ババァの妄言垂れ流しっ~」は
BookLiveで読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 
BookLive!はコチラです。
『隣のフグ女』と検索してください。