信じる者は救われないのネタバレと感想【占いにハマりすぎる怖さ!?人生は占いに左右される?】

信じる者は、救われない!
~博美36歳は、占い依存の女~
作者:池田ユキオ
こんにちは!
『信じる者は、救われない!~博美36歳は、占い依存の女~』
を読みました。

 

 

占いが好き。

 

 

女性は結構占い好きな人が多いですよね。

 

 

私も好きな一人ではありますが、
それでもこの漫画に登場する主人公まで
いくとちょっと怖いかも!?

 

 

と思ってしまいました。

 

 

この漫画は、
占いにハマりすぎる
主人公が描かれています。

 

 

占いは自分の都合の良いように解釈することもできるし、
信じないこともできます。

 

 

しかし、この女性は占いが自分の人生を左右する。

 

 

と言っていいくらい。

 

 

その通りに行動するのでした。

 

 

そんな彼女は最後、都合の良いように解釈をして
痛い目を見てしまいます。

 

 

占いのハマり過ぎにも注意が必要ですね…。

 

 

『信じる者は、救われない!~博美36歳は、占い依存の女~』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『信じる者は』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

信じる者は、救われない!~博美36歳は、占い依存の女~のネタバレ

『私は占いが好き』

 

 

36歳博美は占いが好き。

 

 

その占い好きは度が過ぎていた…。

 

 

いい雰囲気の彼氏と2回目のデート。

 

 

ランチを選ぶ時も…。

 

 

「もしもし…」

 

 

スマホ片手にトイレに駆け込み、
占いのミストラル先生に電話をする博美。

 

 

それは、デート中にもかかわらず、
どのランチを食べるべきか!?

 

 

それだけで、占いの先生に聞くのでした。

 

 

ランチを選ぶだけで、
時間をとる博美の態度に、
彼もイライラしてきます。

 

 

そして、2回目のデートにして
失敗に終わるのでした。

 

 

「占いもほどほどに…」

 

 

次の日会社に行くと、
後輩の里菜にデートの様子を聞かれます。

 

 

そして、
占いで男を決めている博美に
占いもほどほどに…。

 

 

そのうち幸せまで逃がしてしまいますよ~。
と言われてしまいます。

 

 

その日の夜も博美は
ミストラル先生に電話をする。

 

 

そこで、里菜が恋路の邪魔をしている。

 

 

そう話します。

 

 

「契約切り…」

 

 

次の日、
博美は派遣だった里菜を
突然契約終了にする。

 

 

「おかしんじゃないの!?」

 

 

里菜はその日激怒し、
会社を辞めていくのでした。

 
それは、博美がきっと占いで
里菜を派遣切りさせたと思っていたからです。

 

占いにハマりすぎる怖さ!?人生は占いに左右される?

「ちょっといいですか」

 

 

そんな中博美は、
婚活に出ていました。

 

 

そして、宮前アキラというイケメン男性と
出会います。

 

 

アキラは国家公務員で、
3男、初婚と言ってくる。

 

 

博美の理想のタイプだったアキラ。

 

 

そして、その日2人はカップルと
なります。

 

 

しかし、その日の婚活会場で女性達が噂をする。

 

 

アキラは他の婚活会場でも見た。

 

 

名前が違う…。

 

 

明らかに怪しい人物だったはずなのに、
博美はアキラにハマっていくのでした。

 

 

そして…。

信じる者は、救われない!~博美36歳は、占い依存の女~の感想

占い好きな女性はよく見かけます。

 

 

どの占い師が当たる!

 

 

ここの占い行くといいよ!

 

 

とか聞いているとワクワクしますが、
信じすぎも良くない気がしました。

 

 

博美は過度な占い好きで、
何でも占いで決めてしまう。

 

 

しかし、
都合の悪いことは
聞き入れようとしませんでした。

 

 

その結果?とんでもないことに
なってしまいます。

 

 

占いもほどほどが良いかもしれません。

 

 

「信じる者は、救われない!~博美36歳は、占い依存の女~」
はBookLive!で108円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 
BookLive!はコチラです。
『信じる者は』と検索してください。