わたし、映えてる?~SNSの痛い女3巻のネタバレと結末・感想・無料お試し読み【家に隠しカメラまで!?真琴の気持ち悪すぎる行動とは?】

わたし、映えてる?~SNSの痛い女
作者名 :浅野まいこ
3巻未完結

 
こんにちは!
『わたし、映えてる?~SNSの痛い女』3巻を読みました。

 

 

真琴という女性の存在が気になって
ここまで読んでしまった私です。

 

 

『何が悪いのだろうか?』

 

 

『なぜ私は嫌われてしまったのだろうか?』

 

 

場の雰囲気を壊していることも、
相手を不快を与えていても、
気が付かない人っているのかもしれませんね…。

 

 

真琴はこの3巻で
なぜ皆が怒っているのか、
なぜ嫌われたのかわからずにいました。

 

 

 

実際、里桜の真似をして、
里桜の持っているもの自体を
乗っ取ろうとしていた真琴。

 

 

真琴はこの3巻で、
やりすぎてしまったのです。

 

 

仕事も里桜の代わりに出来る。

 

 

と言っておきながらできなかったり…。

 

 

更に、家には隠しカメラまで設置。

 

 

それに気が付いた里桜は…。

 

 

真琴の結末はどうなるのでしょうか?

 

 

「わたし、映えてる?~SNSの痛い女」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
「わたし、映えてる」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

わたし、映えてる?~SNSの痛い女3巻のネタバレ

「うわあああああ!」

 

 

里桜の彼氏 遼平は驚く…。

 

 

それは、真琴がいきなり抱き着いてきたからだ。

 

 

具合が悪くなった真琴を
自宅まで送っていった遼平。

 

 

その後、真琴の奇妙な部屋に驚きます。

 

 

それは、
里桜と全く同じインテリア
似たような部屋だったから。

 

 

そのあと、遼平の胸に抱き着き、
自分が里桜だと話すのです。

 

 

遼平は気持ち悪さでパニックになります。

 

 

「すみません。こちらの香水…」

 

 

その時、里桜は香水のお店にいました。

 

 

遼平からプレゼントされた香水を
店員に見せ、これと同じものを買った女性が
いないか聞いていたのです。

 

 

すると…。

 

 

「あの人かしら…」

 

 

思い当たるようでした。

 

 

里桜は前に2人で自撮りした真琴の
写真を店員に見せます。

 

 

すると、この人で、
やっぱり知り合いだったのね。

 

 

そうニッコリ店員は笑うのでした。

 

 

『ゾクッ』

 

 

なぜ真琴がこのお店と香水のことを知っているのか?

 

 

それは、まるで遼平と一緒に
香水を買っていた所を見ていたのでは!?

そう思ってしまう里桜なのでした。

 

家に隠しカメラまで!?真琴の気持ち悪すぎる行動とは?

『話したい…会いたい…』

 

 

そこへ遼平から里桜に電話があります。

 

 

それは真琴のことで、
会って話したい。

 

 

そういう話でした。

 

 

「なんでこんなことを…?」

 

 

なぜ真琴がこんなことをするのか、
遼平は意味不明でした。

 

 

里桜は自分のすべてを真琴は
欲しいのかもしれない…。

 

 

そう話します。

 

 

「何これ!」

 

 

そこに、真琴から1通のメールが
里桜のスマホに届きます。

 

 

それは、
さっき遼平と真琴が抱き合った
写真だったのです。

 

 

最初はショックを受けた里桜だが、
良くみると、すぐその写真が変なことに
気が付く。

 

 

「この写真誰が撮ったの?」

 

 

それは、真琴の部屋で、
真琴と遼平2人が映った写真でした。

 

 

誰もいない部屋なのに、
なぜ2人が映った写真が撮れたのか?

 

 

それは、隠しカメラが設置されているとしか
思えなかったのです。

 

 

真琴の真相がわかり始めて、
二人は更に”ゾッ”としてしまうのでした。

 

 

わたし、映えてる?~SNSの痛い女3巻の結末

「部屋の中もそっくりだった」

 

 

遼平は思い出しかのように、
真琴の部屋は里桜の部屋とそっくりだった。

 

 

そう話します。

 

 

「もしかしたら…」

 

 

里桜のSNSの炎上ももしかしたら、
真琴なのでは!?

 

 

そう思い始める遼平。

 

 

悪質なリプの送り主さえわかれば…。

 

 

そう思っていいると…。

 

 

「進行はどうなっているの?」

 

 

翌日会社にいくと、
真琴が上司に怒られていました。

 

 

それは、里桜の代わりにバスツアーを
の進行をしていたのに、上手く進んでなかったから。

 

 

「大丈夫です」

 

 

それでも、真琴はまだ大丈夫
そう話します。

 

 

更に、真琴は里桜の代わりに進行する。

 

 

と申し出ていたのです。

 

 

しかし、事は上手く運ばず、
結局里桜の協力でバスツアーは成功に終わります。

 

 

「変貌ぶりが…」

 

 

その頃、
里桜を真似した真琴の変貌ぶりが
ヤバいと同僚の中で噂になっていました。

 

 

更に、同僚があることに気が付きます。

 

 

それは…。

 

わたし、映えてる?~SNSの痛い女3巻の感想

「悪いことを悪いと思わない…。」

 

 

「なぜ、人が怒っているのかわからない。」

 

 

人を不快にさせているのに、
なぜ自分が悪かったのか?

 

 

何が悪かったのかがわからない真琴。

 

 

その感覚が、
里桜やそのほかの同僚を気持ち悪いくらい”ゾッ”と
させます。

 

 

真琴が最後どうなったか、その結末を見せくださいね。

 

 

『わたし、映えてる?~SNSの痛い女』はBooklive!で
216円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『わたし、映えてる』と検索してください。