産み捨て女バカ一代のネタバレと感想【子供が可愛くない!?産んでは蒸発する女】

産み捨て女バカ一代
~日本全国、7人子捨て~
作者:矢萩貴子
1巻完結

 

 

こんにちは!
「産み捨て女バカ一代~日本全国、7人子捨て~」を読みました。

 

 

ストーリーな女たちは実話を元に描かれていることが
多く、この話も実話のようです。

 

 

この話は全部で6部作となっています。

 

 

産み捨て女バカ一代~日本全国、7人子捨て~
・産み捨て女バカ一代~日本全国、7人子捨て~
・過去の代償
・哀しいストーカー
・ギロチン母
・悪い嫁
・無縁の鬼たち

 

そのうちの『産み捨て女バカ一代~日本全国、7人子捨て~』です。

 

 

「子供が一番」

 

 

我が子が一番と子供を愛する母親もいれば…。

 

 

「子供可愛くない!」

 

 

子供が可愛くない。

 

 

男と一緒にいたい。

 

 

 

そんな母親もいます。

 

 

この漫画に出てくる母親は思いっきり後者の方で、
子供よりも男。

 

 

といった感じでした。

 

 

そして、子供を産んでも「母親」ではなく
「女」そのものでしたね。

 

 

彼女は17歳で子供を産み、
子供を産んでは蒸発を繰り返した女性の話です。

 

 

「産み捨て女バカ一代~日本全国、7人子捨て~」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
「産み捨て女」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

産み捨て女バカ一代~日本全国、7人子捨て~のネタバレ

「オギャア…オギャア…」

 

 

17歳のあけみの家には、
赤ちゃんがいました。

 

 

戸籍上ではあけみの弟になっていましたが、
本当はあけみが産んだ子供だったのです。

 

 

しかし、
あけみは自分の子でもありながら、
赤ん坊の面倒を見るのを嫌がりました。

 

 

「おシメ替えたの!?」

 

 

赤ちゃんが泣いているのに、
楽々お菓子を食べるあけみ。

 

 

そして、赤ちゃんに見向きもしない娘を見て
母親は呆れながらも怒鳴る。

 

 

「用意しなさい!」

 

 

ミルクを用意するように母親に
言われると、なんで自分ばっかしないと
いけないの!?

 

 

自分の子なのに、
そんな風に思ってしまうのでした。

 

 

子供が可愛くない!?産んでは蒸発する女

17歳であけみが妊娠したキッカケはナンパ。

 

 

あけみはナンパされた男と一夜を共にし
なんと、初体験で妊娠してしまったのです。

 

 

知識がないあけみは、
妊娠していることも”つわり”にも気が付かない。

 

 

そして、
気が付いた時にはもう堕ろすことが
出来ない状態になっていました。

 

 

子供を出産した後、
あけみは子供に愛情が持てませんでした。

 

 

育児は常に母親任せ。

 

 

そして、
子供が3歳になった頃あけみは
蒸発したのです。

 

 

あけみはその日、
母親と育児のことでモメていました。

 

 

イライラしたあけみは街へと出かける。

 

 

「ひとり?」

 

 

そこで、1人の男にナンパされます。

 

 

あけみは、久しぶりに男に”女”としてみられ、
嬉しくて楽しくてたまらなかった。

 

 

そして、またその男と一夜を共にします。

 

 

その男はトオルといって、
トラックの運転手をしていました。

 

 

その日、長崎へ帰るとトオルはいいます。

 

「一緒に来るか?」

 

 

そして、
トオルに誘われるたあけみは、
「行く」と返事し、子供を置いて蒸発するのでした。

 

 

その後も…。

 

 

産み捨て女バカ一代~日本全国、7人子捨て~の感想

ナンパされた相手と一夜を共にし、
初体験で妊娠。

 

 

あけみは17歳で子供を出産します。

 

 

その後、あけみは自分の子が可愛くなく、
育児は母親任せとなります。

 

 

育児で母親とモメ、
子供が3歳の時にあけみは
知り合ったトラック運転手の男と
蒸発。

 

 

その後も、あけみの行動はすごいものでした。

 

 

「子供が可愛くない」

 

 

そう思う女性も中にはいると思いますが
あけみは人並み外れてすごい母親でした。

 

 

こんな人もいるんですね…。

 

 

実話だから驚く話です。

 

 

「産み捨て女バカ一代~日本全国、7人子捨て~」
はBookLive!で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 
BookLive!はコチラです。
『産み捨て女』と検索してください。