マタしてもクロでしたのネタバレと感想【浮気→謝罪の繰り返し?そんな妻の対応は?】

マタしてもクロでした
作者名 :うえみあゆみ
3巻未完結

 
こんにちは!
「マタしてもクロでした 」を読みました。

 

 

この話を読んでイライラしてしまいました。

 

 

その内容は、
夫は浮気をし妻に謝罪。

 

 

1回で反省してくれるなら、
まだ救いようがあります。

 

 

 

しかし、夫は浮気をして、
すごく反省をしたように思えるのですが、
また同じことを繰り返すのです。

 

 

浮気がバレた時は、

 

 

「皿洗いをする」

 

 

「離婚しないでくれ!」

 

 

「家事も手伝う」

 

 

何でも言うことを聞くようなことを言いながら、
謝罪します。

 

 

結局夫は、口だけだったのです。

 

 

つまり、その時だけで、
家事などしません。

 

 

とにかく、
夫の言動や行動にイライラしてしまった私です。

 

 

こんな夫いたら、本当に酷すぎる…。

 

 

 

 

生活(見せたくない所)は妻とすごし、
おいしい所(恋や性欲)は別の女で求める。

 

 

妻は何のために、
いるのだろうか?

 

 

夫の家政婦ではない!とうことを
いってやりたいくらいになります。

 

 

「マタしてもクロでした 」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
「マタしてもクロ」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

マタしてもクロでしたのネタバレ

「申し訳ありませんでした」

 

 

3回目の浮気が妻にバレた時、
夫は土下座をしてなきながら謝ります。

 

 

しかし、妻はこう思う…。

 

 

『浮気は治らない』

 

 

夫の浮気は治るとは思えない。

 

 

それは、
もうしないと言いながらも
3度目の浮気だったからだ。

 

 

離婚する気のない妻は思う。

 

 

『自分の中で解決すべきなのだろうか?』

 

 

夫の浮気を探らなければ、
見つからない。

 

 

浮気をしているのを知っていながら、
見て見ぬふりをするのが平穏に暮らせるかも
しれないと…。

 

 

浮気→謝罪の繰り返し?そんな妻の対応は?

それから8年が経過していました。

 

 

娘は高校生になり、
息子は小6になっていました。

 

 

平穏な朝食をとっていたのです。

 

 

しかし、食事は3人分でした。

 

 

夫はというと、
2,3日に1度くらいしか帰宅をしない。

 

 

そして、夫が自宅へ帰ってくると、
テーブルに座り、足の皮を抜きながら
スマホをいじっていました。

 

 

誰か付き合っている女性がいるのか、
メールをピコピコ打っているようにも見えました。

 

 

『誰にメールをしているの?』

 

 

そんな風にも問いただすこともなく、
妻は見て見ぬふり…。

 

 

実質3人のような暮らしだが、
洗濯物は4人分。

 

 

夫は洗濯をため込んで帰宅していたのです。

 

 

『トイレ掃除します』

 

 

『洗濯します』

 

 

浮気がバレたとき、
夫は土下座をしながらそんなことを
言っていた。

 

 

しかし、そんなことする気配すらなく、
結局家事はすべて妻がしていたのです。

 

 

妻は生活しながら時々、
『孤独』、『不安』に襲われる。

 

 

それは、今後、
こんな夫と暮らす将来を考えてしまうから。

 

 

「上に乗っていい?」

 

 

小6の息子が横になっている母親の上に乗かってくる。

 

 

すると、娘も一緒に母をイス替わりに
おっかかってくるのでした。

 

 

母親はそんな子供達に癒され、
ほのぼのして、平穏な暮らし。

 

 

子供達とは良い楽しい生活を過ごせていたのです。

 

 

しかし、夫との関係は良いとは言えませんでした。

 

 

そんなある日、
息子が驚くことを聞いてくる。

 

 

それは、

 

 

「パパに彼女がいたらどうする?」

 

 

そんな質問をしてきたのです。

 

 

そんなことを聞いてきた訳は…。

 

マタしてもクロでしたの感想

夫の浮気の繰り返し。

 

 

そのせいで、妻は自分が何も詮索しなければ、
ケンカすることもない。

 

 

と、夫の浮気を見て見ぬふりをするようになります。

 

 

そうなってから、8年。

 

 

子供達と穏やかに生活をしていました。

 

 

しかし、夫は2、3日に1度帰宅する程度。

 

 

それは、きっと女の所に泊まっていると
予測ができました。

 

 

そして、家に居てもスマホで誰かと
連絡をとっているようでした。

 

 

家では足の皮を抜いて、
ポロポロ床に落とす所とか、
汚い所は妻に見せ。

 

 

綺麗な所は彼女に見せる。

 

 

「妻を一体なんだと思っているんだ!」

 

 

怒りが込み上げてこずにはいられなかったです。

 

 

妻は夫の家政婦でもないし、母親でもない。

 

 

本当に、この漫画に出てくる夫の行動は
許せないものがありました。

 

 
「マタしてもクロでした」はBookLive!で108円
で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 
BookLive!はコチラです。
『マタしてもクロ』と検索してください。