アラフォー花道のネタバレと感想・無料お試し読み【40歳で結婚?20年付き合った彼氏と結婚できるのか?】

アラフォー花道
作者:長崎さゆり
1巻完結

 

 

こんにちは!
「アラフォー花道」を読みました。

 

 

「結婚」という言葉を忘れたわけじゃない…。

 

 

40歳の女3人組は思います。

 

 

結婚を一つのゴールのように考える人がいるけど、
結婚はゴールなのだろうか?

 

 

40歳を機にもう一度結婚について
考えて見た。

 

 

それは、友達の一人が結婚をすると
告白してきたからだ。

 

 

 

同年代(40歳)で結婚していない女3人組。

 

 

3人とも仕事のキャリアは長く、
良いポジションにいました。

 

 

そして、
付き合っている彼といったら、
ヒモ状態の男だったり、既婚者の男性と…。

 

 

つまり、不倫だったり…。

 

 

もう一人は、20年も付き合い続けている
のに結婚もしない彼でした。

 

 

果たして、
20年も同棲して今まで結婚しなかった
男女がこれから結婚など出来るのだろうか?

 

 

大丈夫だと思って、
女の方からプロポーズをしてみたら…。

 

 

結果は…。

 

「アラフォー花道」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
「アラフォー花道」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

アラフォー花道のネタバレ

「もう更年期くるのーー」

 

 

40歳同年代の女3人組で飲んでいた
珠樹、和江、美智子。

 

 

珠樹は20年付き合っている彼がいて
結婚はしていない。

 

 

和江はプー同然の10年下の男と付き合っている。

 

 

そして、
美智子は妻子持ちの既婚男性と
実らない恋真っ只中だ。

 

 

そんな3人が飲みながら更年期のことを
話していました。

 

 

「結婚…」

 

 

次第にそんな言葉が出てくる…。

 

 

忘れていた…といった感じの態度を
とる美智子。

 

 

そんな美智子の態度に”ホッ”とする珠樹なのでした。

 

しかし、

 

 

「結婚することになったんだ」

 

 

プーと付き合っている和江がいきなり
結婚をすると告白してきたのです。

 

 

すると…。

 

 

「私も!」

 

 

美智子も結婚することになったと
言います。

 

 

話を聞いてみると、
和江の彼氏は趣味のゲームを雑誌に投稿。

 

 

すると、編集部の目にとまり、
今はライターとして働いているという。

 

 

それがキッカケで和江は彼と
結婚することになったのだ。

 

 

美智子も既婚者の男性と付き合っていたものの、
妻が男を作り離婚。

 

 

そして、
結婚してほしいとプロポーズしてきた。
のだそうだ。

 

焦った珠樹は、

 

 

「実は私も…」

 

 

プロポーズもされていないのに、
彼と結婚することになったと話すのでした。

 

 

40歳で結婚?20年付き合った彼氏と結婚できるのか?

「大賛成よ!」

 

 

それは、3組で結婚式をあげよう!
そんな話で盛り上がります。

 

 

しかし、珠樹は内心焦っていました。

 

 

『大丈夫だろう…。』

 

 

そう思いながら、帰宅。

 

そして、40歳だし、結婚でも…。

 

 

そう話すと…。

 

 

「付き合っている子がいるんだ…」

 

 

なんと、彼氏は彼女がいると話すのだ。

 

 

『じゃあ、なぜ一緒に住んでいるの?』

 

 

と問いたいし、怒りたい気分だが、
それには訳があったのです。

 

 

それは、
彼氏なりの言い分があり、
絶対にいってはいけないことを珠樹がいっていたのです。

 

 

それは、
3年前の珠樹が言ったこと…。
それは…。

 

アラフォー花道の感想

40歳で結婚していない女性は
今時珍しくないと思います。

 

 

結婚が本当に幸せか?

 

 

というと、それは本人次第であり、
結婚しても不幸になる人だって
実際います。

 

 

世間一般では結婚がゴールのようにも
思えるけど、結婚しないという選択も
アリだと思います。

 

 

この漫画ではそれぞれ訳アリの
彼氏がでてきましたが、
やっぱり長すぎる春は、
結婚できないのかもしれないですね…。

 

 

『アラフォー花道』はBookLive!で162円
読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。
BookLive!はコチラです。
『アラフォー花道』と検索してください。