ゴミ屋敷とトイプードルと私#まみりこ編のネタバレと感想【親友を利用して動画配信をする女】

ゴミ屋敷とトイプードルと私#まみりこ編
作者:池田ユキオ

 

 

こんにちは!
『ゴミ屋敷とトイプードルと私#まみりこ編』を読みました。

 

 

ゴミ屋敷とトイプードルシリーズは何作かありますが、
まみりこ編”は明日香や沙耶とは全く違う話になっています。

 

 

新シリーズで新キャストとまた違った感じの話になっていました。

 

 

その内容は、
動画配信をしている
元アイドルまなみ(まみりこ)の話です。

 

 

そして、検索すればスグ見つかるほど
有名なウィーチューバーだったのです。

 

 

今は好印象の人気のウィーチューバーですが、
また話のどこかで落とし穴がありそうな気がします。

 

 

1話から3話まで読みましたが、
落とし穴に落ちそうな所が満載でした。

 

 

そんな、まみりこ、
親友と呼ぶ友達も上手く利用して
動画配信に協力してもらっています。

 

 

自分のためだけに人を利用する所や、
他のママさんチャンネルの人と争う所とか
そのうち、どす黒いまみりこの裏の顔が出てきそうです(笑)

 

 

『ゴミ屋敷とトイプードルと私#まみりこ編』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『ゴミ屋敷と』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私#まみりこ編のネタバレ

「みなさんこんばんは。」

 

 

そういって笑顔で動画に映るまみりこ。

 

 

まみりこは動画のLIVE配信をしていました。

 

 

テーブルには、
Lサイズのピザ2枚を目の前に、
笑顔でそのピザをほうばる。

 

 

その動画を見ていた人がコメントをします。

 

 

『カワイイ~』

 

 

『食べる顔好き~』

 

『なんでそんなに細いのに…』

 

 

好印象を持っている視聴者からの
コメントが多数寄せられていました。

 

 

まみりこは、元アイドル。

 

 

そして今はウィーチューバーとして
活躍していました。

 

 

アイドル時代は目立つ存在じゃなかった
まみりこ。

 

 

しかし、今ウィーチューバーとして
活躍し観客は見えないけど、動画を撮ることが
まみりこのステージそのものなのでした。

 

 

「あの時は辛かった~」

 

まみりこはアイドル時代の辛い話を
視聴者に話ます。

 

 

そんな、自分の自虐ネタが視聴者にうける。

 

 

「ありがとうございます」

 

 

最後に、学生時代からの友達で
いつも協力してくれている親友のちえを
紹介して終わるのでした。

 

 

「ちょっと酷いな…」

 

 

ちえは、
ウィーチューブに出るつもりはなく
スッピンで来ていました。

 

 

なのに、前触れもなく、
ウィーチューブの生配信に映したことに
文句をいいます。

 

 

そんな中、まみりこは何をしているかというと…。

 

 

「おえぇぇぇぇーーー」

 

 

食べていた大きなピザをトイレで吐いていたのです。

 

親友を利用して動画配信をする女

「紹介してくれたらすごい宣伝に…」

 

 

ちえがまなみ(まみりこ)に協力しているから、
勤め先の美容院を宣伝してほしい。

 

 

そんな風にまなみに頼みます。

 

 

しかし、まなみはアイドル時代からいっている
美容院をすでに動画で紹介していました。

 

 

他の美容院を紹介したら、
視聴者に嘘ついたことになる。

 

 

そういって、ちえの頼みを断ります。

 

 

「何度も協力しているし…」

 

 

そうちえが言いかけると、
まなみは気持ち悪いとまたトイレにこもるのでした。

 

 

『昔からいつもこうだ』

 

 

まなみは学生時代から、
自分の事を優先にし、ちえが誘っても
のることはない。

 

 

昔からそんな感じなのだ。

 

 

どこか利用されているような気がしながら
まなみと付き合うちえなのでした。

 

 

そんな、まなみにチャンス到来か!?

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私#まみりこ編の感想

ウィーチューバーとして活躍するまみりこ。

 

 

ネタはバカ喰いとアイドル時代の自虐ネタでした。

 

 

そんなまみりこのライブ配信を楽しみに
している視聴者。

 

 

その人気は
”ウィーチューブ まみりこ”と検索すると
スグに見つかるくらいなのでした。

 

 

そんなまみりこを陰で支えていた、
親友のちえ。

 

 

ちえとまみりこは学生時代からの友達で、
まみりこは都合がいい時だけちえを利用するような
そんな関係だったのです。

 

 

そして、ちえの頼みはのってくれませんでした。

 

 

そんなまみりこですが、
これから他のウィーチューバーとバトルすることに…。

 

 

ウィーチューバーの『表』と『裏』の顔が怖かった…。

 

 

『ゴミ屋敷とトイプードルと私#まみりこ編』はBookLive!で読むことが出来ます。

 

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでくださいね。

 

 

BookLive!はコチラです。

『ゴミ屋敷と』と検索してください。