復讐村のネタバレと結末・感想・無料お試しよみ【村八分によって娘が襲われる?生き地獄のような出来事】

復讐村~村八分で家族を殺された女~
作者名 :酒川郁子

 

 

こんにちは!
「復讐村~村八分で家族を殺された女~」を
読みました。

 

 

この漫画の内容は
日本の闇風習『村八分』について書かれています。

 

 

村の掟を破った者が制裁として、
村全員から絶交されるという…。

 

 

その光景はまさに生き地獄のようにも見えました。

 

 

昭和36年に存在していたある村という設定で描かれていますが
『閉鎖された村って怖いな…。』と感じます。

 

 

それは、誰が見てもおかしなことを、
”おかしい”と言えない環境や状態が整っているからです。

 

 

そのおかしな状態というのは、
この村で行われていた不正選挙。

 

 

村の掟など何も知らない
高校生の女の子が村の掟を破るキッカケを
作ってしまいます。。

 

 

若い娘が掟を破り、
村の男達の餌食に合う?

 

 

それはまさに、
閉鎖された村での集団イジメのようでした。
(イジメ自体閉鎖された所で起こるものですが…。)

 

 

『復讐村~村八分で家族を殺された女~』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『復讐村』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

復讐村~村八分で家族を殺された女~のネタバレ

昭和36年N県の戸埜村という山間の村で暮らしていた弥生。

 

 

弥生は今年、町の高校へ通い始めました。

 

 

村から高校へ通うのは弥生の他に
姉も入れて4人でした。

 

 

その中の一人、同じクラスの篤と
バスの中で和気あいあいと
会話をしながら登校をしていたのです。

 

 

「新聞部に入ったんだろ」

 

 

篤は弥生にそういいます。

 

 

弥生は高校で新聞部に入ったのでした。

 

 

「次期町長選挙には…」

 

 

バスの横を選挙車が通る。

 

 

それは、次期町長を決める選挙運動でした。

 

 

「どうせまた…」

 

 

篤は投票なんてしなくっても、
次期町長は決まっている。

 

 

それは不正投票であることを
篤も弥生も知っていたのです。

 

それはおかしい…。

 

 

弥生はそう思っていました。

 

 

そして、弥生が大人になったら自分が意思で
投票したい。と考えていたのです。

 

 

「選挙問題取り上げていいですか?」

 

 

弥生は新聞部で村の不正選挙について
書きたいと言い始めます。

 

 

「新聞に変な事書かないでね」

 

 

夕飯の時に母親が弥生にそう言います。

 

 

弥生は家族には、
新聞の内容は見てのお楽しみ。

 

 

ということで、内容は話さずにいました。

 

 

しかし、これがのちに弥生家族が村八分になる。
原因となることに…。

 

 

村八分によって娘が襲われる?生き地獄のような出来事

「想像以上にひどい」

 

 

弥生の記事を読んだ新聞部の部員は
内容がひどいと話すと、早速新聞を
印刷し始めます。

 

 

「この記事読みました?」

 

 

同じ戸埜村から来ている清野先生は
弥生の記事を読んでどこかへ電話をします。

 

 

その電話先は町長の所だったのです。

 

 

「正しいが…だが…」

 

 

弥生の記事を読んだ両親は
脂汗をかき始める。

 

 

それが、村の掟を破るものだと
知っていたからだ。

 

 

「来るようにって…」

 

 

組長が弥生を連れて家に来るように
と電話があります。

 

 

そして、両親と弥生が組長の家に行くと…。

 

 

「なんなんだこれは!」

 

 

両親は別部屋で役人や診療所の医師、
組長からも足蹴りをされていました。

 

 

弥生は驚いて、
その部屋に行こうとします。

 

 

すると、清野先生に押さえつけられ
”おしおき”といって弥生自身も
別部屋に閉じ込められてしまいます。

 

 

復讐村~村八分で家族を殺された女~の結末

「助けてーーーっ」

 

 

「出してーーーっ!」

 

 

弥生は村の男達の手によって
縄で縛られた後…。

 

 

両親は娘の叫び声を聞きながら、
娘はまだ子供でどうか許してほしい。

 

 

そう土下座をして謝ります。

 

 

「大丈夫ですよ」

 

 

村の男の一人がそういって弥生のいる部屋から
出てきます。

 

 

そして、ふすまを開けると、
弥生の姿に母親は絶叫する…。

 

 

家族が見ている前で弥生は…。

 

復讐村~村八分で家族を殺された女~の感想

この漫画は昭和36年の話をしているようだが、
村八分というのは2019年の現在もあるのかもしれません…。

 

 

ネットで調べるとそう書かれた記事は
いくつか出てきました。

 

 

何も知らずに移住した人が村の人から絶交され、
村八分にあった。

 

 

ということもあるようです。

 

 

ダメなことがダメと言えない雰囲気や、
おかしいと思ってもそれをいう事ができない
重圧。

 

 

恐ろしいことはありません。

 

 

「逃げればいいじゃないか」

 

 

「ダメだと言えばいいじゃないか」

 

 

そう思う人もいるとは思いますが、
本当にこういった環境に入ると、
何も言えなくなるのです。

 

 

これは、経験した人であれば
分かると思います。

 

 

「復讐村~村八分で家族を殺された女~」は
BookLive!で162円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『復讐村』と検索してください。