リセット~囚われの全身整形~(漫画)のネタバレと感想【綺麗な皮を着た悪魔?人は見た目で判断できない】

リセット~囚われの全身整形~
作者名 :高橋ユキ
5巻未完結

 
こんにちは!
『リセット~囚われの全身整形~』を読みました。

 

 

あなたはこんな人を好きになれますか?

 

 

「イケメン・美女」外見はすごくいいのに、
性格が歪んでいる人。

 

 

この話は、容姿が悪いせいで、
周りから誹謗中傷・バカにされて生きてきた女性の話です。

 

 

その中で、人生のリセットをしよう。

 

 

今まで生存していた人の代わりに整形し、
見ず知らずの人になります。

 

 

つまり、
死んだ人の代わりに
整形して生まれ変わるということです。

 

 

死んだ人は、

 

 

どんな生活をしていたのか?

 

 

 

誰と住んでいたのか?

 

 

 

美人だったのかもしらない。

 

 

見た目がブスだから苦しんでいた主人公だったが、
生まれ変わって知ったことがあります。

 

 

それは、容姿が綺麗だから幸せという訳ではないこと。

 

 

主人公は見た目とは関係ない人間の闇を
見ることになるのです。

 

 

「リセット~囚われの全身整形~」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
「リセット」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

リセット~囚われの全身整形~のネタバレ

「誰に似たのかしら?」

 

 

小学生 モエコは父にも母にも似ていなかった。

 

 

そして、
とりわけ群を抜いてブスだったのです。

 

 

「悪い所ばかりを集めた顔をしている」

 

 

父親にそんな風に言われます。

 

 

 

モエコは小太りで、
顔にはブツブツがありました。

 

 

そして、唇は厚く、目も腫れぼったい目を
していたのです。

 

 

まるで、男芸人みたいな顔だと
クラスの男子に笑われる。

 

 

『外見でからかうのはわかる』

 

 

モエコは自分の容姿の悪さを
分かっていて鏡をみようともしませんでした。

 

 

学校でも家でもブサイク扱いされ、
バカにされていたモエコ。

 

 

モエコはそんな人生を送りながら大人になって
いきます。

 

 

そして、大人になってもそれは変わらなかったのです。

 

 

モエコは派遣で総務をしていました。

 

 

他の人から仕事を押し付けられ
いつも残業。

 

 

残念モエコと言う意味か、
”ザンモ”というあだ名までついていました。

 

 

 

「おつかれ」

 

 

そんな中、缶コーヒーをもって
声をかけてくれる男性がいました。

 

 

その人は営業部の飯島といって
若くてイケメンだったのです。

 

 

飯島はモエコにやさしくし、
普通に接してくれます。

 

 

それでも、モエコは今までの人生を振り返ると、
『きっと飯島も心の中ではバカにしている。』
そう思っていたのですが…。

 

 

「クソッ」

 

 

飯島がスマホで電話をしていたかと思ったら
スマホを投げて怒っていたのです。

 

 

その理由は親がヤミ金に手をだし、
飯島にまで取り立てるようになっていたから。

 

 

お金に困っている飯島を見て、
モエコはいてもたってもいられなくなり、
スグにお金を卸してきます。

 

 

その金額は30万。

 

 

親切にしてくれるモエコに飯島は甘え、
そのままモエコの家にまで住むようになります。

 

 

『この人を手放したくない』

 

 

そう思ったモエコ。

 

 

そして、
モエコは初めて男性に抱かれるのでした。

 

綺麗な皮を着た悪魔?人は見た目で判断できない

モエコはそれでもわかっていた。

 

 

飯島を金で買っていると…。

 

 

そんなある日、
モエコがコンビニでバイトをしていると、
会社の人が買い物に来ます。

 

 

 

その女性は涙を流し、
飯島に騙されたといっていたのです。

 

 

飯島は女癖が悪く、
女から金を巻き上げ更に同時進行で
色んな女と付き合っている。

 

 

そんな話を耳にします。

 

 

モエコはいてもたってもいられなくなり、
バイト中にも関わらず、自宅へ急いで帰ります。

 

 

すると…。

 

 

「あっ…あ…んっ」

 

 

モエコの自宅で他の女を抱いている飯島を
見てしまう。

 

 

更に、モエコは”金づる”と飯島は
話していたのです。

 

 

気が付いた時にはモエコは、
飯島と一緒にいた女をズタズタに切り裂いて
殺していたのでした。

 

 

モエコはその後、
無期懲役を下され、人生は終わった。

 

 

そんな風に思っていました。

 

 

「人生リセットしてみない?」

 

 

そんな中、
モエコに面会に来た
見ず知らずの整形外科医 瑠生。

 

 

瑠生はモエコに
亡くなった人物を蘇らせるために、
その亡くなった人物の代わりになってほしい。

 

 

そう話します。

 

 

モエコは世の中に
もうでることがない犯罪者。

 

 

だからこそ、
その条件に一致していたのです。

 

 

そして、
モエコは瑠生の誘いに承諾し、
生まれ変わることにします。

 

 

全身整形をした後、
モエコが鏡でみた自分の姿はまさに美人そのもの
でした。

 

 

そして、アリサとして生まれ変わったのです。

 

 

美を手に入れたモエコ。

 

 

しかし、”アリサ”の人生は良い物とは
いえなかった。

 

 

目の前にいる綺麗な皮を着た悪魔が
モエコを襲おうとしていました。

 

 

そのアリサの生活は、
人の闇を痛いほど味わうような生活だったのです。

 

 

モエコはアリサの人生を
耐えることができるのだろうか?

 

 

リセット~囚われの全身整形~の感想

見た目が悪いからと、
子供の時からずっとバカにされ嫌われていたモエコ。

 

 

そんなモエコも大人になり、
派遣の総務として働いていました。

 

 

モエコは会社の営業をしている飯島と
仲が良くなります。

 

 

そして、初めて男を知ったモエコは、
飯島を手放したくない。

 

 

そう思うのでした。

 

 

しかし、飯島は女癖が悪くモエコも騙された一人。

 

 

 

逆上したモエコは、
飯島と一緒にいた女を殺し無期懲役という判決が
下されます。

 

 

そんな中、整形外科医 瑠生と知り合い、
モエコは人生をやり直すことにしたのです。

 

 

しかし、美人だからといって、
幸せが手に入るとは限らないことを
思い知らされることになります。

 

 

人は見かけによらないは本当だと、
感じます。

 

 

中々考えさせられるし、
面白いのでよんでみてください。

 

 

「リセット~囚われの全身整形~」は
BookLive!で270円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 
BookLive!はコチラです。
『リセット』と検索してください。