ゴミ屋敷とトイプードルと私 #ラブと癒しとホントの私2話のネタバレと感想【お金に心を売った明日香】

ゴミ屋敷とトイプードルと私
#ラブと癒しとホントの私
作者:池田ユキオ

こんにちは!
ワケあり女子白書に掲載されている、
『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #ラブと癒しとホントの私』2話
を読みました。

 

 

この話を読んで思ったことがあります。

 

 

それは、お金に心を売ってはいけないということです。

 

 

『お金が欲しい』

 

 

稼ぎたいということだけで、
人のことも考えずに物を売りつけてはいけない…。

 

 

そう思いました。

 

 

 

明日香はもともと、
お金に執着があったけど、
ついに詐欺をしてしまいます。

 

 

それは、お金欲しさに、
人に効果がないものを効果があると
売りつけたこと。

 

 

そんな明日香は、
この2話で罰が当たります。

 

 

明日香はこの最悪な事態をどう切り抜けるのだろうか…。

 

 

『【ワケあり女子白書】
ゴミ屋敷とトイプードルと私
#ラブと癒しとホントの私』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『ワケあり女子白書』と検索してください。

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #ラブと癒しとホントの私2話のネタバレ

「今日も大活躍だったね」

 

 

明日香はヒーラー純深叶先生のために働く。

 

 

そして、今日もヒーラーセミナーの予約者数の
ノルマを達成したのでした。

 

 

「オーラがゴールドに…」

 

 

純深叶先生は明日香のオーラがゴールドに
近づき良い感じだ。

 

 

そう話します。

 

 

そんな、純深叶先生は50歳。

 

 

その見た目から50歳には見えないのでした。

 

 

「DV夫との離婚」

 

 

「子持ち、無職で体を壊す」

 

 

純深叶先生の過去は過酷なものでした。

 

 

しかし、それを乗り越え今がある。

 

 

それは、このヒーラーを身に付けたら。

 

 

明日香は、
純深叶先生の過去と明日香の父親の介護地獄の
過去を重ね合わせる。

 

 

『純深叶先生の若さの秘訣は何なのか!?』

 

 

明日香は、セミナーに参加ている人の前で
質問します。

 

 

「お水は沢山取らないとね」

 

 

純深叶先生が綺麗な秘訣は心がハッピーな事。

 

 

そして、この水を飲むこと。

 

 

そう話すのでした。

 

 

「私、買うわ!」

 

 

セミナー参加者の前で
1本1万円の水を明日香はあっさりと購入。

 

 

そして、美味しいと一気飲みするのでした。

 

 

それにつられて、セミナーの参加者も水を
購入しようと殺到する…。

 

 

お金に心を売った明日香

「1000本売りなさい」

 

 

その水を1000本売れ!そう書かれたメモを
渡される明日香。

 

 

「700万の利益!」

 

 

明日香がその水を1000本売ることは
利益が700万入ることを意味していた。

 

 

700万を手に入れるために明日香は張り切る。

 

 

そして、姉の旦那に連絡したり、
容姿に悩む女性には整形手術をするより、
この水を飲んだ方がいい。

 

 

と売りつける。

 

 

更に、酷いのがアレルギーで苦しむ子供に
この水を飲めば治る。

 

 

そう話して売ります。

 

 

明日香は購入した後の客のことなど
考えていない。

 

 

考えているのはお金のことだけでした。

 

 

そんな明日香に、
最悪な事態が起こります。

 

 

それは…。

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #ラブと癒しとホントの私2話の感想

ヒーラー純深叶先生の為に動く明日香。

 

 

それは、セミナーの集客をしたり、
更に、効果があるのかないのかも分からない水を
購入してもらうように仕向けます。

 

 

その後、その水を1000本売るようにノルマを
メモの渡された明日香。

 

 

利益700万のために、
相手のことは考えず、嘘を言って水を
売り続けます。

 

 

心の中で購入した人をバカにしていた明日香。

 

 

その後、明日香はとんでもない事態に巻き込まれることに
なります。

 

 

お金のために心を売った明日香の末路は…。

 

 

「ゴミ屋敷とトイプードルと私 #ラブと癒しとホントの私」
はBookLive!のワケあり女子白書17で読むことが出来ます。

 
新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 
BookLive!はコチラです。
『ゴミ屋敷とトイプードルと私』と検索してください。