致死量の果実~汗も尿も甘い双子3巻のネタバレと無料お試し読み・感想【先生を求める藍。その結果、中毒症に…】

致死量の果実~汗も尿も甘い双子
作者名 :ミドロ
7巻未完結

 

 
こんにちは!
「致死量の果実~汗も尿も甘い双子」3巻です。

 

双子の藍と桂。

 

 

藍はとても色気があって
ドキドキしちゃいますね…。

 

 

そして、2巻では、
桂と姉弟関係を崩したくないからと、
先生を求めていました。

 

 

そんな上手くいくのだろうか?

 

 

しかし、可愛い藍に誘われたら、
先生もグラッときてしまうのでは!?

 

 

そんな風に読んでいました。

 

 

結局、
先生は藍を抱いてしまうのです。

 

 

期待通りといえば、
期待通り…。

 

 

しかし、
藍を抱いたことがキッカケで
先生は藍や桂の血を飲んでしまうことになります。

 

 

体液だけでも、
中毒になるのに、血を飲みすぎると
中毒死してしまう…。

 

 

先生はどんな症状がでたのだろうか?

 

 

その末路が怖すぎる…。

 

 

「致死量の果実~汗も尿も甘い双子」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLiveコミック
「致死量の果実」と検索してください。
※登録無料

 

致死量の果実~汗も尿も甘い双子3巻のネタバレ

「落ち着いてくれ」

 

 

先生は藍を落ち着かせようとします。

 

 

しかし、
藍はいたって冷静で、
本当に先生に抱いて欲しかったのです。

 

 

それは、桂が自分を女として
見ていることに気が付いたから。

 

 

藍の身体を見て欲情した桂。

 

 

このままだと、桂は自分を
抱くことになる。

 

 

そう感じていたのです。

 

 

「もう仮病は通用しない」

 

 

「今しかない」

 

 

藍は追い込まれていました。

 

 

「助けて…」

 

 

そう言うと、
藍は先生の顔にそっと手を当てると、
キスをする…。

 

 

『これは…』

 

 

先生は藍とキスをすると、
桂との甘美な感覚を思い出す。

 

 

そして、欲が抑えられなくなると、
先生はそのまま、藍をベッドに押し倒し、
服を脱がすのでした…。

 

 

先生を求める藍。その結果、中毒症に…

「んっ」

 

 

キスをしながら、
着ていた紐をほどく…。

 

 

すると、藍の綺麗な胸に
しゃぶりつく…。

 

 

「あっ」

 

 

『ちゅっ…ぐちゅ…』
診察室は、
藍の喘ぎ声と、
卑猥な音が鳴り響く…。

 

 

「いやらしい事をする…」

 

 

藍と桂目的で来るお客は、
皆お金を払っていやらしいことを
しようとする。

 

 

しかし、先生だけは、
藍をそういった目でみなかった。

 

 

そんな風に話します。

 

 

だからこそ、
先生に助けを求め、
身体をゆだねたのでした。

 

 

藍は舌をだし、
服の上から先生のアソコを
舐めようとする…。

 

 

藍は裸のまま、
先生の身体に足を絡ませ繋がる…。

 

 

藍の身体が犯されながらも、
綺麗に描かれていました…。

 

 

致死量の果実~汗も尿も甘い双子3巻の感想

藍は先生を求め、
仮病を使って診察室へいきます。

 

 

そこで、桂との関係を崩したくないと
先生を求める。

 

 

先生も桂から甘美な味を覚えさせられて
いたので、藍のお誘いを断り切れず、
抱いてしまいます。

 

 

藍が犯されるシーンはとても綺麗で、
それこと甘美なものでした。

 

 

その後、先生に抱かれたことを知った
桂が何もしないわけがない…。

 

 

先生は中毒症へと犯されていくのです。

 

 

『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』はBookLive!コミックで
162円で読むことが出来ます。

 

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!コミックはコチラ
『致死量の果実』と検索してください。

 

致死量の果実~汗も尿も甘い双子4巻のネタバレと無料お試し読み・感想【血が欲しい?生きようとする先生に藍は…】

2019.03.14