私を笑わないで3話のネタバレと無料お試し読み・感想【他人と比較し苦しむ自分!本当の自分はどれ?】

私を笑わないで
作者名 :くるみ亮
6巻未完結

 

こんにちは!
くるみ亮さんの「私を笑わないで」3話を読みました。

 

 

『他人と比較してしまう自分』

 

 

上手くいっている人と自分を比較してしまうと、
ものすごく心苦しくなります。

 

 

それは、『自分に不足しているものがハッキリとわかるからです』

 

 

『あの人には○○があるのに、私には○○がない…。』

 

 

『あの人は出来るのに、私には○○が出来ない…。』

 

 

この漫画に登場するひかりと愛莉。

 

 

彼女達はルームシェアです。

 

 

そして、愛莉はひかりと自分を比較する。

 

 

ひかるには彼氏がいてお泊りデート。

 

 

そんな時愛莉は明るく振舞うが、
心の中では彼氏がいないことへの不足を感じていました。

 

そして、なんで男性の前で裸になれるのだろう…。

 

 

愛莉は恥ずかしくて、
男性の前で裸になることなんてできない。

 

 

そんな風に思っていたのです。

 

 

しかし、ひかりはひかりで彼氏との関係に
苦しんでいました。

 

 

”隣の芝生は青く見える”じゃないけど、
ひかりにも愛莉には見えない心の闇があったのです。

 

 

『私を笑わないで』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『私を笑わないで』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

私を笑わないで3話のネタバレ

『あの女と…』

 

 

ひかりは隼史に抱かれた後、
なんとなく寝れなかった。

 

 

それは、会社のあのスレンダーな美人女性。

 

 

「太ったね」

 

 

抱かれている時に隼史にそう言われ、
体重も変わっていないのに、
なぜそう思うのか気になっていました。

 

 

そして、会社の人の写真を見せてもらうと、
その中にいた一人の美人な女性。

 

 

その人のことを『ガリガリだ。』と隼史は言っていたのです。

 

 

女と勘かひかりは、
その会社女性と隼史が怪しいと思い、
その晩、隼史のスマホを見てしまう。

 

 

すると…。

 

 

『また部屋にいっていいですか?』

 

 

その女性は”さやか”といい、
ひかりがデートをドタキャンされた日に
隼史と会っていたことがわかります。

 

 

 

『二股かけられてた』

 

 

そう思ったひかりは、
居てもたってもいられなくなり、
隼史の部屋を出ていってしまうのでした。

 

他人と比較し苦しむ自分!本当の自分はどれ?

「今帰り?」

 

 

帰ってくると愛莉がひかるに声をかける。

 

 

ひかりが自宅へ帰るころには朝になっていました。

 

 

そして、愛莉は着替えると出かけていってしまう。

 

 

『彼氏の家に泊まってきたのかな…』

 

 

愛莉は暗い顔をして職場に向かう途中、
そんな風に考える。

 

 

『裸になって…』

 

 

お泊りということは、
つまり男性に抱かれることを
考えてしまう。

 

 

太っている愛莉はなぜ、
男性の前で裸になれるのか
わからずにいました。

 

 

むしろ、ひかりは体形が
キレイだから出来るけど、
私には出来ないと…。

 

 

体形を気にしながらも、
食べたくないのに、
お腹がすく…。

 

 

そんな自分に劣等感
感じ始めていたのです。

 

 

そして…。

 

私を笑わないで3話の感想

彼氏持ちでキレイなひかり。

 

 

愛莉はそんなひかりを見ているうちに
自分に劣等感を感じ始めます。

 

 

男性の前で裸になれることが
信じられない。

 

 

愛莉は太っているからこそ、
自信がなく男の人とそんなこと出来ないと…。

 

 

ひかりは、ひかりで、
彼氏 隼史の浮気が発覚し、
苦しんでいました。

 

 

他人の良い所はよくみえて、
闇の部分は見えない。

 

 

人の『光』と『影』がこの3話で良くわかります。

 

 

『私を笑わないで』はBookLive!で54円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 
BookLive!はコチラです。
『私を笑わないで』と検索してください。