コインロッカーベイビーの彼女のネタバレと感想【捨てられた赤ちゃんが不幸は嘘?】

コインロッカーベイビーの彼女
~それでも君と結婚したい~
作者:白沢ふかみ
1巻完結

こんにちは!
「コインロッカーベイビーの彼女~それでも君と結婚したい~」
を読みました。

 

この話は全部で5部作となっています。

コインロッカーベイビーの彼女
・コインロッカーベイビーの彼女~それでも君と結婚したい~
・どうにもとまらない
・家族の中の他人
・半返しの裏技
・キリギリスな女

 

 

そのうちの
「コインロッカーベイビーの彼女~それでも君と結婚したい~」です。

 

 

この話が実話だからこそ、
驚きました。

 

 

母親に
コインロッカーに捨てられた赤ちゃん。

 

 

そんな彼女は幸せな人生を歩むことになります。

 

 

「捨てた親が親なら子も子。」

 

 

「コインロッカーベイビーなんて
世間にしれたら…。」

 

 

「施設育ちだからロクな子じゃない。」

 

 

母親に捨てられたことで、
世間の目は冷たい。

 

 

自分のせいじゃなくても…。

 

 

そんな彼女だが、人当りがよく
心のやりどころがない人の気持ちが
よくわかる人でした。

 

 

就職で上手くいかず、
ひきこもりになっていた青年に
彼女は声をかけます。

 

暗い話かと思ったら結末は、
意外な展開に心がほっこりする話でした。

 

 

どんな逆境だろうが、
誰でも幸せになれることが、
この話を読んで感じました。

 

「コインロッカーベイビーの彼女~それでも君と結婚したい~」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
「コインロッカーベイビー」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

コインロッカーベイビーの彼女~それでも君と結婚したい~のネタバレ

「その年でひきこもりになるつもり!?」

 

 

義生は母親から毎日のようにうるさく言われます。

 

 

義生は大学を出て就職し、
その後半年くらいで仕事を辞めてしまう。

 

 

その後も就職がなかなか決まらずに、
だんだん引きこもりになっていくのでした。

 

 

そして、居心地が悪くなりついに家出を
してしまいます。

 

 

「公園に住んでいるって」

 

 

居酒屋で飲んでいる義生を
見て他のお客がそう噂をする。

 

 

『放っとけ』

 

 

その話が耳に入ったのか義生は
飲んでいた酒を飲み終わると、
居酒屋を出ていくのでした。

 

 

「人を殺す気か」

 

 

公園の土管の中で一晩を過ごそうとすると、
その日は雨も降っていてものすごく寒い日でした。

 

 

しかし、
持ち金も底をつき公園の土管で過ごすしかなかったのです。

 

 

「本当だったんだ」

 

 

義生がいる土管をのぞく女性がいました。

 

 

その女性は、さっきの居酒屋で
義生が公園に住んでいることを聞いていました。

 

 

そして、本当に公園に住んでいるか確かめにきたのです。

 

 

女性はサチといって、
それが義生とサチとの出会いでした。

 

 

「うちに来れば?」

 

 

サチは気軽に義生を誘う。

 

 

男を気軽に誘う女をどうかと
思ったが、行くとこもない義生は
サチの家にいくことに…。

 

捨てられた赤ちゃんが不幸は嘘?

「お帰りさっちゃん」

 

 

義生と一緒に帰ってきたサチを出迎える人達。

 

 

その年齢は幅広く、若い人もいれば、
おじさん叔母さん。

 

 

義生は変な気を起こしていたが、
そんな気も失せる。

 

 

そして、気軽にしていい。

 

 

というと義生はしばらくサチの家に
住むことになるのでした。

 

 

サチの家はどうやら”たまり場”になっていて、
人の出入りが激しい家。

 

義生よりも若いサチがなぜ、
こんなことをしているのか?

 

 

そう聞くと、
サチは『寂しいのはダメだから…』
そう答えます。

 

 

その答えを深くは聞かなかったが、
サチは普段はスナックに勤め、
夜は夜で人が来る。

 

 

ゴミの分別すら楽しそうにしている
彼女を見て、義生は彼女が好きになりました。

 

 

告白をして、付き合うことになった義生とサチ。

 

 

その後、サチの訳ありな人だと
いう事をのちに知ることになります。

 

コインロッカーベイビーの彼女~それでも君と結婚したい~の感想

就職が上手くいかずひきこもりになった義生。

 

 

家が居心地悪くなり家出をしてしまいます。

 

 

しかし、持ち金もなくなり、
公園に住み居酒屋の往復。

 

 

そんな中、サチと出会いサチの家に
住むことになる義生。

 

 

自分よりも若いはずなのに、
出入りの激しい家。

 

 

老若男女問わず人が集まり、
なぜそうなっているのかサチに見たこともあった。

 

 

サチは明るく楽しそうでした。

 

 

コインロッカーベイビーというだけで
世間の目は冷たい。

 

 

その中でも彼女は明るく生きていました。

 

 

どんな逆境でも人は考えようによっては、
幸せな人生を過ごせるのかもしれません。

 

 

「コインロッカーベイビーの彼女~それでも君と結婚したい~」
はまんが王国で読むことが出来ます。

 

 

無料でお試し読みもできるよで、
良かったら読んでください。

 

 

まんが王国はコチラです。
「コインロッカーベイビー」と検索してください。