人妻転落(不倫前夜)3巻のネタバレと感想【女の敵は女?浮気夫を転落させろ!】

人妻転落 3 【不倫前夜 side:美織】
作者名 :美咲りょう
3巻未完結
こんにちは!
『人妻転落 3巻 【不倫前夜 side:美織】』
を読みました。

 

この話はスッキリしました。

 

 

人妻転落と聞くと、
人妻が最後ひどい目にあうイメージがあります。

 

 

しかし、今回の話は違います。

 

 

女と敵は女?

 

 

しかし、浮気夫はもっと敵!?

 

 

幸せそうに見えるママとの家庭。

 

 

憎らしくて最初ママ友の家族崩壊を
招こうとしていました。

 

 

しかし、ママ友の旦那さんに近づいてみたら…。

 

 

あれよあれよと旦那の本性が!?

 

 

こんな旦那は成敗するべき(笑)

 

 

『人妻転落 3 【不倫前夜 side:美織】』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『人妻転落 』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

人妻転落 3 巻【不倫前夜 side:美織】のネタバレ

『あの家庭ぶっ壊す』

 

 

ママ友美織の家庭を壊したい。

 

 

そんな風に思っていたエミ。

 

 

エミの旦那はゲームばかりして、
会話もしたくない程嫌いになっていました。

 

だからこそ、
幸せそうなママ友の美織が気に食わなかったのです。

 

 

『中条さんこんばんは』

 

 

夜買い物に行く途中に、
たまたま美織の旦那さんと遭遇。

 

 

これはチャンスとエミは、
美織の旦那に話しかけます。

 

 

「旦那と上手くいってなくて…」

 

 

旦那と上手くいってないから、
相談にのってほしい。

 

 

そう話すと、
美織の旦那はあっさりと連絡を交換
してくれるのでした。

 

 

その日から、エミと美織の旦那
は連絡を取り合うようになります。

 

 

女の敵は女?浮気夫を転落させろ!

『昨日はライン交換ありがとうございました』

 

 

美織と他のママ友とランチをしながら、
美織の旦那とラインをするエミ。

 

 

そのことに気が付かない美織に対して、
優越感がたまらない。

 

『全然いい家なんかじゃない…』

 

 

美織は自分の家庭をそう思っていました。

 

 

それは、

 

 

『ご主人としちゃった』

 

 

美織が旦那のスーツのポケットから
メモを見つける。

 

 

そこには、浮気相手からの
美織へのメッセージが書かれていました。

 

 

旦那が浮気をしていると
知っておきながら美織は黙っていたのです。

 

 

美織の旦那は家族を
飾りとしかみていない。

 

 

妻や娘のことなど考えず自分の
会社への地位や世間ていだけを
気にする人だったのです。

 

 

そして、浮気の証拠を集めながらも
子供のことを考えると離婚出来ずにいる美緒
なのでした。

 

 

『ピロリーン』

 

 

すると、スーツのポケットから携帯メールの
音が鳴ります。

 

 

浮気相手からでしょ!?

 

 

そう思って、
旦那の携帯を見てみると…。

 

 

見たことあるアイコンがスマホの画面に
表示されていました。

 

 

そのアイコンからエミからのメッセージということに
スグ気が付く美緒なのでした。

 

 

「うちの主人と連絡とっているんでしょう?」

 

 

別の日、普通に会話をしていたかと思ったら、
他のママ友がいなくなるとエミにそう話しかける美緒。

 

 

そして、旦那をくれてやる。

 

 

そう話してどこかへ行ってしまうのでした。

 

 

美緒の意味深な言葉が
引っかかりながらもエミは
美緒の旦那に会いにいきます。

 

 

すると意外な事実がわかるのでした。

 

人妻転落 3 巻【不倫前夜 side:美織】の感想

ママ友美緒の家庭を壊そうとしたエミ。

 

 

初めは美緒に嫌がらせのつもりで
していたのです。

 

 

しかし、ダンダン美緒の家庭が
どんなものなのかわかってきます。

 

 

女の敵は女。

 

 

そう思ったけど、
分かり合えるのも女です。

 

 

本当の敵はアイツ!?

 

 

面白い結末にスッキリしました!

 

 

「人妻転落 3 巻【不倫前夜 side:美織】」は
BookLive!で108円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。
BookLive!はコチラです。
『人妻転落』と検索してください。