ゴミ屋敷とトイプードルと私#ラブと癒しとホントの私のネタバレと感想【派手な明日香が清楚女子で復活か!?】

【ワケあり女子白書vol.17】
ゴミ屋敷とトイプードルと私

#ラブと癒しとホントの私
作者:池田ユキオ

 

こんにちは!
ワケあり女子白書vol.17に掲載されている、
『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #ラブと癒しとホントの私』
を読みました。

 

 

これは、あの明日香が再び主人公として
登場する話。

 

 

明日香と言えば転落したはずですよね?

 

 

その後、父親の介護をしてなんとか
実家の離れで住まわせてもらっていました。

 

 

その明日香が、
なんと復活していたのです。

 

 

最初の時のような派手さはないけど、
痩せて綺麗な女性に戻っていました。

 

 

 

愛犬のソラは、
他界したと言っているが本当なのだろうか?

 

 

なぜ明日香は復活し、
元の生活に戻れたのだろ?

 

 

気になる所満載です。

 

 

『【ワケあり女子白書】
ゴミ屋敷とトイプードルと私
#ラブと癒しとホントの私』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『ワケあり女子白書』と検索してください。

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #ラブと癒しとホントの私のネタバレ

「死んでしまったの」

 

 

明日香の愛犬ソラくんが死んでしまった。

 

 

そんな風にサヤに話す。

 

 

サヤは自分よりも落ちぶれている
明日香に会いに来たはずだった…。

 

 

しかし、明日香は前のような派手さは
ないが、清楚な感じで痩せて綺麗になっていました。

 

 

なぜ、明日香が元の体形に戻り、
元気そうにしているのか!?

 

 

それは、

 

 

ヒーリングサロンに出会ったからと話す。

 

 

ヒーリングサロンとは、
ネット依存など精神的に
病んでいる人を癒すサロン。

 

 

「はじめまして。聞いてますよ」

 

 

ある程度、
明日香からサロンの話を聞いた
サヤはその場を去ろうとしました。

 

 

しかし、イケメン男性が現れて、
サヤに『話を聞きますよ』と別部屋へと
案内されるのでした。

 

明日香が復活出来た本当の真相は?

「感謝でいっぱいでございます」

 

 

明日香はヒーラーとしてサロンに集まった
人たちを癒します。

 

 

それは、まるで宗教のようで、
怪しすぎる光景…。

 

 

しかし、誰も疑うことなく、
明日香の声に耳を傾ける…。

 

 

すると、
皆涙をポロポロ流して
悲みを共感するのでした。

 

 

「力を身に付けたい」

 

 

明日香が死んだはずのペットと
会話している。

 

 

その様子を見て、
家族同然のペットに会いたい。

 

 

とサロンに来た人たちは明日香のような
力を付けたい。とサロンの指導者、
純深叶先生にお願いするのでした。

 

 

「高ッ!!」

 

 

ヒーラーの力を入れるためにと、
講座の案内が配られます。

 

 

その内容と金額を見て驚いてしまう。

 

 

その講座の値段は…。

 

 

そして、今は清楚な明日香。

 

 

しかし、彼女にはやはり「裏」と「表」があったのです。

 

 

彼女が本当に復活したのには、
別の意味があることをのちに知ることになるのでした。

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #ラブと癒しとホントの私の感想

どん底に落ちたサヤは、
明日香に会いに行きます。

 

 

それは、自分よりもどん底にいる人を
見に行く意味でいったのですが…。

 

 

明日香は前の派手さはないものの、
清楚な感じでキレイな女性に戻っていました。

 

 

そして、明日香の話を聞いていると、
「ヒーリングサロンに出会ってから、
変わった」とサヤに教えます。

 

 

悩み苦しむサヤをサロンの男性が
話を聞く。別部屋に案内するのでした。

 

 

明日香はそこのサロンでヒーラーとして
集まった人たちに語りかける。

 

 

明日香の話を聞いて、
涙する人もいたのです。

 

 

しかし、明日香が復活できたのは、
実は他の事情もあるのでした。

 

 

流石明日香!と期待を裏切らない、
彼女と「裏」と「表」を見ることになります。

 

 

「ゴミ屋敷とトイプードルと私 #ラブと癒しとホントの私」
はBookLive!のワケあり女子白書17で読むことが出来ます。
新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。
BookLive!はコチラです。
『ワケあり女子白書』と検索してください。