SNSに囚われた女たちのネタバレと感想【SNS自慢?さりげなく見せるブランドもの】

SNSに囚われた女たち
作者名 :青咲るそう・縛 ・ほの香

 
こんにちは!
「SNSに囚われた女たち」を読みました。

 

 

この話は全部で3部作となっています。

 

 

SNSに囚われた女たち
・あなたは間違っている
・地雷女にご用心
・チラ見せ女の復讐

 

 

そのうちの「チラ見せ女の復讐」です。

 

 

SNSで自分の私生活を投稿。

 

 

私生活を投稿するのはいいけど、
それが自慢ぽかったら…。

 

 

この『SNSに囚われた女たち』は
玉の輿にのった会社の女の子の話です。

 

 

その子の生活はガラリと変わり、
SNSで私生活を公開。

 

 

なにげなく、
彼女は私生活をSNSに投稿
しているのですが、自慢ぽい。

 

 

『#パーティーコーデ』

 

 

『#タワーマンション』

 

 

セレブだからこそできるキラキラした生活。

 

 

そんな彼女の投稿を、
友達や同僚はどう思っているのか…。

 

 

SNSの投稿を見る人がみれば、
嫉妬や妬み、人間の複雑な感情が入り混じります。

 

 

SNSで『投稿している側も』、『投稿を見ている側も』、
転落していく女性を描いています。

 

『SNSに囚われた女たち』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『SNSに囚われた女たち』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

SNSに囚われた女たちのネタバレ

「おめでとう」

 

 

会社の後輩春菜の結婚式にでている結月。

 

 

春菜はハイスペック婚をしたのでした。

 

 

その結婚式は結月が出席したなかでも
ダントツ1番と言えるほど豪華だったのです。

 

 

その後、春菜は寿退社をしました。

 

 

「チラみせサチコ」

 

 

会社の同僚たちが春奈のことをこういいます。

 

 

それは、春菜がSNSを使って私生活を
投稿していたからのでした。

 

「#タワーマンション」

 

 

「#パーティ」

 

 

「#パーティーコーデ」

 

 

春菜のSNSは、会社の同僚からは自慢博覧会のようにも
感じていたのです。

 

 

「何の話をしていたの?」

 

 

会社の同僚とランチをしている時に
結月がそうききます。

 

 

「コレですコレ!」

 

 

同僚が見せたのは、
春菜のSNS。

 

 

そこには、タワマンの夜景と一緒に
読書をしている写真が投稿されていました。

 

 

その写真をよく見てみると…。

 

 

夜景には東京タワー。

 

 

テーブルには英字新聞が映っています。

 

 

更に、その英字新聞には春菜の旦那さんの
会社が特集されたものが目に入る。

 

同僚たちはその写真だけで、
こう思う。

 

 

「私は東京タワーが見える場所にすんでます」

 

 

「勝ち組なんです~」

 

 

「ハイスペックな旦那と結婚できました」

 

 

更に、春菜の投稿をみていくと…。

 

 

「#ランチプレートカフェ巡り」

 

 

ランチと一緒に春菜が映っている写真が
投稿されていました。

 

ランチと一緒にテーブルに置いてあったのは、
ブランドの財布や高級車のキー。

 

 

ネイルを見せる写真には、
ブランドのアクセサリー。

 

 

とにかく、自慢っぽい写真ばかりなのでした。

 

 

「えっひど~いっ」

 

 

春菜の自宅へ同僚が遊びに行ったときのこと。

 

 

あまりにもSNSが自慢っぽいからそのことを
話すと、そんなことはない。

 

と話します。

 

 

しかし、春菜は更に嫌味っぽく話す…。

 

 

「皆みたいにあくせす働いてないから…」

 

 

そんな風に言われてしまうのでした。

 

SNS自慢?さりげなく見せるブランドもの!?

「フォロー一斉に外さない」

 

 

春菜のSNSの投稿にストレスを感じた
同僚たちがそんなことを言う。

 

 

「投稿を非通知にしたら」

 

 

結月はフォローを外さないで、
投稿の非通知にすればいいよ。

 

 

と話すのでした。

 

 

「私は自分の稼いだお金で物を買いたいから」

 

 

結月は独身だけど、春菜の生活をうらやましいとは
思いませんでした。

 

 

それは、誰かの稼いだお金で物を買うのではなく、
自分が稼いだお金で買いたかったから…。

 

 

「ランチにいくんですけど」

 

 

別の日、
結月は会社の同僚からランチに誘われます。

 

 

遅れてランチの場所に向かうと…。

 

 

「先輩!」

 

 

偶然春菜と再会します。

 

 

その後、
SNSのフォローを外さないからと、
春菜から結月にプレゼントと袋を渡される。

 

 

それは、結月が欲しかったチークだったのです。

 

 

しかし、結月は自分で買いたいからと、

 

 

「いらない」

 

 

と断ると、春菜からあり得ないことを言われるのでした。

 

SNSに囚われた女たちの感想

会社の後輩春菜がハイスペック婚をして
寿退社します。

 

 

その後、春菜はSNSで私生活を公開。

 

 

しかし、それが自慢ぽく会社の同僚は
イライラしていたのでした。

 

 

そんな中でも結月は、
自分のものは自分の稼いだお金で買いたい。
と春菜の私生活はそこまで羨ましいとは
思いませんでした。

 

 

ある日、偶然春菜に出会った結月は
春菜の言葉にブチギレてしまいます。

 

 

こんな嫌味っぽい後輩はいるものなのか…。

 

 

そして、春菜に復讐をする結月も怖かったです。

 

 

SNSに囚われた女たちはBookLive!で
読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。
BookLive!はコチラです。
『SNSに囚われた女たち』と検索してください。