溺れる美魔女のネタバレと感想【38歳はまだまだ若い?人の肌を見て見下だす女!】

溺れる美魔女
作者名 :立木美和
1巻完結

 
こんにちは!
「溺れる美魔女」を読みました。

この全部で4部作となっています。

 

溺れる美魔女
・溺れる美魔女
・地獄の依頼人
・0<ゼロ>の戦い
・妹想い

 

 

そのうちの「溺れる美魔女」です。

 

 

ある程度歳をとれば、どんなに綺麗な女性だって、
シミやシワがでてきます。

 

 

これは歳を重ねれば自然な話。

 

むしろ、シミやしわが無い方が怖いですよね…。

 

 

 

この『溺れる美魔女』に出てくる女性は、
同世代の女性よりもキレイで若くみえます。

 

 

それは、彼女が努力をしていたから…。

 

 

普通なら育児や仕事で、
自分のことは後回し。

 

 

しかし、
彼女は自分のケアを
怠らなかったからです。

 

 

ケアを怠らない彼女はスゴイとは思います。

 

 

しかし、同世代の女性を見て、

 

 

「頬がたるんでいる…」

 

 

「シミがスゴイ…」

 

 

「毛穴は何年分?」

 

 

など女性の肌を見て、
心の中ではそんな風に見下していたのです。

 

 

そんな彼女の末路は…。

 

 

「溺れる美魔女」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
「溺れる美魔女」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

溺れる美魔女のネタバレ

「40歳…美魔女ったってたいしたこないじゃん」

 

 

ネットのカリスマ美魔女 葛西美奈子の
ブログをみながらそんな風に思う麗子(38)。

 

40歳も38歳も大して変わらないだろう…。

 

キレイさは自分とも差はない。

 

 

そんな風に思っていました。

 

「時には28~29に見られるしね」

 

 

手鏡で自分の顔を眺めながら、
そういう麗子なのでした。

 

 

そんな、麗子の夫は大手化粧品メーカーに
勤める。

 

 

麗子は夫が持ってくる高級化粧品の
サンプルを使ってその恩恵をうけていたのです。

 

 

「会社を辞めるって」

 

 

そんな夫がいきなり会社を辞めて、
海外化粧品の輸入販売を始めようと思っている。

 

 

と相談してきます。

 

 

夫は大手化粧品会社に20年も勤め、
ツテもあることから独立を考えたのでした。

 

 

38歳はまだまだ若い?人の肌を見て見下だす女!

「近所の主婦を集めて美容講座でも開こうかしら」

 

 

ネットで美のカリスマと呼ばれている
女性と大差ないだろう…。

 

 

と夫の手助けのつもりで、
近所で美容講座を開こうと決意した麗子。

 

 

早速講座を開くと…。

 

 

「アソコの奥さん確かに若々しくて綺麗だもんねー」

 

 

麗子の講座はご近所で噂になり、
ご近所の主婦は麗子の講座に参加することにしたのです。

 

 

ワイワイ参加者で賑わう会場。

 

「なんなの、そのシミそばかす…」

 

 

「頬がたるみきっちゃって…」

 

 

「その毛穴の汚れ何年分!」

 

 

集まった主婦たちを見て、
そんな風に心の中で見下す麗子。

 

 

そして、やっぱり自分は綺麗だったんだ。
と優越感に浸るのでした。

 

 

化粧品を売るわけではなく、
美の知識を提供する麗子の講座は1回目、2回目と
大盛況に終わります。

 

 

初めはよかったのですが、
麗子ネタはだんだんつきてくる…。

 

 

ある日麗子の講座にめずらしく、
キレイな肌の人が参加します。

 

 

その人は…。

 

溺れる美魔女の感想

夫が大手化粧品メーカーに勤めていることから、
高級化粧品のサンプルを使っていた麗子。

 

 

そのおかげで麗子は若さを美を維持していたのです。

 

 

ある日夫が会社を辞めて海外の化粧品を
輸入販売しようと思っている。

 

 

と独立したいと話しはじめます。

 

 

そんな夫の手助けにと、
麗子自身も美容講座を開くことを決意。

 

 

最初の講座は大盛況に終わります。

 

 

しかし、ずっと上手くいくはずもありませんでした。

 

 

その原因は麗子自身にあったのです。

 

 

「溺れる美魔女」はBookLive!
で読むことが出来ます。

 

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでくださいね。

 

 

BookLive!はコチラです。
「溺れる美魔女」と検索してください。