おばさん色ボケ地獄のネタバレと感想【還暦後に若返る?その理由はアレだった…】

おばさん色ボケ地獄
作者:なかのゆみ
1巻完結

 

こんにちは!
『おばさん色ボケ地獄』を読みました。

 

 

この話は全部で5部作になっています。

 

 

そのうちの最初に話『初撮り還暦妻』を読みました。

 

 

ストーリーな女たちって…タブーな話が多いですよね…。

 

 

この『おばさん色ボケ地獄』は還暦を越えた後、
若返ったように綺麗になった女性の話です。

 

 

なぜ?彼女は還暦になってから
綺麗になったのか?

 

 

それは、男性と身体を重ねたことによります。

 

 

結局、女性が綺麗になるにはそれしかないのだろうか?

 

 

と感じる位、内面からでるホルモンが外見に
影響し彼女は見る見る若返っていくのでした。

 

 

そんな彼女も、もともとは、
定年した夫と一緒に暮らしていました。

 

 

ぶよぶよした締まりなのない夫の体に幻滅。

 

 

更に、
夫からも求愛されることはなかったのです。

 

 

キレイになっていく妻を見た夫は、
最後は妻を求愛するようになります。

 

 

そして、気になるのが、妻がキレイになる
キッカケはなんだったのだろう…ということ。

 

 

不倫でもなく、妻が綺麗になるやり方があったのです。

 

 

それは…。

 

 

『おばさん色ボケ地獄』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
『おばさん色ボケ』と検索してください。
※登録無料

 

おばさん色ボケ地獄のネタバレ

「湿布薬忘れるなよ」

 

 

定年退職した夫から、
シップを買ってきてくれ。

 

 

と頼まれる妻の夏子。

 

 

夫は67歳、夏子は今年で60歳と還暦を
迎えていました。

 

 

夏子夫婦には息子もいるけど、
息子は大阪へ転勤になり、
今は夫と2人暮らし。

 

 

何事もない平凡な暮らし。

 

 

夏子はそんな夫との暮らしが、
退屈でなりませんでした。

 

 

「隣に引っ越してきたご夫婦が
ステキなのよ」

 

 

ご近所から、
最近引っ越してきた浅野夫婦
のことが話題に…。

 

 

「浅野真理です。宜しくお願い致します」

 

 

噂をすれば、浅野夫婦とすれ違います。

 

 

浅野さんの奥さんは、
60歳なのに、胸元の開いた服を着て
とても若そうでした。

 

 

『胸なんかだして派手な女』

 

 

夏子は浅野ご夫婦とあいさつをしながら、
心の中ではそう思っていました。

 

 

「同い年なのに、
どうしてそんなに若くいれるの?」

 

 

そんな夏子の質問に、
週に1回エステに通っているの。

 

 

と浅野の奥さんは言うのでした。

 

 

しかし、
浅野の奥さんが綺麗なのには、
それだけではなかったのです。

 

還暦後に若返る?その理由はアレだった…

『あーやだやだ!このたるんだだらしないお腹』

 

 

夫の背中にシップを貼りながら
そう思う夏子。

 

 

『浅野さんの旦那さんとは大違い』

 

 

自分の夫と浅野さんの旦那さんと比較する。

 

 

「あらこの人…」

 

 

ある日、
夫が持っているDVDの表紙に
浅野さんの奥さんに似ている女性が
写ってました。

 

 

まさか…と思いながら、
そのDVDを見てみると…。

 

 

それは、大人のDVDだったのです。

 

 

畑で野菜を育てているおばちゃんからスタートし、
だんだん話が進んでいきます。

 

 

浅野さんに似ているだけ…。

 

 

そう思っていた夏子ですが、
そのDVDを見ているうちに、
浅野さんの奥さん本人!?

 

 

と気が付きます。

 

 

同じ60代なのに、
DVDに写っている浅野さんはとても綺麗で色っぽい…。

 

ドキドキが止まらない夏子なのでした。

 

 

それを見てしまった夏子は、
浅野さんの奥さんに会いに行きます。

 

 

その後、
浅野夫婦と知り合ったキッカケで、
夏子は見る見る若返り、綺麗になっていくのでした。

 

 

それは、夏子の自欲を埋めるかのようにハマっていきます。

 

おばさん色ボケ地獄の感想

還暦になり、定年退職した夫と
二人暮らしの夏子。

 

 

そんな夫との平凡な毎日が、
退屈で仕方ありませんでした。

 

 

「ステキなご夫婦が引っ越してきたのよ」

 

 

ご近所の人から、最近引っ越してきた浅野夫婦の
話になります。

 

 

実際、夏子も浅野夫婦を見て、
若くて綺麗なご夫婦に同じ60代とは
思えないのでした。

 

 

ある日、旦那が持っている大人のDVDを見ていると、
そこに出ていたのが浅野さんだったのです。

 

 

驚いたのもあるけど、
夏子はドキドキしてしまいます。

 

 

そのことで、浅野さんに会いにいきます。

 

 

夏子が綺麗になるキッカケでもあったけど、
自欲に溺れていくおばさんが描かれています。

 

 

「平凡な日常」と「刺激的な日常」

 

 

女にとってどっちが幸せなのでしょうか…。

 

 

「おばさん色ボケ地獄」は
まんが王国で読むことができます。

 

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでくださいね。

 

 

まんが王国はコチラです。
「おばさん色ボケ」と検索してください。